FC2ブログ

今年もスゴイ展示会でした!

先日行われた「千葉しぼり展示会」に行って参りましたが、まぁ~~スゴ過ぎる展示会でしたよ~!!

毎年もの凄い参加者と作品数で、載せきれないので今年も「気になった作品」をアップさせて頂きます。
ちなみに自分の作品群はこんな感じでした。
第5回千葉しぼり1
一般卓は6作品。
ここではやはりガンキャノンディテクターとZⅡを見てくれる感じでしたね。
沢山の質問やお話をさせて頂きました。
第5回千葉しぼり3
センチネル卓は2作品。
隣りにディープストライカーが4~5体並びだったのでひっそりと展示していた感じです。
そんな中でも撮影して下さっている方がいました。お話は出来ませんでしたが・・・ありがとうございました。
第5回千葉しぼり2
選手権卓はAGE2でした。
作品より台座の質問が多かったです(^_^;)

皆さんの作品です一気に!!
第5回千葉しぼり4
ガンダムシュピーゲル。作者わかりませんゴメンナサイm(__)m
たぶんSEED系のキットを芯に使っていると思われますが、綺麗にまとまっています。

第5回千葉しぼり5
作者わかりませんゴメンナサイm(__)m ガンダムマックスター。
皆さん今風にバージョンアップがとても上手いです。
第5回千葉しぼり6
アイススピードさんのゼウスガンダム。
設定画から良くこのカッコイイ感じに持って行ったセンス。眼福です。
第5回千葉しぼり7
作者わからずでゴメンナサイ。マンダラガンダム。
設定画を見ると「え~~?」って思えるMSなんですが、立体にすると何だか格好良い。
第5回千葉しぼり8
lyo08さんマンダラガンダム。
同じ設定画を見ているのだと思いますが、人によってアプローチの仕方が全く違う。
そこが模型の面白い所でも有るのですが・・・どちらも格好良すぎで好きです。
第5回千葉しぼり9
REN'Wさんのデビルガンダム。
ミキシング選手権ですが、どこに何を使っているかわからないくらいピッタリ納まっている。
毎回見せ方が上手です。
第5回千葉しぼり10
ゴメンナサイ。作者がわかりませんが、Gの影忍より1/100サイズでの製作。
何かの機体を芯にしている事を書いてましたが、結構スクラッチパーツ多いと思います(^_^;)

一般卓
第5回千葉しぼり11
とめぞうさん MG F2ザクから改造のFZ。
twitterで製作途中を見ていたのですが、自分も作りたいMSの1つです。
第5回千葉しぼり12
豆タンクさんのフルスクラッチキュベレイ
毎年着実に進んでいるのを確認してます。
第5回千葉しぼり13
ことまーさん作品。
このホワイトベースはメチャクチャ大きいのですが、ディテールの入れかたが素敵です。
第5回千葉しぼり15
Makoto710さんのHGサザビー
今だからこそRGが出てしまってますが、MGサザビー風のスジ彫りをしていた作品。
久々お会い出来てとても嬉しかった(^o^)
第5回千葉しぼり16
ワンダー丸さん フォビドゥンガンダム。
スジ彫り技術を教えて頂きたいm(__)m
第5回千葉しぼり17
レイレイさん サンダーボルトザク。
このザクカッコイインですよね~。後ろのゴチャゴチャ無でも、やっぱりカッコイイ!!!
第5回千葉しぼり18
いべまにさん作品。
これもtwitterで沢山画像が上がっていますね。
各スケールのミックスでの遠近法的作品。
後ろのザクなんかもしっかり作り込んでいました。
第5回千葉しぼり19
下田重工業さんのHi-νヘッド。
フルスクラッチの作品ですが、いい意味でオリジナルを出しつつまとめていて、いつか自分も挑戦してみたいジャンル。
第5回千葉しぼり20
学屋さんREリバウ。
これを製作途中をtwitterで見ていましたが、「なぜ自分はこれを買わなかったのか?」とても後悔しています(T_T)
第5回千葉しぼり21
もう1つ学屋さん作品のドムトローペン。
ディテールの入れ方がとても気持ちいいです。
第5回千葉しぼり23
カワグチさんのMGネモ。こちらはMG誌作品。
この前見たばかりの模型誌に載ってた作品が生で見れるなんて・・・
第5回千葉しぼり22
アーリーチョップさんMGジェガン(コンロイ機)のMG誌作品。
個人的にtwitterやブログを覗かせて頂いてますが、好きなモデラーさんの1人です。
自分もMGジェガン持ってますので、頑張って作りたいです。
第5回千葉しぼり24
フリークショウさんのザクⅢ改。MG誌の作品です。
1/100サイズでこのまとまりは流石です。
第5回千葉しぼり25
なんとセンチネル本に掲載されている作品!
30年前の作品と書かれていますが、今見ても格好良すぎる。
生で見れてホントに嬉しかった(^o^)
第5回千葉しぼり26
直井さんのゼク・ツヴァイ
これ1/100のスクラッチですよ!!
工作技術からボリュームから本当にスゴ過ぎてため息しか出ないとはこの事!!!

