FC2ブログ

危険な暑さはまだまだ続く!?

あと1週間頑張ればお盆休みに入りますが~
そろそろ10月20日(土)に行われる「千葉しぼりさん展示会」に向けて形状を出しておきたい時期に入って来ました。

毎日ニュースでは例年に無い暑さとして「危険な暑さ」なんて言っていますが、
ホント工場仕事の自分は、毎日クラクラする程汗をかいて頑張っていますよ!
まぁ~まだ屋根が有る所で仕事出来るだけ良いのですが(^_^;)
まだまだ暑い日が続きますので、水分・塩分をしっかり摂ってのり切りましょう!!

って事で、千葉しぼり展示会向けのMG AGE2です。
MG AGEⅡ8
前回からかなり間が空いてしまいましたが、チョコチョコ進めまして~ 今こんな感じ。

MG AGEⅡ9
前と変わった所は、腰サイドアーマーがMG エールストライクの物に変わった事と、
足首のアーマーがMG ソードインパルスの物が追加されました。
脚のラインがこちらの方が良くなった感じに。
この追加パーツによって「より」戦える(接近戦)ようなイメージになったのではないかと思っています。

MG AGEⅡ10
後ろは百式の腰部リアアーマにAGE2のビームサーベルをラッチごと装備。
動きに対して邪魔にならない事を考えてここに落ち着きました。
そしてフクラハギ後ろに、スピードを上げる為のスラスターを追加(MGソードインパルスの物)

MG AGEⅡ12
それから更に進めまして、MGソードインパルスの巨大ソードを追加し、ディテールも各所に追加。

MG AGEⅡ13
初期の段階では、何のパーツを使っているかわからないように・・・と思って工作して来ましたが、
腰サイドアーマーと巨大ソードを付けた時点でダメだとわかり諦めました(-_-;)

MG AGEⅡ14
細かい部分では腰フロントアーマー部に波板プラ板を使ってダクト風に。
MG AGEⅡ15
アーマー裏は、取り付け基部にAGE2用を使っているので、足らない部分はプラ板より製作。

MG AGEⅡ16
背中のエンジン部?的な所はそのままでも良かったのですが、
何か必殺技的な時に発動するような雰囲気を出したかったので、こんな感じにしてみました。
MG AGEⅡ17

そうそう、戦えるAGE2を目指しているので、拳も強そうにプラ板積層で大型化。
MG AGEⅡ18

と、大体こんな感じかな~って思っています。って言うかこれ以上アイディアが出て来ない(T_T)
色味はあくまでもAGE2なので、基本を壊さない所で遊べたらと思っています。

MG AGEⅡ19
毎度毎度書いていますが、今回の戦えるAGE2を作っているのですが、
AGEシリーズはそれぞれタイプによって名前が有りますよね?
例えば・・・AGE1タイタスとかスパーローとか、AGE2ダブルバレットとかね。
なので、今回のAGE2も「名前を付けてやろう!」っと思い・・・
選手権タイトルも「ゴットガンダム」って事で、ゴット → 神 → 神の名前を検索!!って事から・・・見つけました!!!(p_-)

アイルランドの「戦いの神」こと「ヌアザ」。ケルト神話に登場する神の一柱だそう。
さらに読み進めたら~「ヌアザの剣」ってのが出て来まして~
アイルランドに持ち込んだ4つの宝の内の1つに「剣」があり、これがヌアザの物であったとされる。
さらに「何者もこの剣から逃れる事は出来ず、一度鞘から抜かれればこれを耐える者はいなかった」っと書かれていました。

正に!っと言うか、偶然過ぎるソードインパルスの刀がハマったスタイルになりました。
って事で、
千葉しぼり選手権は「AGE代表 AGE2ヌアザ」っと決定させて頂きます。

お盆休みに微調整して塗装に入りたいと思います!!


そして話は変わり、今度の土曜日(8月11日)からポストホビー厚木店さんで「プラコン2018 in SUMMER」が開催されます。
いわゆるプラデルコンテストね。
今回はガンプラ部門でのGBWCの予選は兼ねていないようなので、エントリー数はかなり多くなると予想しますが、
自分も前回入賞出来なかったので、その悔しさをHG ZZⅡでぶつけてみようとエントリー予定です。
HGUC ZⅡ12
1/144サイズでありながらも、写真なら1/100と見えるように各部精度を上げてみました。
それが見て頂ける方達に伝われば良いのですが・・・(-_-;)

って事で、引き続き頑張ります!!




