オリンピック見ちゃうと模型が・・・

インフルエンザが大流行しているようで皆様いかがお過ごしでしょうか?
自分は幸いにもインフルは20年以上かかっておらず、引き続き気を抜かずにシーズンをのり切りたいと思っています(^o^)

で、タイトルにもあるように平昌冬季オリンピックが始まりましたね。
昔はスキーにハマっていた事も有りますが、冬のスポーツはあまり馴染みが無いのでなかなか楽しんで見ていますが、
まぁ~見ちゃうとプラモの時間が無くなり、結局あまり弄れていない感じ(^_^;)

そんな中ですが以前に少し予告していたMGパワードジムの方が工作をほぼ終えたので、そちらから~
MGパワードジム7
全体画像はあまり変わらずです。
それもそのはず。
だってほぼ見えない部分を作っていたからwww
まず画像に無いシールドから行きましょうか!
MGパワードジム8
本体は大きい変更はせずに整面。
覗き窓のシャッターをプラ板から製作。(白飛びしててモールド見えず)
覗き窓下の凹モールドをピンバイスで開口後、市販ディテールアップパーツをセット。

MGパワードジム9
覗き窓シャッター部にセットしたアップ。

MGパワードジム10
内側はこんな感じ。
今回の覗き窓シャッターは以前製作したジムⅢの物と揃える為の工作。

そして肩。
MGパワードジム11
こちらも基本的にはキットの物を整面・エッジ出し。
内側のフレームパーツは0.5mmのプラ板にスジ彫りした物に、開口した0.3mmのプラ板を貼ってそれらしく。
肩外側に付くスラスター部も今回は開閉ベーン風に仕上げみます。
以前製作した(10年以上前)MGジムカスタム「GFF版」ではしなかった工作ですが、バージョンアップ的な追加パーツになってます。

腰アーマー
MGパワードジム12
フロント&リアアーマー裏は肩部と同じ作り方でフレームパーツをプラ板より製作。
その他のパーツは以前製作したMGジムカスタムと同じ工作です。

MGパワードジム13
足のつま先はMGジム改(MGパワードジムと同じ)から小加工してRX78-2.Ver.kaキットと同じ角度に。
スラスター部は切り離して塗装を楽に。
更に足首後ろの外装フレームは切り離して塗装時のマスキングの手間を解消。

首部
MGパワードジム15
キットは襟~ヨダレ掛けにかけて全て一体化なので、首元をいったんくり抜きプラ板でフレームパーツを再製作。
こちらもマスキングでの塗り分けを解消しています。

ヨダレ掛け部の前面両サイドの縦の3本のスジ彫り追加。
こちらはMG RX78-2.vre.kaはあってMGジム改・MGパワードジムには無いラインなので、
今まで製作したkaベースのジムと合わせる為の加工です。

そして首右横上面に最近ではキットでも良く見るアンテナをプラ板にて追加。

MGパワードジム14
大体こんな感じですかね。
画像には有りませんが、ランドセルの合わせ目がイマイチだったので、切った貼ったしてパネルラインを変更しています。
こちらは完成時に。。。

って訳でMGパワードジムも塗装に入りたいのですが、まぁ~毎日が寒くて全然塗装する気になりません(^_^;)
まずサフェ吹いて、慌てず完成に持って行きたいと思っています。


で、話は変わりGHL誌で「ガンプラフォトコンテスト開催」って事で可変機×屋外撮影の画像を募集していますね。
確か締切りが2月18日(日)24時までなので、気になる方は是非チャレンジしてみてください。

ちなみに自分は可変機って言うとMG ZZ ・ MGゼータプラス ・ MGリゼルが有ります。
MGリゼルは今はポストホビー厚木店さんで展示して頂いているので・・・、
応援を兼ねて屋外ではありませんが、太陽光撮影をしてみました。
MG ZZ太陽光1
ハッキリ言って家の中から外にカメラを向けてしまうと、白飛びしてこんな事になります(^_^;)
やっぱりちゃんと屋外に持って出ないと上手に撮影出来ません。

