fc2ブログ

タミヤ 1/35ドイツ軍 ブルムベア公開です。

前回「模型を長く続けていく為にスポーツクラブに入会した!」って書きましたが、
ホント20年以上ぶりに本格的に体を動かすから楽しくてしょうがない。
だから模型をほとんどしていない(^_^;)

会社仲間にも言われましたが「趣味で模型しているんだし、模型やらなきゃ!とか、やってない!!なんて思うことが間違えてる」って言われた。
確かに仕事じゃないしね。
でも、ブログやtwitterを見てくれている方がいると思うとちょっと心が痛いのも事実なんですよね(-_-;)

じゃ~全くやっていないか!?っと聞かれれば、答えはNOなんです。
実は気分転換にハセガワのアーマードバルキリーを組んでるのですが、バンダイ製に慣れてしまって「まぁ~組みにくい!!」
脚なんかも立たせると関節が緩くてカチッと立たせる事が出来ない(T_T)
こんなだと模型熱も上がりません(^_^;)
ぶっちゃけ綺麗に製作されている方を見るとホントに尊敬します。m(__)m

でね、先週いろいろある中で模型部屋の移動をする事になりまして、せっせと半日かけて移動させました。
これが今までの配置。
模型部屋1
模型部屋を製作している時の記事の画像で、丁度4年前でした。

そして今回移動したのがこちら
模型部屋移動
向かい合っている部屋への移動だったので、鏡のように真逆になった慰安時です。
サイズも変わらず6畳部屋。
基本リビングモデラーなので、模型部屋と言っても塗装メインで使う部屋だから特に問題なく良かった(^O^)

前置きが長くなりましたが、タミヤ1/35 ドイツ軍 ブルムベア公開です。
ブルムベア完成1
今回ポストホビー厚木店さんコンテストにてミリタリー部門「金賞」頂きました!!

製作記事から。
ブルムベア製作1
車体本体はタミヤキットのままですが、車体正面左上と側面に履帯を付けるためのステーをプラ板で追加しています。
それとツェメリットコーティングをやってみたかったので、タミヤから出ているブルムベア用のデカールを貼りました。
もちろんそのまま貼ると面白くないので、所々デザインナイフで切り欠いて剥がれているようにしました。

ブルムベア製作2
右側には牽引ワイヤーが付いているのですが、市販のステンレスワイヤーに交換、癖をつけてセットしました。

ブルムベア製作3
車体左右のシュルツン(盾)は金属に交換しようかと思ったのですが、面倒だったので縁を薄々に削ってから、
場所場所をペンチで曲げたり、穴をあけたり、傷入れたりして演出を増やしています。

ブルムベア製作4
搭乗員はキット付属のモノは使わず、タミヤのドイツ軍戦車兵セットより、
右手を違うものと組み合わせてポーズ変更しています。
ヘッドはホーネット(レジン)に交換しています。

ペイントです。
ブルムベア製作5
サフェーサーにマホガニーを吹いてから、シリコンバリアー散布。
乾燥後基本カラーを塗っていきます。
後から汚すと暗くなっていくので、基本カラーはかなり白多めで明るくしています。

ブルムベア製作6
その後3色迷彩をフリーハンドで塗ってきます。
マスキングガム等を使うと早く塗り分けられますが、自分は持っていないので地道に細吹きです(^_^;)

ブルムベア製作7
乾燥後に調色スティックt等でカリカリと塗装を剥がしていきます。
こちらも考えながら地道な作業です。

ブルムベア製作8
そしてエナメル塗料でウォッシングします。

その後ハイライトを入れていったり、足回りを汚したりしていきます。
こんな感じで自分はベースを作っています!!なお話でした。

戦車兵
ブルムベア製作9
肌はエアーブラシで塗っていますが、他は筆塗りです。

1/35ですが今回初めてホーネットのレジンヘッドを使ってみました。
ディフォルメもされていてメリハリが効いててメチャクチャ塗りやすい(^O^)

ブルムベア製作10
身体に取り付ければ完成です。

っという事で完成画像です。
ブルムベア完成3
まずはぐるっと。
シュルツンが付いている機体はやはり外したりと表情が付けやすく見栄えしますね。
右側はガッツリ外しちゃいました(^O^)