今年もとても内容の濃い1日でした。
超絶モデラーさんが多い中、いろいろ作品に対して質問して下さったり、嬉しいお言葉を頂いたり本当にありがとうございました。
1日中模型話で楽しい時間を過ごさせて頂きました。

そしてこの展示会でしかお会い出来ない方ともご挨拶やお話が出来て、ある意味この展示会が生存確認的な・・・。
もちろんtwitterやブログで見てはいますが、やはり笑顔で会える事も毎回の楽しみでもあります(^o^)

まだ来た事の無い方や、参加してみたいと思っている方も来年こそ来てください!
絶対最高の時間を過ごせるはず!!

そして、早速来年のお題が出ましたね。
後に千葉しぼり代表のn兄さんより公式に発表があると思いますが・・・「エース機」だそうです。
ガンダムはもちろん違うジャンルでもOKだそう。
更には「自分がエースだ!」っと言って自分専用でもOKだそうです。

ガンプラはキット化されている半分以上がエース級パイロットの機体だと思うので、選ぶ機種もかなり幅が有ると思います。
毎年エントリーが数時間で終了する展示会ですが、それだけ沢山の方が注目している展示会でも有ると思うので、
来年も必ず参加出来るようにプラモ作りをもっともっと頑張りたいと思います。

最後に長くなってしまいましたが~、
主催された千葉しぼりメンバー様。参加された皆様、見学に来られた皆様。本当にお疲れ様でした。

次回はAGE2ヌアザ公開です。





スポンサーサイト
[ 2018/10/21 15:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

泣いても笑っても来週は・・・

来週20日(土)は待ちに待った「千葉しぼり展示会」でございますよ!!(^o^)

自分はこれから荷造りを少しづつ進めて行く感じで、ドキドキを高めていく感じ。

・・・で、
今回は選手権作品はもちろんの事。一般卓で2卓を押さえていますので、いつもよりも多めに作品を並べる予定です。
それと当日参加のセンチネル卓にも作品を置かせて頂くつもりです。

って事で、とりあえず一般卓展示予定作品達。
ブロックヘッド完成18
マックスファクトリー製 ブロックヘッド(Xネブラ対応型)

HGUC ZⅡ完成35
HGUC ZⅡ

MGパワードジム完成23
MGパワードジム(プレバン)

MGガンキャノンディテクター完成33
1/100ガンキャノンディテクター(RE1/100じゃないよ!!)

