「千葉しぼり」さん展示会まで、あと1ヶ月か~

タイトルにもなっていますが、「千葉しぼり」さん展示会まで1ヶ月程となりました。
今年のお題はシネマですので、自分はトランスフォーマーからオプティマスプライムで参戦でございます。
既に単体では公開していますので気になる方はカテゴリより見て頂けたら嬉しく思います。

で、今回はジオラマ or ビネット込みが条件ですので、自分も作って先日公開したのですが~、
何せ「ジオラマは初めて」って事でサクッと終わらせて満足したのですが、後に見れば見る程面白味に欠けていると感じた為、再度追加工作しました。
一応前回まではこんな感じ・・・
オプティマス ジオラマ完成1
何度見ても面白味のないベースだ!(^_^;)

そして少し手を加えたのがこちら。
オプティマス ジオラマ完成14
スチレンボードを手でちぎって → 重ね・・・を繰り返し壊れたブロックみたくして、その周りに砂利を少々。
オプティマス ジオラマ完成15
前回よりは少し見れるようになったかな?
ホントどこで止めたらいいのかわからなくなって来た!ww

オプティマス ジオラマ完成16
太陽光で撮影した方がそれっぽいかも!?
って事で展示会へ向けての追加工作でした。

そして、それ繋がりで今回新たに画像をリニューアルした名刺を200枚程刷りました。
名刺2017
一般卓に展示させてもらうMGジムカスタムとゼータプラスの2種類。
基本的なデザインは前回のままで、画像のみを入れ替えた感じです。
なるべく沢山の方にお配りしたいと思っているのですが、出来る限り手渡しで・・・っと思っていますので、
先品前には「ご自由にどうぞ」的な感じでは置く予定が無いので、もし来られた方は声を掛けて頂けると嬉しいです(^o^)
まぁ~この辺りは直前になって、再度書かせて頂きますね。


少し前置きが長くなりましたが、ガンキャノンディテクターのランドセルの続きです。
っと、そうそう!!その前に~
前回のランドセルが付いた記事の事で、お礼を言わせてください!!!
何だかあまり見ないガンキャノンディテクターって事も有り!?沢山の方が「拍手」を押してくださったようで、今29拍手。
「今までこんな数字見た事ないよ!」ってくらい押して頂けました。しかもまだ製作途中なのに。。。ありがとうございますm(__)m

まだまだ細かい部分や工作の粗い部分が多く、完成まではもうしばらく時間がかかると思いますが、
引き続き沢山の方に見に来て頂けるように頑張りますのでよろしくお願いいたします(^o^)

って事で。
MGガンキャノンディテクター37
MGリゼルのサイドアーマーも短く加工してこんな感じで落ち着く予定です。
バラすとこんな。。。
MGガンキャノンディテクター38
10パーツ以上で構成されています。
実際はここまでバラバラにする必要も無いのですが、何でもかんでも接着していってしまうと整面時に精度が出せないので、
自分は部品ごとに組み付けられるようにしています。
塗り分けもこの方が簡単で一石二鳥って言いたいのですが、自分はそこまで沢山塗り分ける塗装をしないので、
ここから数パーツを確認しながら接着し、たぶん・・・2~3色程で塗り分ける予定です。

MGガンキャノンディテクター39
一応ランドセルのデザインはGFFを参考にしています。
その中でもリゼルのサイドカバーで製作した外装は、いかにもカバーっぽくしたかったので、
円錐部に被さっているイメージにしてみました。
サイドに有る筒にフィン状のパーツは以前HGガンキャノンからガンキャノンⅡを製作した時の余りパーツで、ランドセルの部品です。

MGガンキャノンディテクター40
後部のフィンは0.5mmのプラ板より製作。
この辺りも塗り分け出来たら・・・と考えています。

うっすら見えていますが、ヒザや右肩上のビーム砲も付いて来ています。
何とか展示会までには形状を出して展示が出来そう。
もちろん塗装まではいかないので「製作中」って事で展示予定です(このまま行けば)

さぁ~ディテールも考えていかなくちゃ・・・

って事で引き続き頑張りま~す。
スポンサーサイト

すっかり秋めいてきた!