ブルムベア完成4
車体右のフェンダーは跳ね上げて変化を付けています。

ブルムベア完成2
左側はシュルツン3枚取り付け。
その内の真ん中1枚は、破壊されたブルムベアのシュルツンを「落ちてたので拾って付けました!」みたいな感じで、
迷彩パターンと穴をあけたり傷キズにして表現してみました。(言われないとわからない(^_^;))

ブルムベア完成5
後ろ右フェンダーは取り外し。
左フェンダーとマフラー上のカバーはペンチで少し歪ませてセット。

ブルムベア完成6
って感じで今自分が出来る事、やりたい事を詰め込んで製作してみました。

ブルムベア完成7
自分の中ではこのブルムベアが好きなスタイルです。

ブルムベア完成8
前回フンメルでアーマーモデリング誌のコンテストにエントリーしましたが、今回はパスです。

ブルムベア完成9
マフラーの錆表現は、少し色数が多すぎかな?なんて思っています。次回修正ポイント。

ブルムベア完成13
やはりマシーネンとかもそうですが、人が1人でもいるとやはり空気感がグッと変わる気がします。

ブルムベア完成14
今回は荷物等あまり載せず。

ブルムベア完成15
こうして見ると戦車って見栄えポイントが多い。

ブルムベア完成10
まだまだヘタッピですが、少しでも「カッコイイね」って思ってもらえたら嬉しいですね。

ブルムベア完成11

ブルムベア完成12

最後に恒例のモノクロ画像で。
ブルムベア完成16

ブルムベア完成17
背景がグラぺだから模型感が出てしまいますが、外に持って行って撮影したら楽しいかもしれない。

ブルムベア完成18
最後までご覧いただきありがとうございました。

ブルムベア完成20
次回は本格的に模型に打ち込めれば・・・っと思っていますが、グッとくるキットが見つからず、
とりあえずハゼガワのアーマードバルキリーを素組みしてから考えます!!


スポンサーサイト



[ 2022/07/10 09:57 ] 1/35ドイツ軍 ブルムベア | TB(0) | CM(0)

wave1/20 マシーネンクリーガー キュスター公開です。

突然の告白になりますが、
6月から身体の事を考えてスポーツクラブに入会してしまいました!!

2ヶ月前に46歳になって、ふっと「お腹に脂肪が付いてきたな・・・」っと感じはじめましてね。。。
「何歳まで模型できるんだろ?」いや、「何歳になっても元気に模型していたい!!」って思ったんですよ。

コロナ前はお出掛けも積極的にしてましたし、そこまで気にはしていなかったのですが、
やはり感染も怖いですし、お出掛けも自粛。 = 家でプラモ。 → 太る。

懸垂マシーンや腹筋ローラー等ありますがストイックではないので回数もだんだん減ってしまう。
そもそも実はマラソンや筋トレのような「昨日の自分を超える!」みたいな事が苦手でして・・・(-_-;)

って事で地元で4月からオープンしたばかりの「パデル」というスポーツに挑戦してます。
この「パデル」ってスポーツはテニスとスカッシュのミックスのような競技でしてね。
テニス経験者では無い自分ですが、これがまた楽しくて、ハマってます(^O^)

基本的には体を動かす事が好きだったのですが、大人になるとなかなか・・・ね(^_^;)
でも、やはりスポーツをして汗を流す。って最高に気持ちよくて心も体も健康になりそうです(^O^)

はい、初っ端からつまらない話で申し訳ありません。
それでタイトルにもあるように、wave 1/20 マシーネンクリーガー キュスターの公開です。

キュスター完成1
twitterの方では先に書かせていただきましたが、ポストホビー厚木店さんコンテストにてキャラクター部門で金賞を頂きました(^O^)

キュスター完成5
正面から
組み立てに関しては説明書通りな感じで改造はしていません。
強いて言うなら左右のスモークディスチャージャーの蓋をランダムに開口したくらい。
塗装に力を入れました。

キュスター完成6
バックより
あれ?ピンが来てない?(カメラ技術が全く上がらなくてゴメンナサイ)
キュスターは無人機設定なので、人の入ってるパワードスーツ系よりも前線に行くだろうと思い、汚しは少し多めで仕上げています。

キュスター完成4
カラーリングはスカイブルー + ガルグレー
         ■ニュートラルグレー + ガルグレー
エアーブラシでフリーハンドで迷彩を作ってます。