ディザートザクヘッド完成7
ディザートザク(ガチャガチャザクヘッド改造)

卓スペースに余裕が有れば・・・
MGジムカスタム完成25
MGジムカスタム

そしてセンチネル卓
MGゼータプラス完成20
MG  Zプラス  か?・・・

バーザム前
MGバーザム(リファイン版)
の、どちらかが並びます。
センチネル卓は今回カトキハジメデザインのメカもOKのようで?「1人1作品のみの展示」との事なので、
一応2体持って行って、周りの状況と相談しながら作品を並べる予定です。
もしかしたらもう1体は一般卓に無理やり奥かもしれません。

そして選手権作品は、完全公開はしませんが~   こんなの・・・
MG AGEⅡ完成1
MG AGE2 のミキシングです。
一応「接近戦に改修された機体」って事で「AGE2 ヌアザ」っと名前にしてます。
まぁ~名前の由来は前回記事で書きましたが、公開と同時に改めて書かせて頂きますね。

って事で、各卓の展示作品が9個程有りまして(^_^;)
選手権卓、センチネル卓は良いとして~  一般卓作品が多めなので、
これから実際の卓寸法を作ってシュミレーションしてみますが、もしかしたらパンパンになり過ぎてしまったら、
数を減らす事も有ると思うのであしからず。

本当は隠し玉を一体展示したいと考えていますが・・・・ちょっと厳しいかな・・・・(^_^;)

って事で、当日来られる方は是非是非「たけぞう」の名札を探して頂いて、声を掛けてくれると嬉しく思います。
それでは!会場でお会いしましょう!!

[ 2018/10/13 09:34 ] MG AGEⅡ | TB(0) | CM(0)

千葉しぼり展示会に向けて・・・

9月も今日で終わり、今年も残り3ヶ月ですか~~早いな・・・(^_^;)
関東ではここ最近雨が多く~、その為か?肌寒い日もチョコチョコと有りすっかり秋な感じ。

そんな芸術の秋!ガンプラな秋!!(強引につなげてみた)
こんな天気が悪い日はプラモを弄るのも良いのですが、普段使っているツールのメンテナンスもいかがでしょ!?

って事で先月のモデグラを見て早速マテリアルを揃えてみた。
メンテナンス
文を読んで「ん??」って気が付いた人いるかな??
「いかがでしょ!?」っと言っておきながら「メンテ用品を揃えてみた!」って今まで持ってなかったんじゃん!って(爆)

そうなんですよ~自分、エアブラシを購入してから10年以上ノーメンテで今まで使ってました(^_^;)
もちろんツールクリーナー等では洗浄していましたが、「最近ピストンの動きが良く無いな・・・」なんて思っていたら、この本で!!
いやっ ホントお恥ずかしいお話で~
良く言えば「10年以上ノーメンテでも壊れない」って事も証明された?けど、
逆に言うと「良く何も無く使えてたな」って感じですね(^_^;)

グリスアップと同時に模型仲間よりコーティング剤を頂きまして、同時に散布。
当然メンテ後はメチャクチャ使い易くて新品のような使い心地で大満足(^o^)

筆はここ最近汚し塗装を勉強してから一気に増えまして~、やっぱり使用後に毛先の広がりが気になりコンディショナーを投入。
たぶん知らないのは自分だけだと思いますが、この記事を見て知った方は是非メンテナンスしてみてください。


そして、もう1つ秋にピッタリな展示会が10月20日(土)に有りますね。
そう!浅草橋 東京商業センターで行われる「千葉しぼり展示会」の「ミキシングビルド選手権」です。
自分も選手権・一般卓と両エントリーしていますので、1ヶ月切ってますが当日盛り上がる為に頑張ってます!
MG AGEⅡ20
今回はAGE2ベースですが、普段あまりやらないデカールで遊んでます。
MG AGEⅡ21
参考にしたのはOO系のデザインをAGE2に落とし込んでいるイメージ。
とは言いつつも形状は全く違うので、そこはオリジナルで!
MG AGEⅡ22
凹凸が有る所や、ディテールの入れやすい所は気にならないのですが、
脚とかディテールの入れにくいデザインをしていたので、こういったデカールワークで間延び感を抑えられるかな?なんて・・・

大したモノではありませんがベースなんかも作ってますので、当日格好良く展示できるように頑張ります!!