朝晩の気温が涼しく感じるくらいになり、セミの鳴き声からコオロギの鳴き声に変わりすっかり秋ですね。
秋と言えば、「食欲の秋」・「スポーツの秋」・「芸術の秋」なんてありますが~
皆様はどんな秋がお好きでしょうか??

いや~自分は、最近楽しいんですよ~筋トレが!ww
自分はどこに行きたいんだ?って思ってしまうくらい・・・(^_^;)
「将来は筋肉モデラー目指すぞ!!」(嘘)

前置きはこの辺にしまして、前回の予告通りガンキャノンディテクターのランドセル製作記事になります。
まずは芯となる部分。
MGガンキャノンディテクター28
凄くシンプルな部分なんですが、簿妙な角度が合わさるデザインで思ったような感じにならず、2個目の製作に。
基本的には1mmのプラ板の箱組みになります。
センター部、これはセンサーなのかな?は市販ディテールアップパーツで再現。

続いて両サイドのキャノン部分。
MGガンキャノンディテクター29
雰囲気を見る為にザックリな形状出しですが、ここまでで6分割くらい。
MGガンキャノンディテクター30
基本的にはROBOT魂のデザインを参考にしていますが、
上面のフェアリング部は少しでも楽をしたいと思ってMGリゼルのサイドアーマより流用。
色がリゼルしちゃってるので「いかにも」感100%なので、今後長さや形状を変える予定です。
これを2セット作って・・・
MGガンキャノンディテクター31

MGガンキャノンディテクター32
ボディー本体は逆の結構カクカクなデザインなランドセルなので、プラ板箱組みでも精度が出しやすい感じ。
サイズ感はと言いますと・・・
MGガンキャノンディテクター33
設定画と照らしあわすと、まあまあな感じです。
やっと雰囲気が見てて来たような・・・

そうそうそう言えば気が付いた方いるかな??
足をどうやって再現するか、ずぅぅぅぅ~と悩んでいたのですが、少しづつ自分の中で組み立てられるようになりましてね。
とりあえずフレームの芯が出来てます。
そちらは次回にでも。

で、後ろから。
MGガンキャノンディテクター34
カバーは付いていませんが大体こんな感じ。
ここからディテールを増やして更に設定に近付く予定です。

当然動きます。
MGガンキャノンディテクター35
結局のところ、この可動を再現する為に、まず頭と肩の装甲(シールド)にのクリアランスを計りキャノンの太さが来ますのですが、
細いと貧弱になるので、各パーツに干渉しない限界の太さが割り出され → その幅が決まり → ランドセルのサイズが決まる。
っと言った感じに、実はなかなか考えて作ってたりもします。
まぁ~自分からこういう事言わないと、無い物作る大変さも伝わらないですよね(^_^;)

MGガンキャノンディテクター36
って言いながらも、こうやって進んで行く工程は楽しい部分の方が大きいんですけどね(^o^)

こんな感じで徐々に各部作り上げていく予定ですが、
少々本業が納期に合わせてドタバタしてまして、思うように進んでいないのですが、何となく雰囲気は見えて来た感じ。

脚作ったりランドセル作ったりとフラフラしていますが、引き続き頑張ります!!

タカラ デュアルモデル オプティマスプライム完成です。

お盆休みはズ~~~と雨な日で終わってしまいましい、出掛ける用事も無くゴロゴロしてました。
そんな中でも1日だけ映画に行きまして~
「トランスフォーマー /最後の騎士王」 を見て来ましたよ!しかも4DXで!!
当日は「休み」って事もありメチャクチャ混んでいて、空きが4DXしかなかったの。
かなりお高めな値段設定でしたが、まぁ~1度は体験しとかないと・・・って事で楽しんでまいりました(^o^)
ちなみに明日は 「ワンダーウーマン」 見て来ます!!(^o^)

それ繋がりでは無いのですが、この休み中に10月に行われる千葉しぼり展示会の作品を撮影しましたので公開です。
一応レギュレーション詳細が詳しくわからないのですが・・・
当日はジオラマ展示になるのですが~、全貌の公開は当日まで非公開って事にして単体での完成画像になります。