スポンサーサイト
[ 2018/08/05 11:32 ] MG AGEⅡ | TB(0) | CM(2)

ディザートザク完成しました。

先週に続き、早速ですがザクヘッド(ガチャ)改造ディザートザク完成でございます。

前にも書いていますが、ZZ版とユニコーン版の良いとこ取りで形状を出しました。
ディザートザクヘッド完成1
改修ポイントとしては、鼻部の丸い動力パイプの受けを切飛ばしてプラ板・瞬着パテで埋めスムージング。
情報量が乏しかったので、プラ板にて凸を接着。
口横の動力パイプの受けをプラ板より箱組み。市販パーツでディテールアップと波プラ板でダクトを再現。
頭頂部の突起はプラ板より製作。太いアンテナはプラ棒プラパイプで、細いアンテナは1mmの真鍮線使用。
バルカンはピンバイスで穴あけ後5mmのプラパイプで綺麗な開口にし、4mmのプラパイプでバルカン基部を再現しました。

ディザートザクヘッド完成2
本体の塗装は、Mrカラーのデザートイエロー50% + タン50%
動力パイプはガンキャノンディテクターの時に使用したグレーのあまりを使用。
ディザートザクヘッド完成3
デカールは赤を主に使用しましたが、錆表現と少し色味が寄ってしまい「白いデカールを使えば良かったかな?」なんて・・・

ディザートザクヘッド完成4
中身の上側のメカ部はキットのままですが、スミ入れ含め少し汚しています。

ディザートザクヘッド完成5
前回のザクヘッドと並べられるように、少しハード目に汚しています。
ディザートザクヘッド完成6
最近ではシリコンバリアーやケープを使った、いわゆる本当に塗装を剥す技法が支流になっていますが、
今回はデザインナイフやリューターを使って錆表現をしたいます。

ディザートザクヘッド完成7
連続でザクヘッド記事になりましたが、頭のみの改造・塗装なのでホントお気楽に楽しむ事が出来ます。
今日よりポストホビー厚木店さんに展示して頂いてますので、足を運んだ際は見てやってください(^o^)

既に8体程集まっていまして、店員さんいわく「もう少し増える!」との事なので楽しみです。

とりあえず次回からはZⅡとAGE2に戻りま~す!!

模型部屋を作っています。

西日本が大雨で広域にわたり災害が起きて、とても心が苦しい毎日を過ごしています。
今回の大雨による河川の氾濫だったり、近い内に起こると予想される関東大震災等、ホント他人事では無いです。
なかなか現地に行って復興の手助けをする事が出来ませんが、違う方面から自分の出来る手助けをして行こうと思っています。
頑張れ!西日本!!


そんな中ですが~前々回の記事かな?で「腰を痛めました!」なんて記事を書きましたが・・・
会社仲間・模型仲間に「床での塗装を止めなさい!」なんて言われてました。
っと言いますのも、プラモの組み立や改修作業はリビングでやっているのですが、
塗装はどうしても臭いが出ますし、沢山のパーツに持ち手を付けてスペースが・・・とかやっていると、
自動的に別の空いている部屋になり、当然プラモ部屋ではないので普通に床でやっていました(^_^;)

もちろん塗装をしていたから腰を痛めた訳でも無いのですが、これを期に模型部屋を充実させようと決心。
それがこちら!
模型部屋1
今までの完成品を飾る棚が有る部屋で、それ以外は何も置いていない部屋。
いつもここに塗装ブースにコンプレッサー等々、床一面に広げてやってました。

そこに正面の机・椅子・棚・照明を新規で購入。
模型部屋2
机はネットで購入。天面が奥行600×幅1200と気持ち大き目で、引き出し等が無いシンプルな物をチョイス。
回転式の椅子とLED照明ははニトリで購入。
机下のキャスター付棚は、机の下面スレスレに納まるように寸法をチェックしネット購入。
トータルで25000円程で揃えた感じになります。
ちなみに机に乗っているキットはMG AGE2(約18cm)です。机のサイズがわかりますかね??

