完成品お披露目第4弾

本日リゼルは本塗装に入りました。
なので、予告通り前作の完成品お披露目のラストでございます。

いつのコンテストか忘れてしまったのですが参加作品MG ZZガンダムです。

MGの中でも古い方のキットになると思います。
中にはダメキットと言う人もいるみたいですね(^_^;)
とにかく今のキットとは違って、面と言う面がユルユルでした。

そもそもこのZZを作る切っ掛けはマスターピースって本を見てなのですが、
細身なのにZZのボリューム感は失われないデザインに脱帽しまして・・・

もちろんキットを使うと大改造は避けれないと思い、
そのイメージのままに、キットのバージョンアップする手法(変形はオミット)で製作しました。

それではど~ぞ!
MG ZZ1
バランスの調整として、キットの埋まってる首をプラ板で延長、アゴを引けるように。
足の付け根のパーツを左右逆に取り付け、足首のフレームを延長加工してます。
それに合わせスネ横の外装も延長しています。
腕の取り付け位置を怒り肩になるように上へ移動。
今製作中のリゼルと同じようにフレームを製作しました。

MG ZZ2
肩取り付け部からヒジ関節まではMG ガンダムMk-Ⅱの物を使用。
腕横の羽(シールド)は定番の短くカットしています。
ダクト部くり抜いてスリットプラ板でディテールアップ。
ビームライフルの青い部分(機首)これまた定番の短くして、重ったるさを解消してます。

MG ZZ3
バックパックはキットのまま後ハメ加工と整面しているのみです。
この角度からのみちらりと見える肩の青い羽の外側ダクトですが、
キットの物を切り離してプラ板でフィン状の物を製作し、フレーム色で塗装して別パーツ化。

MG ZZ4
顔は頬を削って小顔化し、アゴの赤いパーツを0.5mm程上に移動角度も変えてあります。
額のハイメガキャノンはアンテナと一体だったので切断して別バーツ化。
プラ板で形状変更したのですがFAZZのようになってしまいました(^_^;)
アンテナはMGカトキガンダムとHGUC ガンダムMk-Ⅱから拝借。

肩パーツは面出しして、フレームを製作して肩だけでも跳ね上げる事が出来ます。
前腕はC面を大きくして青いカバーの取り付け位置が内側に寄るように加工。
これにより腕が細く見えるようになります。(これも定番加工のようです)
ダクトやモールドはプラ板やディテールアップパーツに変更してます。
手首HDMに変更してます。

MG ZZ5
フロントアーマーの突起はFAZZの物に変更しています。
足首フレーム延長、それに合わせスネ横の外装も延長しています。

スリッパはキットのデザインが好きになれなかったので、プラ板で積層して形状変更しました。
FAZZとは違うデザインにしています。

MG ZZ6
製作途中の唯一の画像。
アンテナの色が違ったり、向かって右側の肩が新規パーツで少し上がってるのが見えると思います。

あまりパーツの寄せ集めで製作したので、色がチグハグになってますね(^_^;)

いかがだったでしょうか?
流石にマスターピースに載っているZZのようにはいきませんが、
キットの良さを生かしての製作でも十分カッコイイZZになったのではないかと思います。

いつかはこのZZに並べられるFAZZを作りたいですね。

次回はリゼル出せるかな???


スポンサーサイト
[ 2013/11/09 17:22 ] MG ZZ | TB(0) | CM(10)