それではタカラ デュアルモデル / オプティマスプライム 全体から。
オプティマスプライム完成1
何年前に購入したか忘れてしまいましたが~、
映画トランスフォーマー作品の中でも3作目の「ダーク サイド ムーン」のオプティマスプライムになります。
オプティマスプライム完成2
今だと、ガンプラで言うハイレゾリューションモデルっと言った所でしょうか??
フレームはほんの少しだけ組まれていて、パーツを組み付けて行くイメージ。
なんですが・・・
パーツ点数も多く、更にはパーツの合いが悪い部分も多く、素組みだけでも擦り合せ等でかなり時間のとられるキットでした(^_^;)
それでも出来上がるとガンプラには無い見応えのあるキットなので、そんな苦労も吹き飛んでしまいますね。

ちなみにこのキットは外装パーツにデカールが貼られている状態で梱包されているので、素組みのままでも十分にカッコイイです。
ですが、しっかり作り込みたいモデラーにも考慮して、ちゃんと水転写デカールも入っています(^o^)
オプティマスプライム完成3
頭部はフェイス部のみ差し替えでノーマルモードとバトルモードと選ぶ事が出来ます。
こちらがバトルモード。
オプティマスプライム完成4
これは好みですが、自分的にはノーマルモードの方が好きかな。

オプティマスプライム完成5
バストアップです。
ご覧頂いてわかると思いますが、今まで自分ではやった事の無いダメージ・汚し塗装をしています。
最初の考えではベースにシルバーを塗って、シリコンバリアー散布後に本塗装、引っ掻き・・・と思っていたのですが、
シリコンバリアー買に行くのも面倒だし、やった事無く上手く出来る保証も無かったので、今回は全て塗装で行っています。

フレーム等のメタリック系は5種類程揃えてエアブラシと筆で基本塗装
外装はシャインレッド(Mrカラー)とゼータブルー(ガンダムカラー)です。
全てクリアーでコートして後、エナメル塗料のフラットブラウンとフラットブラックを混ぜたものでウォッシング。

その後フレーム部と外装はシルバーでドライブラシ。
スポンジでポンポンしたり筆でキズを書き込んでいます。
最後に足元からヒザ辺りまで、アクリル塗料のバフでホコリ感を出しています。
オプティマスプライム完成6
メッキパーツはそのまま生かしているので合わせ目が出ています。
その辺りは汚し等であまり目立たないかな??
マフラーの焼けはクリアーブルーとオレンジでコートし、出口部分はつや消しのブラックで煤汚れ風にしています。

オプティマスプライム完成7
各部のデカールなのですが、キット付属の水転写デカールがかなり厚みが有り、
まぁ~~~~硬くて局面に馴染まないのなんのって(^_^;)
マークソフターを使っても肩の青い箱状のパーツは馴染まずに数か所切込みを入れまして・・・泣かされましたwww

オプティマスプライム完成8
ちなみにこの指はしっかり動きます。
動かすとポロリが激しいので、抜けないように凸の先端を熱して潰して抜けにくくしています。

オプティマスプライム完成9
正規の値段だとこのキット1万円越えなんですけど・・・前述にも有るようにパーツ点数が多いので、
この足の各爪はそれぞれ稼働します。
なので多少の段差でもしっかり接地して立つ事が出来ます。
オプティマスプライム完成10
各ホイールもメッキパーツになります。
いろいろ試したのですが、大げさなくらい汚れている方がメリハリがあって良いようです。
ちなみにホコリ塗装は下側が強めで、上に行くほど弱くグラデーションを付けています。

オプティマスプライム完成11
ガンプラと違って、各部クリアランスがしっかり取れているので塗装剥げを気にする事無くグリグリ遊ぶ事も出来ます。

オプティマスプライム完成12
大きさも30cm程有るので存在感も十分なオプティマスプライムです。
アマゾンでもまだ買えるようなので、トランスフォーマー好きな方はいかがでしょうか??
ちなみに同じ種類でバンブルビーも持っているので、いつかは完成させたいと思っています。

それと・・・同じモデルで、映画トランスフォーマー4作目の「ロストエイジ」バージョンのオプティマスプライムも有るんですよ!
こちらは今回のキットよりも作りやすくお値段も少し押さえられているんで、購入しようか考えていますww