[ 2018/09/30 11:32 ] MG AGEⅡ | TB(0) | CM(0)

1/72ブロックヘッド Xネプラ対応型 公開です。

前回のHGUC ZⅡに引き続き、完成作品の公開になります。
遅くなってしまいましたが、HGUC ZⅡを出したポストホビー厚木店さんのコンテストにて、
実はキャラクター部門にもエントリーしてまして、人生初のダブルエントリ―だったのですが・・・
なんとブロックヘッドも「銀賞」頂いちゃいました(^o^)
ブロックヘッド完成2
前回記事で、汚し・ダメージ加工・塗装を教えて頂いた事を、今回のブロックヘッドに実践させて頂きました!

って事でマックスファクトリー製 1/72ブロックヘッド(Xネプラ対応型)の塗装前の状態です。
ブロックヘッド製作1
今回初めてバンダイ製以外のプラモデルを作りました。
頭・前腕・モモ・フクラハギ・関節部には合わせ目が出ますので、合わせ目消し・後ハメ加工が必要になります。
その後、プラチップやプラ棒・ディテールアップパーツ等でディテールを増やしました。
最後にリューターでダメージ加工を増やしまして下処理終了 → 塗装しました。

ブロックヘッド完成3
下に行けば行くほどホコリのような汚れをイメージしています。
ブロックヘッド完成4
バンダイ製に慣れている為に、大きいヒケ等少々手間のかかる部分は有るものの、ストレス無く組めるキットです。

それでは頭から~
ブロックヘッド完成5
頭はど真ん中に合わせ目が来るので、コックピットパーツの後ハメ工作がキットの中でも一番大変な部分でした。
たぶんリューター無いと厳しいかも(^_^;)
当然中の人もしっかり塗り分けました。

ブロックヘッド完成6
胴体部はエッジ部を多めに汚しています。
ブロックヘッド完成7
後ろは逆に汚し・ダメージを弱めにしています。

ブロックヘッド完成8
肩は、形状から判断するにシールド的な使い方や、ショルダーアタックが出来そうと思い、どこよりもダメージ多めにしています。

ブロックヘッド完成9
腕は右腕よりも左腕の方が多めにダメージ加工。
理由としては右腕はライフルを持っているので、とっさにガードとして出る腕が左腕って事を想像してみました。

ブロックヘッド完成10
脚はヒザ辺りから下に向かってウェザリングマスターでホコリ表現。下に行けば行くほど強めに汚しています。
ブロックヘッド完成11
フクラハギの白いラインはキット付属の水転写デカールを使用。
マークセッターとマークソフターを使いまくってどうにか貼る事が出来ました。

ブロックヘッド完成12
ライフルは紛体からストックにかけて、そしてマガジンに合わせ目が出ます。
ブロックヘッド完成13

ブロックヘッド完成14
今回はコンテスト作品だったのでベースもしっかり作ってみました。
ホームセンターで木を購入しニスで塗ってはヤスリ掛けを繰り返しテロテロのツヤ有り台に、
プラ板とスチレンボードでベースを作り、その上にタミヤの情景用テクスチャーペイント(砂)をペタペタ塗りました。

ブロックヘッド完成15
ダグラムのイメージが「砂漠」だったので、誰もが想像出来そうなベースにしてみました。

ブロックヘッド完成16

ブロックヘッド完成17
今回初めてな事が多かったブロックヘッドでしたが、凄く楽しんで作る事が出来ました。
細かい事を言うと、ミリタリー等では「あるある」の作品に指紋が・・・とか突っ込む所は満載なんですが(^_^;)
まずは「楽しめた事」が何よりも大事だし、何だか自分の製作スタイルの「幅」が増えた気がします(^o^)

ブロックヘッド完成18
これを切っ掛けにジオン系はもちろん、他のキャラクターも作りたくなった今日この頃。
何だかんだ理由を付けて、こういった表現を避けて来たのですが、今更ながら「なぜやらなかった??」っと自分で思いますね。
そもそもこういった表現法を教えてくれた模型仲間に感謝です(^o^)


次回は何を汚そう!?っと考える時間が楽しい!!!
てことで、最後までご覧頂きありがとうございました。




[ 2018/09/15 16:53 ] 1/72ブロックヘッド | TB(0) | CM(4)

HGUC ZⅡ完成公開です!!