キュスター完成3
白いラインはマスキングしてからシリコンバリアーを散布後ホワイトで塗装。
乾燥後調色スティックでカリカリやりました。

キュスター完成2
汚しに感じては、エナメルのフラットブラック + フラットブラウンをシャバシャバにしたものでウォッシング。
その後墨入れしたり、スポンジポンポンしたり、錆色足したりしています。

この画像からだとわかりにくいかと思いますが、油彩で高い所には白、入り組んだ所や突起下にはブラウン系でメリハリを出しています。

キュスター完成18
正面のガトリング等はガンメタで塗装後にシルバーでドライブラシ。

キュスター完成8
右側のゴチャッとした所と左側のサッパリした所がステキに感じるのは自分だけでしょうか?

キュスター完成11
マシーネンクリーガーって左右同じなものがほぼ無いデザインなので、360度全てが見せ場になる。

キュスター完成9

キュスター完成13
下に行くにつれて砂汚れ、錆汚れを強くしています。

キュスター完成12
胴下側にある燃料の蓋らしきディテールはオイル汚れ風に。

キュスター完成14
錆が雨垂れと一緒に流れてる所には黄錆。
強く錆びている所には赤錆。

キュスター完成21
ファルケ付属の女性パイロットですが比較用に。

キュスター完成22
サイズ感がわかるでしょ?

キュスター完成20
あぁ~カッコイイ(自画自賛)(^_^;)

キュスター完成17
最後までご覧いただきありがとうございました。


実は少し前から完成していたものになるのですが、ここ最近ガンプラばかりでしたので、
この記事を書いていたらマシーネンが作りたくなってきてしまった(^_^;)

次回は戦車(ドイツ軍 ブルムベア)の公開になります。



HGゲルググキャノン完成公開です!

先日行われたポストホビー厚木店さんコンテストの結果ですが・・・
ガンプラ部門エントリーのMGユニコーンは入賞することができませんでした~!残念!!(T_T)
ですが~
ミリタリー部門・キャラクター部門は金賞頂きましたので、こちらは完成画像含め順次アップ予定ですので少々お待ちください。

今回はタイトルにもありますが、HGゲルググキャノンの公開になりますが、
このゲルググキャノンを塗り切ったと同時に、15年以上使用していたハンドピースに不具合で出てきまして、
修理も考えたのですが結局新品のハンドピースを購入しました。
エアテックス NEWハンドピース
前回使用していたのもエアテックスのXP-725でしたが、今回は「プレミアム」と・・・まぁ~バージョンアップ的な感じでしょうか?
タミヤやクレオスよりお手頃価格なハンドピースですが、また15年以上使えれば十分かな。


って事でHGゲルググキャノン公開です(いつもながら画像多めです)
HGゲルググ完成1
ヘッドから。
基本的にはディテールを増やした以外はキットのままです。
モノアイレールをタガネで彫り、センターにHアイズのピンクでモノアイをセット。
額上のセンサーはくり抜いてクリアーレッドのランナータグを切り出して接着しました。
この画像からでは見えませんが、中にはプラ板でディテールパーツを製作しています。

そしてそのセンサー下部は逆台形型に一段掘り下げ情報量を増やしました。

HGゲルググ完成2
センサーの突起部の白いラインはマスキングでの塗り分けです。
ピンバイスで凹ディテール追加。

HGゲルググ完成9
ボディーです。
胸部フレーム(軸受け)パーツを2mm延長しています。
腕取り付けフレームは左右1.5mm程奥に行くように改修しています。
首周りのフレームパーツと涎掛けパーツは1パーツなのでスジ彫りをして塗り分けています。
向かって右肩後ろにアンテナを追加。

HGゲルググ完成8
更に脚取り付けボールジョイントパーツを上下逆に取り付け脚の延長をしました。
それに合わせ股下前面外装パーツをプラ板で延長しています。
ここに写っていないスカートパーツ含めリヤスカート下側には2mmのプラ板で延長化しています。