オプティマスプライム完成13
最後までご覧頂きありがとうございました。
ガンプラとはまた違う面白さ・難しさでしたし、初めてのダメージ・汚し塗装って事もあり、突っ込みどころ満載かもしれませんが、
自分の中ではなかなか満足のいく作品になったと思っています。
これによって汚しに目覚めた訳ではありませんが、こういった表現もチョコチョコ取り入れても良いかな?っと思わせてくれた作品でもありました。


最後に少しだけ「お・ま・け」
10月の千葉しぼり展示会のベースも作りました。
オプティマス ジオラマ完成1
いろいろ悩んだ結果、スチレンボードでのベースにしました。
トランスフォーマーだと市街地のイメージが有ったので、いわゆるストリートな場面に、戦友の兵士とハンビーを配置。

オプティマス ジオラマ完成2
一応最新ぽいハンビーとアメリカ現用兵のそれぞれキットの組み合わせになっていますが、そこそこ古いんですよ(^_^;)
特に兵士の武器が・・・
こちらも突っ込みどころ満載な感じですが、雰囲気だけでも伝わればと思っています。

オプティマス ジオラマ完成3
後ろの方にも1人います。

オプティマス ジオラマ完成4
あまりにも殺風景なベースなのでニューヨークスタイルの消火栓をプラパイプ、バーニア、ディテールアップパーツで作りました。
ここにオプティマスプライム立たせるとほとんど見えなくなっちゃうんですけどね(^_^;)

そのオプティマスを載せてしまうと本当に完成になってしまうので、10月までお預けって事でお願いします。
後はタイトルプレート等を作って、もう少しデコレートする予定です。


次回はガンキャノンディテクターに戻ります!ランドセルをプラ板で作ってます!!



ジムはジムでも。。。

お盆休みに入りました!今年は少し長めの6日間の休みでございます。

そうそう、先週ポストホビー厚木店さんに展示させてもらっていた作品を回収に行きつつ、
今度はMGザクⅠスナイパー(カークス機)を展示させてもらう事になりました!!
MGザクⅠスナ完成10
前回同様2ヶ月程(10月の頭)まで展示してありますので、お店に行かれた方は是非見てやってください。

で、話は模型から逸れるのですが~
最近41歳にもなる自分は、20歳くらいまで剣道をしてまして。
その後もマウンテンバイクでレースに出たり、とにかく体を動かす事が大好きだったのですが、
社会人になると、そういった時間がだんだん取れなくなってきて、今では趣味が模型って事もあり!?
筋力の衰えや、脂肪が付きやすい身体になって来ていると思い始めた今日この頃。

そこでウォーキング等試みるのですが、やっぱり1時間とか時間を取られちゃう訳ですよ~。
トレーニングジムに通う事も考えましたが、やっぱり通うのが面倒な感じがして・・・
じゃ~どうしようか?

そうか!自宅にトレーニングスペースを作れば良いのか!!
って事で買っちゃいました。
チンニングマシーン
チンニングマシーン(懸垂マシーン)です。
別名「ぶら下がり健康器」なんですが、安いモノだと¥7.000円程で買えるようですが、
自分的にはもう少し丈夫そうな¥12.000円の物を購入。

これ1台で上半身が鍛えられるのですが、下半身が全く鍛える事が出来ない事に気が付き、
直ぐに他のトレーニング器具をを購入。
スライディングボード
この白いマットなんですが~。
スライディングボードとかスライドボードって言って、少し前にEXILEのトレーニングの中の1つとしてテレビで紹介された事もあるようです。
いわゆるスピードスケート選手のようにこの上を左右にスライドして下半身を鍛える道具。
こちらも¥10.000円前後

これで家から徒歩0分のトレーニングジムが出来た訳です。
とりあえずはムキムキになる事が目的では無く、筋肉を増やして脂肪が付きにくい身体作りをしようと思ってます(^o^)


話しは模型に戻りまして、引き続きガンキャノンディテクターです。
今回は腰回り。
MGガンキャノンディテクター21
いきなり比較ですが、MGリゼルの物を小型化してガンキャノンディテクターの設定に寄せています。

MGガンキャノンディテクター20
ハイパーカットソーで切り刻んでから再構築して、サイドのディテールはプラ板から切り出しています。

そして腰部サイドアーマー。
MGガンキャノンディテクター22
サウドアーマー内側にクレネード弾?のような物が設定画からも確認出来まして、
プラパイプと市販ディテールアップパーツで製作。
更に受けをプラ板から切り出します。
穴はピンバイス&リーマーでパイプの大きさに。