模型部屋3
昼間での撮影で解りにくいですが、照明を点けた感じ。(かなり明るいです)
たぶん製作作業はリビングでする事が多いし、塗装も夜やる事は99%無いので、正直のところ照明の使用率は少ないのですが、
まぁ~無いよりも有った方が良いしね。

模型部屋4
キャスター付棚を引くと塗装関係の道具が出て来ます。

で、塗装ブースをクローゼットから取り出し載せると・・・
模型部屋5
微妙にはみ出ていますけど、こんな感じで塗装します。
ブースは「基本的に出しっぱなしはしない!」と決めていたから、これはこれで満足な仕様になりました(^o^)
コンプレッサーは机に出しっぱなしにする予定ですが、まだ設置出来ていません。

そのコンプレッサーですが、自分はエアテックスの物を使用しています。
なんですが~、前回遊んで頂いたパイセン鈴木さんのブラシをお借りした時に、コンプレッサーの音の小ささに驚き!
更にはエアー圧が全く落ちない事に驚きまして・・・「これは何?」って聞いたら「クレオスのリニアコンプレッサーL5」との事。

そもそも誰も教えてくれなくて、値段的に安価で購入した事も有り、それが普通だと思っていた。
今回のように、こうやって他のモデラーさんの道具を使わせて頂く事って無いので、かなり衝撃を受けまして~、
模型部屋を作っている今がチャンスと?来月辺りにコンプレッサーの入れ替えも検討中です。
って言うか、そのつもりなのでコンプレッサー出していません(^_^;)

そういった事も含めると、今より少し作業場が狭くなるかな?なんても思っていますが~
十分過ぎる作業スペースで模型が楽しくなる事間違いナシです(^o^)


最後に机の上のAGE2の進展記事も載せようかと思っていたのですが、またまた脱線中の物を・・・

前回の記事でザクヘッドの製作会の記事を載せてた後、ポストホビー厚木店さんでもTwitterでUP。
その結果、かなりの反響が有ったようで?ポストホビー厚木店さんでは只今ザクヘッドの募集をしているようです。
っと言ってもコンテストでは無く、汚したりオリジナルカラーにしたり・・・ね。

なので盛り上げの切っ掛けとなった3人は、更に各自1体づつ追加でザクヘッドを改修中です。
ちなみに自分はZZ版ディザートザクです。
デザートザクヘッド
ZZ版と言っていますが、頭頂部の形状はユニコーン版のディザートザクの画像が細かく載っていて、
ある意味リファインされたデザインだったので、そちらをチョイス。
結果良いとこ取りなディザートザクにしています。

明日辺りに塗装に入る予定です。
他2人は別のバリエーション機になっていますので、各自出来た順にポストホビー厚木店さんに持ち込むので見てやってくださいませ。
そして、是非ザクヘッドを持っている方で「自分も一緒に並べたい!」って方はジャンジャン参加してみてください!!(^o^)

ザクヘッド塗装講習会。。。

3月末頃に、いつもお世話になっているポストホビー厚木店さんに来られる常連のお客さんからコメントを頂きまして~
お店の店員さんを通して4月に顔合わせ。
その勢いのまま3人で時間を合わせ作品を名刺代わりに見せ合い、その後も製作会をしてそれぞれの工作法を紹介したり・・・
気が付けばこの3ヶ月程で一気に仲良しになってしまったモデラーさんと店員さんなんですが・・・

今回その声を掛けて頂いた方から「汚しのテクニックや技法を教えて頂ける」と言う事で、先日「講習会」を開いてもらった!!

キットはガンプラ好きならだれでも持っているであろう?ガチャガチャのザクヘッド!!!

特に今回は錆表現をメインに基本技法を教えて頂く事に。。。
ザクヘッド1
こちらが見本となる先生モデラーの「パイセン鈴木さん」作例。
そもそも汚しの基本を知らない生徒2人の為に軽めな汚しにして頂きました。
塗装 → デカール貼りをしてから、
塗装の剥がれて錆びた表現 ・戦闘や整備で出来たであろう小キズ表現 ・使い込まれている感の表現というメニュー。
ザクヘッド3
後ろもジオンマークを削り「使い込まれてる感」を出していて、見応えがあるザクヘッドになっています。

で、生徒2人のザクヘッドがこちら。
ポストホビー厚木店 ガンプラ担当の「Oさん」の作品
ザクヘッド4
Oさんは時間の関係でデカールは貼れませんでしたが、こちらも素晴らしいザクヘッドになりました。
ザクヘッド5
グラデーションが弱めにしているので、汚しも軽めな感じでバランスが取れていますね。