MG ZZ太陽光2
それと、ドピーカンな太陽光だと本体が白飛びしてしまうので、これまた難しいですね(^_^;)
それはそうと、このZZは誰がどう見ても旧MG ZZなんですが、これはこれでカッコイイな~って改めて確認した感じ(^o^)

MGゼータプラス太陽光
自分的には早朝や夕暮れ辺りの明るさが好みかも(^_^;)
何だか悔しくなってきたから本格的に外にカンプラ持ち出して撮影して来ようかな~~~


スポンサーサイト
[ 2018/02/11 15:29 ] MGパワードジム | TB(0) | CM(2)

仕事が忙し過ぎて・・・

ども、ご無沙汰してました。
いや~前記事のガンキャノンディテクターをアップ後から仕事始めだったのですが、
正月休みって事も有り?その分「納期が無くなる」 = 「忙しくなる」っと誰もが普通に考えればわかる公式。
ですが、ウチの会社は違います。。。

って訳で、残業残業の嵐。
しまいには土曜、日曜と休日出勤となり、2週間以上休み無しな1月を過ごしていました(>_<)
その甲斐あってか?納期も間に合い久々の2連休です。

当然プラモも触れるはずもなく、疲れと共にストレスも溜まりに溜まり本日は久々の模型店へ。
一番の目的はガンキャノンディテクターを展示させて頂く事ですが、
まぁ~こんな大変な時期を乗り越えた自分へのご褒美としてMGキットを購入。
沢山積んでいるのですが、年内には作り始めようかと考え中。
あえて何を買ったかは今のところ内緒で(^o^)

そうそう、ちなみにガンキャノンディテクターですが、いつもお世話になっているポストホビー厚木店さんです。
期間は2ヶ月ですので行かれた方は是非見てやってくださいませm(__)m

前置きが少し長くなってしまいましたが、次回作品のMGパワードジムですが、
細かい部分の作り込みが少し残っているものの、ほぼほぼ工作終了。
次回辺りに改修内容をまとめようと考えていますので、しばしお待ちを!

で、今年は少し1/144も楽しみたいと思いこんな物をパチ組してみました。
HGUC ZⅡ1
HGUC ZⅡです。
MSVの中でもかなり好きな機体ではあるものの「えぇ~~~~~~(T_T)」な感じ。
イイ意味で設定画通りで期待を裏切られたwww

今ではGFFやスタジオレックレス等でカッコイイZⅡが見れるから余計に残念な感じがしますが、
そんなカッコイイZⅡを目標に弄り倒してみようと思っています。
ちなみに悔しくて、後にこちらも購入。
HGUC ZⅡ2
HGBF ZZⅡ
何じゃこりゃ!なカッコ良さ!!

これ見たら俄然カッコイイZⅡが作りたくなってきた!!って事で今晩弄り始めたいと思います(^o^)



[ 2018/01/27 19:14 ] HGUC ZⅡ | TB(0) | CM(6)

MGガンキャノンディテクター完成しました。

2018年明けましておめでとうございます。
今年も 「たけぞうモデリング」 宜しくお願いいたしますm(__)m

大変長らくお待たせいたしました。もっと早くアップしたかったのですが、大晦日~1日.2日と熱出しちゃいまして・・・(^_^;)
皆様も風邪にはお気を付けて下さいませ。

って事でMGガンキャノンディテクター公開でございます。
(ちなみに40枚程画像があるので、見飽きない程度に「サラ~~」っといて頂けると幸いです)
MGガンキャノンディテクター完成2
大体の方は予想してたと思いますが、今回は赤を選択しました。
今回、自分の目指す方向性としては、Z-MSVの設定画とガンダムUC版の設定画を参考に、イイとこ取りな感じで製作しました。
カラーリングは発色の良い「赤」よりも、ガンキャノンらしい?「赤」に。
MGガンキャノンディテクター完成3
バランスはガンダムUCから、頭部等のポイント・ポイントでZ-MSVの設定画を参考にしています。

デカールの配置はGFFの設定画を参考に、プラス自分の好みの場所へ。
ちなみにデカールは1/144・1/100シナンジュ用ガンダムデカール & Hi-Qパーツさんデカールです。
更に「EFF」マークは、GHL(ガンダムホビーライフ)誌の付属だった物からカットして使用しています。