MGガンキャノンディテクター23
サークルカッターで切り出し受けとなる基部を切り出し。
MGガンキャノンディテクター24
サイドアーマーと組み合わせるのですが、このサイドアーマー0.5mmと1mmのプラ板の積層で作っています。
以前の股間フロントアーマーの筒状のパーツや、肩部のラウンドしたシールドと同じ作り方で・・・。

自分の作りたいRを身の回りに転がっている筒(たとえばベビーパウダーとか塗料の瓶とか)
これに紙のガムテープorセロテープを貼り、この上でプラ板の積層を行うのですが、ポイントは瞬間接着剤を使う事。
普通のプラ用接着剤を使うと乾くまで時間がかかるので、思っているRよりも大きい物になってしまいます。

多少強引で、たまに指に瞬着が付く事もありますが、時短で思ったRにする事が出来ます。

MGガンキャノンディテクター25
裏側はまだ考えていませんが、Rがピッタリ合ってるでしょ!?
ついでにジャンクパーツから接続部を製作。
MGガンキャノンディテクター26
こんな感じになりました。

MGガンキャノンディテクター27
全体見ると、もう少し内部パーツ(グレネード?)が頭を出しても良いかな?なんても思いますが、
もう少し他のパーツを作ってから判断したいと思います。


そうそう、そろそろ千葉しぼり展示会の「シネマ選手権」のベースを作らないといけない。
ちなみにオプティマスプライムは大体塗装を終えていますので、休み中に単体で撮影して次回にでもアップ予定です。

それでは~

本格的に夏入りましたけど・・・

梅雨明けから2週間程経ちますが、台風の影響で?梅雨時期よりも梅雨みたいな今日この頃。
皆様夏バテせずに元気にプラモしているでしょうか??

只今製作中のガンキャノンディテクターも夢中になって改造作業を進めていますが、
今日は、その改造に集中しすぎて途中画像を撮り忘れる凡ミスをしたしまい、いきなり形になってしまった腕のお話です。

全体像から
MGガンキャノンディテクター14
左から、以前製作のMGリゼルの腕。 製作中のガンキャノンディテクター。 MGガンキャノンです。
前の記事にも書きましたが、肩パーツと前腕外装はMGガンキャノンから。
中身フレームは上腕からマニピュレーターまでMGリゼルの物を使っています。
こうやって並べると少しはわかって頂けるかな??

リゼルの上腕外装は見て頂けるように筒状の形状ですが、テーパーのかかった形。
これをガンガン削って真っ直ぐの筒状にしてからプラ板で段差を作り設定に寄せています。
更に前腕の分割位置を90度回して、更に設定通りに四角いディテールを入れつつ合わせ目をズラシテいます。
まだまだ粗いですが、イメージ通りになった感じ。

MGガンキャノンディテクター15
ガンキャノンディテクター特有のヒジパーツ?はMGリゼルの股間パーツを半分に切断してそれぞれ左右の腕に使用。

これね。
MGガンキャノンディテクター19


更に加工を進めまして。
MGガンキャノンディテクター17
ガンキャノンディテクターの記号でもある肩の前のシールドの基部。
プラ板からサークルカッターで肩外装に当たらない径で切り出し、積層で形状出し。
最後に真ん中で切断し組み立て式にしてます。
取り付け受け部はプラサポを使用しています。

MGガンキャノンディテクター16
更にジョイントパーツを作ってシールドを製作。

右肩のシールドはスジ彫り等でディテールアップ。
左肩は市販ディテールアップパーツでそれっぽくしました。

MGガンキャノンディテクター18
モモ部外装パーツ上面は球体フレームをカバーする感じで延長加工。
そして比較画像は有りませんが、外装下側の左右が下に向かって広がっていたのを、
パテで裏当てしてからガンガン削り込んで、人間と同じようなモモのラインにしてみました。

この肩パーツが付いたら少しはガンキャノンディテクターになるかな?と思ったのですが、
雰囲気は有りつつも、もう少しガンキャノンディテクターの記号を付け足さないとそれに見えないかな~。

まだまだ頑張ります!!