バーニア基部には真鍮パーツでディテールアップ。

HGゲルググ完成3
腕は外装スジ彫りと関節部にプラ板を貼り足して情報量をアップ。
前腕外装は肘側に1mmプラ板で延長してバランス調整。

手の甲パーツにディテールを彫り込み情報量アップ・
そしてマニピュレーターはキット付属の開いたパーの指を全てカットして角度を変えて再接着して表情を変えてみました。

HGゲルググ完成4
内側の凹モールドは1度削り飛ばしてディテールアップパーツに交換しました。

HGゲルググ完成5
脚です。
足首のフレームパーツはカ3mm延長工作しています。
脚上面の甲のパーツはエッチングノコで切り離し、塗装後角度を変えて接着しました。

そしてモモ両サイドに0.5mmのプラ板を貼り足しボリュームアップしてドッシリ感を演出。

HGゲルググ完成6
モモの合わせ目ラインはボリュームアップ時に合わせて変更しています。
パネルライン等のスジボリはMGを参考に、丸モールドやラッチ風ディテールを追加して情報量を上げています。

HGゲルググ完成7
足裏はスジ彫りして塗り分けました。
脚後ろのバーニアも腰部と同じように工作(ほぼ見えませんが・・・)(^_^;)

HGゲルググ完成11
ビームライフルぼキットのまま。
センサー?部色を変えてみました。

HGゲルググ完成12
手の甲パーツは左手同様ディテールを彫り情報量アップ。

HGゲルググ完成13
三連砲はスジ彫り等で情報量を上げています。

HGゲルググ完成14
ランドセルも基本的にはストレート仕上げ・・・と言いたいのですが、
バーニア部は市販ディテールアップパーツに交換して塗り分けを楽にしつつ、立体的にさせて一石二鳥。

HGゲルググ完成15
キャノン上面のセンサー部は切り抜き後、クリアーレッドのランナータグでクリアー化。

HGゲルググ完成16
全体画像になります。
今回はMSVカラーで仕上げてみました。
白いラインは全てマスキングでの塗り分けです。文字色

HGゲルググ完成19
前製作のHGドムの時はデカール等で遊んだのですが、今回のゲルググキャノンはシンプルにしています。

ですが、本来腰後部取り付けてあるビームナ・ギナタはグレー設定なんですが、イエローで刺し色にしてみました。

HGゲルググ完成17
ドッシリ感もありつつスタイル良くするのがなかなか難しかった。
あくまでも自分の好みのラインですけどね。
スリッパは旧キットのラインに近かったので無加工で仕上げています。(ここも小さい拘り)

HGゲルググ完成18
クリーンでサッパリなHGではありますが、キャノン特有の情報量の多いランドセルに対して、
適度にパネルラインの追加等をするだけで、グッと見どころが増える感じがわかりますね(^O^)

HGゲルググ完成21
そうそう!今回ランドセルの1つ拘り部分と言いますか、他の方のゲルググキャノンと差を付けたかった部分として、
ランドセル上面に、高機動型ザクのようなフックを真鍮線とプラパイプで追加してみました。

言わなきゃわからない部分ですけど(^-^;

HGゲルググ完成20
そしてもう1つ、まぁ~これはよくやりますが、シールドラックを簡易的ですがプラ板より製作。
ポリキャップむき出しよりカッコイイでしょ!?

HGゲルググ完成22
飛んだら早そうなバーニアの数。

HGゲルググ完成24
製作を始めた時は「カッコよくなるのかな?」って思っていたのですが、塗装したら化けたよ。
納得のいくものになりました。

HGゲルググ完成23
はぁ~~。このアングル最高にカッコイイな!!(自画自賛ですいません)

HGゲルググ完成25
参考になるかはわかりませんがカラーレシピです。
外装のカラーはガイアカラーの#27「焔小豆」にホワイトを足してみました。
外装フレーはMrカラーの#73エアクラフトグレー。

HGゲルググ完成26
最後にHGドムとパシャリ!
サイズ感も同じ感じに仕上がって満足(^O^)

最後までご覧頂きありがとうございました。
また気が向いたらHGの1年戦争モノ作ってみようかな。。。




[ 2022/06/12 12:43 ] HGUCゲルググキャノン | TB(0) | CM(0)

MGユニコーンVer.Ka完成です。

大変遅くなりましたが、MGユニコーンVer.Kaの完成公開となります。

只今絶賛開催中でありますポストホビー厚木店さんのコンテストエントリー作品になっているのですが、
今までなら規約として「コンテストの結果が出るまではSNS等での完成画像を出してはいけません!」っという事だったのですが、
今期から「SNS等での完成画像を出していてもOK!!」になりました。ただし・・・
「他でのコンテストに出品したものはエントリー不可」っと変更になりました。