そして自分の作品。
ザクヘッド6
逆に自分はガッツリ汚してみたかったので、カラーリングを暗めにし、「これでもか!」ってくらい傷と雨だれを多めに。
ザクヘッド7
なぜ自分だけ色が違うか?と言いますと・・・
今回お誘いを頂いた時に、丁度腰痛で1週間程予定を先延ばしにしてもらったのですが、
悪い意味で気を使ってしまい、自分は遅れを取り戻そうと、フライング気味で基本塗装とウォッシングを終わらせて行った為に、
前の2人が慌てて準備するという形になってしまいました(^_^;)
ホント申し訳ありませんでしたm(__)m

ザクヘッド8
どのザクもそれぞれ同じように製作しても決して同じにならない!これがプラモの楽しい所!!(^o^)
そんな中でも、やはり汚しを慣れているか?慣れていないか?で「らしさ」が違うんですよ~~。
短い時間でしたが、とても奥の深い世界を知った感じです(p_-)

って訳で、メチャクチャ楽しく濃密な時間を過ごさせて頂きました。

近所で模型仲間が出来る事だけでも楽しいのに、それぞれ独自のやり方で技術を教え合うって、
ホント「素晴らしい事だ!」と改めて感じている今日この頃です。

今回製作したガチャガチャのザクヘッドは、生徒の2人は既にお店に展示して頂いています。
そして先生をして頂いたパイセン鈴木さんのザクヘッドは更に工作・塗装とやり直した物が来週中頃には展示されると思うので、
お店に行かれた方は是非見てやってください(^o^)

そしてガチャガチャのザクヘッドをお持ちの方は是非塗装で遊んでみてください。絶対楽しいから~(^o^)

☆(今回の技術は先生であるパイセン鈴木さんの独自の技法な為
                   そしてご厚意で教えてくださっているので、公での細かい手法等は控えさせて頂きます。)


[ 2018/07/01 00:13 ] ザクヘッド(ガチャ) | TB(0) | CM(2)

腰が逝きました(+_+)

MGパワードジム完成してから3週間程空いてしまいましたね。
その後本業が忙しく、全く気を緩める事が出来ずに、何とか納期に間に合わせた後に・・・
ホッとした瞬間に腰に違和感。。。

次の日には身体を動かす事が出来ないくらいの腰痛になりまして(T_T)
本日で1週間。どうにかBlogを書く気力も出て来た次第であります(>_<)

「以前にもあったな~」なんて思ってBlogをチェックしたら、丁度2年前の今頃だった事が判明。
どちらも「グキッ」っとやった訳では無いので、たぶん「疲れ」からのモノと思われますが、
何せ長く座っている事が辛く、と言って寝てるのも微妙で、立っている事が一番楽だったり・・・と言う事で、
プラモを全然する気力が有りません(-_-;)

って事で腰痛になる前までの記事を少しだけ~。
今回はHG ZⅡになります。
HGUC ZⅡ7
今回は「1/144サイズで1/100と見えるくらいの精度が出せるか?」って事を自分の中での挑戦として製作しているので、
各パーツをブラッシュアップ的な感じで仕上げていますが、気になる部分が出て来ましてね。
まぁ~胸部ダクトなんですが、スジ彫り等なかなか難しかったので0.5mmのプラ板でダクトを作り直しました。
もちろん中のパーツも作り塗り分けを簡単にする事で情報量も増えるかと。

で胸ダクトをやると自動的にやらないといけなくなるのが脚部ダクト。
HGUC ZⅡ8
本来は上部のみ青いパーツと一体成型で、いわゆるマスキング等で塗り分ける事になるのですが、
そこは精度アップと言う事で、デザインナイフでくり抜き0.3mmのプラ板で枠を作り、
中は1mmのプラ板から整形してセンターにスジ彫りして開閉ベーン風に。。。
HGUC ZⅡ9
下側も0.3mmで外枠を作り、中は0.5mmのプラ板を2枚合わせて開閉ベーン風にしました。
もちろん片側上2ヶ、した2ヶなので左右で各4つずつ!
HGUC ZⅡ10
米粒みたいな中のパーツは落とすとゴミと区別がつかなくなり、2ヶ程多く作ってますwww
でも、整形は自分的にはこの辺が限界な様子。
HGUC ZⅡ11
いや~1/100には無い面白さが1/144には有りますね。
ぶっちゃけ1/144の世界にハマりそうです(^o^)

今はスジ彫り・ディテール等も増やしている所までいて、細かい所を詰めていけばいい感じかな?

今月はいろいろ予定が入っていて、腰の事も有りあまりプラモ弄れませんが、まぁ~のんびりやって行きます。

[ 2018/06/16 09:08 ] HGUC ZⅡ | TB(0) | CM(0)