各部位ごとに説明です。
MGガンキャノンディテクター完成4
頭部は上半分のヘルメット部をMGガンダムMk-2の頭頂部を芯に形状出し。
ゴーグルアイはMGジムカスタムを使用。
その他はプラ板からの製作です。
バルカンは、たけぞうモデリング御用達の100円ライターの1パーツを仕様。

MGガンキャノンディテクター完成5
耳あて~後頭部にかけてのグレーパーツもプラ板より、アンテナは1mmの真鍮線から製作しています。
ちなみにGFFでは再現されていないようですが、後頭部上のセンサーが設定画よりうっすら見えたので、想像で付けてみました。
サイズ的にMGガンダムMk-2の胸部上面センサーパーツがドンピシャだったので拝借。
中には携帯用の覗き防止シールをカットして使用。

そうそう、2月に出るRE1/100ガンキャノンディテクターにはこのレンズモニターは再現されているようですよ!

続いて腰上
MGガンキャノンディテクター完成6
基本はMGガンキャノンからの形状変更になります。
塗装中にパーツの追加製作したのが胸部ダクト横にあるグレーのパーツ。たぶん冷却時の排出口だと思うのですが、
設定ではただの穴のみでしたので、もう少し意味を持たせたくてこんなフィン的なパーツを入れてみました。

一応比較画像です
MGガンキャノンディテクター完成7
たぶんMGガンキャノンを芯にする必要が無かったくらい別物になっているのがお分かり頂けると思います(^_^;)
MGガンキャノンディテクター完成8
唯一基キットが見える部分。(マスキングが雑なのは見なかった事に・・・)
胸部は左右に各2mmづつ幅増しし、ウエスト部は逆に2mm程幅詰めし、コアファイターが隠れるまで外装を下に延長てます。

MGガンキャノンディテクター完成9
襟パーツ・首横フレーム・胸ダクトの開閉ベーン等、基本的にはプラ板の積層で製作。

腰部
MGガンキャノンディテクター完成10
腰フレームはMGガンダムver.ka(RX78-2)を芯に形状変更。
MGガンキャノンの胸パーツとの接続は無加工で行けます。
比較画像
MGガンキャノンディテクター完成11
同じ物が無かったので、ほぼ同じのMGパワードジムの腰フレームとの比較です。
かなり大きくなっている事がわかると思います。
ちなみに大きくなると、自動的に見える部分が多くなるのでプラ板やジャンクパーツ等でディテールアップ。
フロントアーマーはプラ板より製作。
MGガンキャノンディテクター完成12
リヤアーマーはMGリゼル用を芯に切った貼ったして形状出ししています。

MGガンキャノンディテクター完成13
フロントアーマ裏は展開しなくても見えるので内側にそれらしくプラ板でデコレート。
マスキングにて塗り分けています。

MGガンキャノンディテクター完成14
一応設定通り展開可能にしたのですが、ここで皆様にお詫び・・・
製作初期段階ではしっかり射撃ポーズが取れたのですが、いろいろ弄っている内に長さが足りなくなり~、
腰フレームとモモ外装とかなりタイトになってしまい、
ガンキャノンディテクターで言う有名なキャノン射撃ポーズが取れなくなってしまいました(T_T)
まぁ~こちらは2月に発売されるRE1/100で沢山見れると思うので・・・大変申し訳ありませんm(__)m

そして腰部サイドアーマー
MGガンキャノンディテクター完成15
こちらはプラ板より形状出し。
接続基部はMGザクver2.0の腰フレームより拝借。
プラ板でフレーム風に。マスキングで塗り分けています。
MGガンキャノンディテクター完成16
腰アーマー上には設定通りのグレネード弾?をプラパイプと市販パーツより製作。

腕部
MGガンキャノンディテクター完成17
肩部は球体パーツはMGガンキャノンを使用。
二の腕から下はMGリゼルのフレームを芯に前腕を切り詰めて長さを調整。外装をMGガンキャノンの物より形状変更しています。
マニピュレーターもMGリゼルの物を使っています。
MGガンキャノンディテクター完成18
ヒジフレームはMGリゼルの股間パーツより半分に切断し左右を揃える形で。
その下の小さいフレームパーツはプラ板より製作。