っていう事で、まだコンテストの結果が出ていないのですが一足早い公開となりました。
ちなみに結果は6月1日(水曜日)となっています。ドキドキ(^-^;


ではっ!!  いつものように画像いっぱいで行かせて頂きます!!!
まずは装備無しで。
MGユニコーン完成1
今回MGユニコーンの製作コンセプトとしてはバランス改修はもちろんなんですが~、
PGやRGのフルディテールに負けないようにスジ彫りとディテール追加を目指しました。

そしてサイコフレームの表現なんですが、実は製作前から塗装表現で外装との対比を楽しみたいと思っていましたが、
ぶっちゃけ言うと、脚の改修によって本来フレームが見えない部分にサイコフレームの欠けてフレームが露出してしまった為に、
サイコフレームをプラ板で延長やディテールを追加してしまった為に結果的に塗装は絶対なモノになりました。
一応サイコフレームは艶有りで外装・フレームは艶消しなんですが、撮影でこの表現を見えるようにするのがまた難しい・・・(-_-;)

MGユニコーン完成9
PGやRGを持っている方はわかると思いますが、同じようなパネルラインを追加している部分と、
自分の考えるスジ彫りとディテール追加で、ゴチャゴチャに見えない好みな感じに仕上げています。

MGユニコーン完成9
ウエポン装備。

MGユニコーン完成4
ビームライフルはピンバイスでの丸ディテール追加以外は基本的にストレートでの製作ですが、
センサー部のみ、いつものように携帯ののぞき見防止フィルムをカットして塗装後に接着しました。

MGユニコーン完成7
ビームガトリングはキットに付属していないのですが、ユニコーンの力強さ感を出したくて、
地元の模型仲間にお願いしてオークションで競り落としてもらいました。

ちなみグリーンのレンズ部はHアイズのモノを追加接着しています。

MGユニコーン完成8
このビームガトリングがなかったら自分の思い描いていたユニコーンにはなっていなかったと思います。
そのくらい重要なアイテムでした。

シールドです。
MGユニコーン完成5
こちらもライフル同様、スジ彫りとピンバイスでの穴ディテール追加以外はストレート製作になっています。
こんなに大きくサイコフレームが露出しているのに艶感が画像から判断出来ないのは悔しい(T_T)

MGユニコーン完成6
シールド内側は塗り分けしようと思いましたが、重い雰囲気になるかな?っと感じ墨入れのみの仕上げにしました。

MGユニコーン完成10
はい!フル装備状態です。
見て頂くとわかるようにシールド側がかなりの重さになります。
なので今回、横スイング出来る機能を殺して製作しています。。。が、それでも微妙に傾いてしまいます(^-^;

MGユニコーン完成11
今までユニコーンガンダムのように外装が真っ白ってモノを作った事が無いし、もちろん撮影も初めてなんですが、
いや~~いろいモノって撮影がメチャクチャ難しい事を知りました。

本来はもっと白く見せたいのですが、そうすると色が飛んじゃってディテールが見えなくなっちゃう(-_-;)

MGユニコーン完成27
今回は施行が今までとは少し変わって、ここから改修内容の説明になっています。

MGユニコーン完成28
まずはバランスの改修から。
MGユニコーンでは定番化している脚の改修がメインになっています。

脚はユニコーンモード(短い状態)から外装を切り欠いてサイコフレームを露出させています。
それに合わせて、ウエスト部を2mm程延長してバランスを調整しました。
腕の取り付け位置が外過ぎると感じた為、フレーム側を2mm程詰める加工をして内側に寄せています。

腰高なイメージから頭1つ分下がってなかなか良いバランスになってると我ながら思っています(^O^)

MGユニコーン完成22
カカト部分ですが、こちらも展開させると足長になってしまうので、デストロイモードの状態から5mm程カットしています。
足裏の画像を撮り忘れましたが、キットのソールをしっかり調整しています。

MGユニコーン完成20
そもそもユニコーンの脚は凹凸が多く立体映えするデザインなんですが、
やはりPGやRGを見てしまうとサッパリして見えるのが不思議です。
っという訳でスジ彫りの嵐です。