少しばかり仕事がごたついてまして~~ 
遅れてしまいましたが、コンテスト結果と共に公開でございます!!!

先日行われたポストホビー厚木店さん プラモデルコンテスト in SUMMERにて、
ガンプラ部門 金賞頂きました!!(^o^)
HGUC ZⅡ完成2
コメントにもありますが、今回のHG ZⅡは「画像を見たと時に1/100と見間違うくらい細かい所を頑張ってみよう!」を目標に・・・
バランス変更は当然ながら各部の精度アップを頑張ってみました。

って事でいつも以上に画像が多くなっていますが、改修内容含め最後までご覧頂けると嬉しいです。
頭部から
HGUC ZⅡ完成3
フェイスパーツは浅いスジ彫りを彫り直し、アゴ下を削り込み小顔化。
ヘルメット部はトサカ部を削り込んで直線的にしスジ彫りを追加。
本来ZⅡはバルカンが設定に無いのですが、SFF等見ると薬莢の排出口のみが存在。ノミ等で彫って再現しました。
アンテナセンターの赤いパーツは薄く感じたので両サイドに0.3mmプラ板を貼り厚みを出しています。
HGUC ZⅡ完成4
トサカ前後のメインカメラ部は携帯用覗き防止プラ板を貼っています。

HGUC ZⅡ完成5
腰上は胸部センターブロック(青いパーツ)を境に左右を切り離し、外側パーツを1mm削り込み再接着。
その時にセンターブロックの取り付け角度を上に上げて好みのラインにしています。
その青いパーツが全幅で2mm程短くなってしまったので、腹部(白いパーツ)も3分割して幅を合わせています。
同時に下面に2mmプラ板を貼り延長しバランスを整えています。

胸センターブロック上の赤いパーツは削り込みで薄くしています。

胸ダクトも青いパーツの幅詰めによりキットの物が付かなくなってしまったので、0.5mmのプラ板で新規製作。
なかの開閉ベーン風ダクトもプラ板より製作。別パーツ化により塗り分けを簡単にしています。

フロントアーマーは上下・外側サイドにプラ板を貼り足し大型化。
白い部分はGFFを参考に再現し情報量を上げています。

各部スジ彫り、ピンバイスでディテールを追加しています。
HGUC ZⅡ完成6
胸部背面パーツは前面パーツよりも更に2mm程狭くして肩パーツとの接触を緩和。
これにより素立ちの時に肩を後ろに動かせて、自然と胸を張った立ち姿を作る事が出来ます。
HGUC ZⅡ完成8
首後ろから伸びるアンテナ?バーは、裏側に0.3mmのプラ板でフレーム風な物を製作。(こちらもGFFを参考にしています)
HGUC ZⅡ完成7
首元はスジ彫り・ピンバイス等でディテールを追加し情報量アップ。
HGUC ZⅡ完成9
腰部フロントアーマー、股間パーツ裏はプラ板でフレームを製作し塗り分けています。
HGUC ZⅡ完成10
腰部リヤアーマー部もプラ板等でフレーム風に。
HGUC ZⅡ完成11
腰部サイドアーマーはGFFを参考にスジ彫り・ディテールを入れ、内側は0.3mmのプラ板でフレームパーツを製作。
HGUC ZⅡ完成12
肩は形状を変えていますが、この角度からだとわかりにくいので、全体画像より確認して下さい。
大きく変えた部分は、本来腕に肩を付ける作りをプラ板でフレームを作り取り付け方法を変えています。
ダクト部は黄色い部分を0.3mmプラ板で箱組みし、中には波板をハメ込み。
それぞれが別パーツになっているので塗り分けも簡単で精度を上げています。
HGUC ZⅡ完成13
腕はキットの形状がかなり残っている部分で、スジ彫り等で情報量を上げています。
マニピュレーターはビルダーズパーツのMSハンドを使用。それから更に手を加えています。
手首はプラ板にってフレーム風にポリパーツ隠し。
HGUC ZⅡ完成14
脚は大きく違う所は足首から下の部分。
キットの物は足先がかなり寝ていて前後に長い印象だったので、角度を立てて雰囲気を変えています。
当然足先の角度を変えると、つま先・カカトの角度・高さが合わなくなるので、延長等で各部を調整しています。