MGガンキャノンディテクター完成19
肩前面のシールドはプラ板積層と市販パーツで形状出し。
MGガンキャノンディテクター完成20
裏側はなんちゃってフレームでデコレート。
マスキングにて塗り分けています。

接続フレームはプラ板の積層で製作。
MGガンキャノンディテクター完成21
右肩のビーム砲はプラ板・プラパイプで形状出し。
ビーム砲上のセンサーは設定には無いのですが、アクセントとして後頭部と同じようにオーロラプラ板をセット。
MGガンキャノンディテクター完成22
表情が付けれるように左右上下に稼働します。

そして脚
MGガンキャノンディテクター完成23
脚は設定画に近付ける方向で製作しましたが、フレームのフルスクラッチは避けたかったので、
極力雰囲気を似せる形になりました。
MGガンキャノンディテクター完成24
その中でも足首から下は、つま先側はMGリゼルの物を形状変更して使用した以外は、プラ板の箱組みで製作。
モモ部突起カバーはMGガンダムMk-2のどこかのパーツを使ってそれらしく。
MGガンキャノンディテクター完成44
足裏は設定だとかなりプレーンな感じでしたので、プラ板で多少ディテールを追加する形で。
センターのスラスターは市販パーツで2重化。
設定では全身見てもここしかスラスターが付いていません。
この辺の説明は最後の方に書きますので。。。
MGガンキャノンディテクター完成25
内部フレームはMGガンダムver.ka(RX78-2)の物を芯にしています。
ヒザ横の丸イチパーツは、設定だと丸のみになっていますので、一度スライスして丸イチの「イチ」のみ切除して再接着。
つなぎ目はわざと残しスジ彫りしたように見せています。
MGガンキャノンディテクター完成26
それにMGガンキャノンの外装を被せる形で。
当然ながら似ているようで似ていないので、プラ板・瞬着パテで形状変更。
モモ正面上部のカバー上の凸はプラ板にて延長。←(この加工をして射撃ポーズが取れなくなりました)

MGガンキャノンディテクター完成27
一応ガンダムver.kaを使ってはいるもののギミックを再現する為に、フレームパーツをプラ板にて追加。
ヒザパーツは手動ですが、その他はシリンダーギミックの長穴を活かしたのでスライド式です。

MGガンキャノンディテクター完成28
腰フレームとの接続はMGガンダムMk-2.ver2.0の球体フレームを使用。
外側のボールジョイントは腰フレームの接続軸です。

ランドセル&キャノン
MGガンキャノンディテクター完成30
ガンキャノンディテクターのランドセルの芯は似た形状の物が無いのでプラ板箱組みで製作。
真ん中のセンサーとサイドの円錐パーツは市販のディテールアップパーツより。
下側のシイタケディテは設定には無いのですが、ヒートシンク的な感じで付けてみました。
MGガンキャノンディテクター完成31
キャノン部は後部上面のカバーと、サイドの丸いダクト以外はプラ板・プラパイプで製作。
接続部の丸い5角のパーツはビルダーズパーツのバーニアセットの中から切り出してギアのようなイメージで。
MGガンキャノンディテクター完成32
後ろのダクト部は覗き込むとタービンのような市販パーツが見えるのですが、何度撮影してもイマイチ見えないの(>_<)
もちろんキャノンは稼働します。
MGガンキャノンディテクター完成33
この辺りは製作記でも書きましたが、稼働で切るようにキャノンのパイプ径等ギリギリの所をしっかり狙っています。
MGガンキャノンディテクター完成34
集合合体するとこんな感じ。
そうそう脚部詳細の時に写っていなかった外側の2連凸の後ろは、機能が不明なのですが~
金属風ビーズを入れて何かの噴出口的なイメージにしています。

MGガンキャノンディテクター完成35
グリップ部はMG百式のライフルから拝借していますが、基本はプラ板・プラパイプの集合体で出来ています。
レンズ部はHアイズのグリーンを使用。
グリップ部に見える◎はネオジウム磁石で、マニピュレーター側に鉄の棒が埋まっていて取り付けが楽々です。
MGガンキャノンディテクター完成36
グレネード部は白く塗って少し遊んでみました。