MGユニコーン完成19
大腿部と膝外装の隙間が気になったので、膝フレームを加工して鳥脚にして隙間を解消しています。

それとクルブシ横の外装は、こちらも定番加工の接着して一体化させています。
ちなみに画像からだとわかりにくいのですが、足首外装(クルブシ外装の上)は内側のみ干渉を避ける為に削り込んでいます。

MGユニコーン完成21
足首前面の外装は少し大きかったので下側窄まり(逆台形)になるように、切込みを2か所入れて先端側を強引に寄せて接着しています。
足首前面上側外装にはセンサーのようなディテールを追加しています。

つま先は1mmのプラ板で延長しました。

MGユニコーン完成18
上もディテール、スジ彫りが有るもののサッパリ目なので脚と同じようにスジ彫り・丸モールドの追加です。

MGユニコーン完成17
肩外側の開閉べーんも削り込みと彫り直しでくっきりさせています。

前腕の上面に足首と同じようにセンサーのようなディテールを追加。
今回は手の甲の部分にもディテールを追加しています。

MGユニコーン完成13
ちなみに人差し指上側にはプラ板でセンサー風なディテールをプラ板で追加。
更にのぞき見防止フィルムを接着して情報量をアップ。

MGユニコーン完成12
後から気が付いて肩上面の画像が無い事が分かったので、組み立て前の画像より・・・
右上の肩パーツ上面の内側に注目です。
外装をデストロイモードに展開すると大きく隙間が出来てしまうので、プラ板でフレームを追加しました。
小さいパーツではあるのですが、主張し過ぎず効果があると思っています。

MGユニコーン完成15
腕や脚に比べて面が広い胴体も同じようにディテールアップを施します。

MGユニコーン完成14
一番雰囲気を変えているのがウエストのグレーパーツ。
PGを参考にプラ板でディテールを追加。
スジ彫り等で1パーツに見えないようにしています。

ウエスト部のサイコフレームの露出具合で延長している事がわかると思います。
コックピット正面にもセンサーのようなディテールを追加しています。
細かい所ですが、左右胸部のサイコフレームですが、ここのみスジ彫りを追加して単調に見えないようにしました。

MGユニコーン完成29
ヘッドはスジ彫り追加のみでほぼストレート製作になります。
ちなみにユMGニコーンVer.Kaは頭にバルカンが無く、アニメ版のMGユニコーンにはバルカンが有るくらいの違いだったと思います。
違ってたらごめんなさい(^-^;

MGユニコーン完成16
バーニアは縁を薄々加工して、こちらもサイコフレーム同様に艶有りで塗装してます。
ホント画像からだとわかりにくいです(^_^;)
バーニアセンターにはメタルビーズでディテールアップ。

腰部サイドアーマー ・ リヤアーマーの開閉ベーンはデザインナイフとタガネで彫り直しました。
リヤアーマーにもセンサー風なディテールを追加しています。

MGユニコーン完成25
この画像だとサイコフレームと外装の質感が伝わるかな??

今回のMGユニコーンはサイコフレームの表現の仕方にコンセプトを置いて製作しましたが、
表現の仕方に対しては自分でも納得な仕上がりになりました。  が・・・
やはりサイコフレームの色がですね、自分の考える色味から少し暗目になった事が今でも気になる点。
間違いでは無いと思いますし、これはこれでカッコイイと思っていますが、もう少し!もう少し明るかったらどう見えたんだろう?

MGユニコーン完成24
今でこそMGEXユニコーンが出ていて、ある意味 Ver.1.0 的な位置付けなMGユニコーンですが、
手の入れ方(かなり手を入れてますが・・・)で負けないくらいカッコイイ物になりました。
もちろんフレーム発光しませんけど(-_-;)

MGユニコーン完成30
プロフィールにも書いていますが、UCシリースの中でもユニコーンガンダムは好きなMSなのですが、
今回の製作で更に好きになりました。

塗装している時はパーツの多さや、艶有り・艶消しにより手間がかかり「二度とユニコーンは作らない!!」って豪語してたのですが、
完成してみるとあまりの格好良さにバンシィを並べたくなるから不思議(^-^;

って事で実は今回比較用に登場していたMGユニコーンバンシィノルン(最終決戦仕様)を、またまた地元仲間にお願いしてオークションでかってもらい、
おかわりユニコーンさせて頂きました(^O^)

何でバンシィノルンなの?って思う人もいるかもしれませんが、単純に「カッコイイじゃん!!」って思ったからwww
深いわけはありません。

もちろん続けて製作はしませんが、忘れたころに同じような工作内容で作れたらいいな~~(遠い目)