ヒザはプラ板にて延長しています。
モモ部とスネ部に合わせ目が来るので、それぞれ途中から合わせ目の位置を変えて対応しています。
モモの付け根の球体パーツは合わせ目を消した後に前後にスジ彫りをしてディテールを追加。
HGUC ZⅡ完成15
ヒザ裏関節パーツにプラ板にてディテールを入れて、二重関節風に。
モモ後ろ下側は旧設定画より大きく切り欠き再現。
HGUC ZⅡ完成16
今回頑張った脚部ダクトはキット物を辞め黄色い部分を0.5mmのプラ板で箱組みし、中の開閉ベーンもプラ板より新規製作しています。
HGUC ZⅡ完成17
ダクト上面も下面同様の工作をして情報量をアップ。
HGUC ZⅡ完成18
バックパックメインスラスターはスジ彫りし直し・追加スジ彫り・ピンバイス等で情報量をあげつつブラッシュアップ。
HGUC ZⅡ完成20
マスキングにて各部塗り分け。
HGUC ZⅡ完成21
サブスラスター?は上側の開閉バーンをプラ板にて作り直し、
下側はキットの物を削り込みでシャープ化。
HGUC ZⅡ完成24
ライフルはグリップ部をGFFを参考に作り直し。
ライフルの全長が長いと感じ、後ろ側を10mm程短縮し重ったるいイメージを解消。
こちらもスジ彫り・ピンバイス・プラ板新規パーツで情報量アップ。マスキングにて塗り分け。

全体像になります。
HGUC ZⅡ完成25
どちらかと言うと、キットは旧設定を再現しているのですが、リファインされたGFFな印象に徹底改修してみました。
HGUC ZⅡ完成26
バックビューもなかなか決まるようになりました。
HGUC ZⅡ完成27
バックパックのセンターパーツは取り付け時に先端が少し前になるように調整。
両サイドパーツは上がり気味な印象だったので、取り付け位置軸の受けを変えて調整しています。
HGUC ZⅡ完成028

HGUC ZⅡ完成29
今まで1/144を製作しえ来ましたが、どちらかと言うと大き目のキットが多かったので、
まぁ~細かい部分はまだまだですが、この大きさでもそこそこ見れるので一安心です。
HGUC ZⅡ完成30
MGゼータプラスを製作した時も書いてますが、やはりゼータ系は変形機体って事も有り?立体映えする印象。
もちろんスジ彫り等増やしているので当然なのですが、目に飛び込んでくる情報が多くて楽しくなりますね。

今回はコンテストの基準に従って、台座への固定が義務づけられているので新規製作。
HGUC ZⅡ完成33
今回のコンテストの狙いとしては、「周りは市販品を使用・又は市販品+αでくるであろう」予測をしていたので、
少しでも他とは違う物と思いホームセンターでベースとなる木を購入し、ニスで塗っては研ぎ出しを繰り返す事5回程。
画像では分かりにくいですがテカテカの木のベースに、プラ板より製作したプレートをセットして完成。
HGUC ZⅡ完成34
こんな感じです。

HGUC ZⅡ完成35
最後までご覧頂きありがとうございました。
今回の「1/100と見間違うくらいの精度を・・・」を目標に製作して来ましたが、いかがだったでしょうか??
1/144もしっかり作り込むと、しっかり答えてくれる事を新たにしれた感じで、1/144の楽しさを更に知れた今回でした。
コンテストでも賞を頂けた事も有り、忘れられない製作となりました。

まだあと2週間程ポストホビー厚木店さんにて展示していますので、お近くの方は生で見てやってください。


って事で次回はマックスファクトリー製 ブロックヘッドの完成公開となりま~す。




[ 2018/08/31 22:09 ] HGUC ZⅡ | TB(0) | CM(6)