MGガンキャノンディテクター完成37
全体的には自分の狙ったラインが出せたと思っています。
かなりデカールを多めに入れたつもりでしたが、極端に言うと赤とグレーの2色なイメージが強い機体なので、
他のMSと並ぶとかなり地味に見えます。
逆に言うと、そこがガンダム等とは違う。いわゆる量産型っぽいイメージを植え付けられるのだと改めて確認しました。

MGガンキャノンディテクター完成38
今回なぜ機体番号を「02」にしたかと言いますと・・・
一応設定では、
「2機が完成し、シャトルに搭載されて北米地区に贈られたが、投下失敗により1機は全壊。
もう1機は比較的損傷が少なく、そのまま補修を施して戦線に投入された。」
って事なんです。

それにより、「01機体」「02機体」は同時に投下されたのではなく、時間差で投下。
「01機体」が上手く着地出来ない所を見て「02機体」がどうにか機体を制御したと考えられるので、自分の中では「02」なんです。
こうやって設定画を見て製作してみると、重量が有るMSなのに、バーニアやスラスターはほとんど搭載されておらず、
そもそも空から投下される事なんて考えていない機体だった事が良くわかりますね(^_^;)

MGガンキャノンディテクター完成39
どちらかと言うとSEED系の羽があるMSよりもこういったシンプルなMSが好きな自分ですが、
なかなかのボリュームで更に好きになりました。

MGガンキャノンディテクター完成43
一応メタスが同系列って事で以前製作したMGリゼルとパシャリ!
当然ですが、足先以外は全く似てない。。。。

MGガンキャノンディテクター完成40
最後までご覧頂きありがとうございました。
今まで製作してきた中でも1番の工作量って事も有り、各部細かく見て頂きたい思いでこんな量の画像になってしまいました。
凄い方は画像を加工処理してページ数を減らし見やすいようにされていますが、
自分にはそんなソフトも技術も無いので、ペタペタ並べるスタイルになってます(^_^;)

そんな中でも「大きい画像なので見易い」なんて言って頂ける事も有りますので、
これからもこんなスタイルでお付き合いくださいませ。

でも良いな~!皆様はRE1/100で、しかも2か月後にサクッとガンキャノンディテクターが作れるのだから!!
自分のが1番格の好良さだと信じたいと思い発売を待ちたいとます(^o^)


次回はMGパワードジム!って言いたい所ですが、流石にゴーグルアイMSが続いているのでね~(遠い目)





次回公開。

Coming soon!!
MGガンキャノンディテクター完成1

メリークリスマス!そして総括!!

メリークリスマス!!
いや~今年も残すところ1週間となりましたね。
毎年この時期になると思いますが、12月はホント毎日に追われて1ヶ月が早いです。

そして、ガンキャノンディテクターですが・・・
すいませ~んm(__)m
間に合いませんでした~~~(>_<)
一応現状はここ。
MGガンキャノンディテクター53
各部位の組み立は終了したところまで来て、残すは撮影のみとなります。
少々使用キット等との比較も撮影しようと思っているので、もうしばらくお待ちください。
正式に言うと来年1発目に出せると思います。


って事で2017年総括と行きましょうか!
今年はMG2体とタカラデュアルモデルのオプティマスプライム。
そして1/35ミリタリーフィギュアとで、計4体・・・ イヤ、3.5体ってところですかね。
MGゼータプラス完成18

MGジムカスタム完成26

オプティマスプライム完成12

オプティマス ジオラマ完成2
時には年に1個しか完成させられない事も有るので、それを考えても今年はまあまあ頑張ったのではないでしょうか(自画自賛)
まぁ~ガンキャノンディテクターは完成させられず少々悔しさも「無い」と言ったら嘘になりますがね。。。

って事で、今年も1年間ありがとうございました。
まだまだ未熟な自分ですが、何度も見に来て頂けるように来年も頑張りますので宜しくお願いいたしますm(__)m