MGユニコーン完成31
最後までご覧頂きありがとうございました。

コンテストの結果は後日発表しますが、実は今回のコンテストは3部門エントリーしてまして・・・
続けて完成品の公開が出来ると思っています。
そちらは返却後に撮影をしてからのアップになりますので少々お待ちください。

それとHGゲルググキャノンも最終調整と撮影前まで来てますので、そちらも公開をお待ち頂けると幸いです。









[ 2022/05/28 15:46 ] MGユニコーンガンダム | TB(0) | CM(0)

久々コンテストにエントリーしようかな?

ご無沙汰してます! 1ヶ月ぶりの更新でございます(-_-;)

自分の職場が4月決算だったり、3発目のコロナワクチンでまたもや寝込んだり・・・と
怒涛の1ヶ月を乗り切ってのゴールデンウィークにと注入したのですが、明日で終わりだよ~~(T_T)
今回は暦通りだったのですが、休みが多かったので来週からちゃんと仕事できるか今から心配です(^_^;)

MGユニコーンも組み上がって撮影待ちまで来ました。
いや~~本当に大変だった。
とりあえず、ひたすら塗装、塗装、また塗装・・・みたいな週末とデカールの嵐とで何週間やってたんだろ??
って訳でもないのですが、途中画像をスマホでしか撮影していなかったので、今回は変なサイズの画像でお届けします。
MGユニコーン11
脚の組み立てをしている画像になりますが、
やはりフレームのグレーの隣に来ると、クリアーピンクとして塗ったサイコフレームが紫色に見えます。

今回この画像を見て気が付いたと思いますが、サイコフレームのみをグロス塗装にしたかったのです。
時間がかかった原因の1つでもあるのいですが、このユニコーンでやってみたかった目標の1つでもありました。

MGユニコーン12
ライフルなんかは組み立ててからクリアコートすれば良かったのに、バラバラ状態でトップコートなんて吹くもんだから、
塗装の厚みで組み立て時に「ガリッ」とやってしまいました。

さてどこでしょう??

答えはマガジンの一番上のデカールが!!

一応この後、気にならないレベルまで修復しましたが、ついつい目がそこに行ってしまう(^-^;

MGユニコーン13
シールドも各パーツがタイトに出来ているので、凸ピンに付いた塗膜なんかを剥がしながら組み立てをしています。

MGユニコーン14
組み上がってくるとやはりモチベーションが上がりますね(^O^)
にしても説明書見ながらじゃないと組み立てられないくらい忘れてる(^_^;)

MGユニコーン16
胴体や腕単体でもこれだけ見せ場のあるMSってあまり無いかもな~。

MGユニコーン17
また公開時に書こうと思っていますが、今回のMGユニコーンはPGやRGのディテール等を落とし込んで作っています。

MGユニコーン15
先日、いつもお世話になっているポストホビー厚木店さんに展示品の交換をしてまいりました。Twitterでの告知はしていましたが)

本来なら去年の約束では「1年間の展示」との事だったのですが、ポストホビー厚木店さんのご厚意により延長させて頂いています。
オラザク入賞の滝川虚至版ハンブラビはそのままに、MGジム5体を回収して次の4体に入れ替わっています。
MGリ・ガズィ (徹底改修)
MGゼータプラスC1 (徹底改修)
MGバーザム (MG Mk-2改造)
HGアイザック (改修)
となっています。

まだ確定ではありませんが、この辺で持ち球がなくなってきたいるので、この4体(たぶん8月のお盆辺りまで)が最後の展示になるかも?

話しは戻りMGユニコーンガンダムですが、丁度良いタイミングで5月11日からポストホビー厚木店さんにてコンテストがあるんです。
っという訳で久々(1年ぶりかな?)にエントリーしようかと思っています。

で、こちらのコンテストはSNS等での完成状態をアップしてしまうとエントリー出来ないので、完成画像はもう少し先になりそうです。
結果発表が6月1日だったと思うので、約1ヶ月後の公開となります。
大変申し訳ありませんm(__)m

っという訳でMGユニコーンの撮影とHGゲルググキャノンの塗装頑張ります!!

[ 2022/05/07 15:40 ] MGユニコーンガンダム | TB(0) | CM(0)