MG RX78-2ガンダム Ver.3.0完成です!

完成いたしましたよ~3.0!
やはりRX-78-2はカッコイイよぉ~~(^o^)

新しいから当然っちゃ~当然なんですがね。
今までO.Y.W版が1番と思っていましたし、今回の3.0は1/1の再現版として別に考えていたのですが~。
完成してみたら「何これ?めちゃくちゃカッコイイじゃん!」ってなった訳で・・・。

自分の中では3.0が1番になってしましました(^_^;)

今回は基本工作メインで、これと言って改修はしていないません。
なので、文は少な目・画像多めで行かせて頂きますm(__)m

とりあえず武器無正面から。
MGガンダム完成9
関節横のマルイチパーツは皆さんいろいろな考えで選択し製作されてるみたいですが、
自分は写真とセットで飾る事を考え、更にその写真が静岡で撮影したモノでしたので、
マグネットコーティング版では無くノーマルタイプを選択しました。

塗装はなるべく基本から離れないようにしています。
細かい所等1/1立像と3.0の説明書とでは違う所があるので、今回は1/1立像解体本に沿って塗り分けてみました。

やった事と言えば、あまいモールドの彫り直し・各所0.3mmや0.5mmのドリルのキリで彫り直し。
パーティングラインの処理・整面と誰でも出来る基本工作です。

そして後ろから。
MGガンダム完成10
フレームは1/1立像はガンメタが基本色なのですが、あまり好きになれなかったので、
グレー/ライトグレー/ガンメタ2種類を使用して塗り分けてありますが、
装甲を被せてしまうと、ほとんど見えなくなってしまいました(^_^;)

ヒジ・膝関節のメタル色は、基本はカッパ―(銅色)指定なんですが、実物の写真と少し違くみえたので、
どちらかと言うとゴールドをメインにカッパ―を足す感じで調色し、あえてツヤ消しでコートしています。


そしてコア・ブロック。
MGガンダム完成1
少し手抜きなマスキングなので、ここまで大きい画像にすると粗さが目立ちます(-_-;)
本来はパイロットの乗る下部分はライトブルー設定ですが、好みでグレーに変更。
アムロは乗せていません。その理由は後で・・・



ビーム・ライフル
MGガンダム完成2
これはVer.2.0と同じ構成ですね。
当然合わせ目が出来ない構造ですのでラクラクです(^o^)
中のメカ部はシルバーと少量黒を混ぜて明るめのガンメタで。
スコープ?センサーの中心部はピンバイスで1度くり抜いて、プラ棒で別パーツ化!簡単塗り分けしてます。


そしてハイパー・バズーカ
MGガンダム完成3
これも良く出来た構造です。
ビーム・ライフルもそうですが、1ヶ所グリップ部に合わせ目が出来ますが、
今までは絶対合わせ目が消しが必要の筒部もパーティングライン処理のみで、組んでいて気持ちいいです(^o^)

ハイパー・バズーカ後ろ側
MGガンダム完成4
ミサイルは自分も見栄え重視でレッドを選択。
今回はメッキのビーズ等は一切使用していません。


シールド!
MGガンダム完成5
ビーム・ライフルやハイパー・バズーカもそうですが、1/1は武器を持っていません。
(静岡ではビーム・サーベルを持っていましたが・・・)

なのでここはRGが基本になるかと思うのですが、本体がパネルラインやデカールで情報量が多いので、
シールドはデカール多めに貼りました。
最終的には背負ってしまうので表はあまり見えないのですが(^_^;)


コア・ファイターも作りましたよ!
MGガンダム完成6
せっかく展示ベースが付いている(拡張セット)ので製作しました。
拡張セットを購入した人はある事に気が付いたかな?

そう3.0拡張セットにはコア・ファイター用の展示ベースはクリアーピンクなんです。
自分はそれが許せなかったのでver.2.0の物から拝借しました。

あともう1つあるのですが・・・
垂直尾翼の塗り分けを忘れてます(>_<)
ま~言わなければスルーされるかな?なんても思いましたが、
指摘されると悔しので(^_^;)

それとキャノピーは怖くて塗り分けしませんでした(>_<)
いつか塗れるようになってやる!!

MGガンダム完成7
今回はアムロを塗り分けてみました(^o^)

いつもはランナーから切り離さないのですがね(^_^;)
始めての作業ですがとても楽しかったです。
極細の筆が無かったので今後購入を考えてます。

そう、ここにアムロが乗っているので、あえて本体のコックピットには入れませんでした。


MGガンダム完成12
3.0はツインアイ等がLEDで光らす事が出来ますが、今回は塗装で仕上げています。


ビーム・サーベル&ランドセル
MGガンダム完成11
ビーム・サーベル先端は1/1と同じようにステンレスの0.5mmを刺して再現。
ランドセルはインナーからバーニア部をシルバーベースで4段階に色を各パーツで変えて塗装しています。


標準装備
MGガンダム完成13
いわゆる基本スタイルですね。
何もしないでこの情報量。誰もが普通に手に入れる事が出来るっていい時代になりましたね。


そしてお恥ずかしいのですが、もう10年以上前になるのかな??
ガンプラに出戻った時のMGガンダムO.Y.Wと比較。
MGガンダム完成14
この時は、元になったゲームを知らなかったのでスジ彫り彫りが分からなくて、全て埋めています。
しかもまだ色が確立していない為に、レッドは暗いし(-_-;)
襟や胸ダクト等のパーツもイエローからの塗装なので、とても見る事が出来ません(>_<)

そう言った事は別にしまして、スタイルを見比べてください。
O.Y.W版はPGがベースになっているのでかなりマッチョに見えます。
更にシールドは厚く、ビーム・ライフルは薄くて貧弱に見えますね。

当時はこれがカッコイイと思っていましたが、やはり3.0を並べてしまうと~
3.0のバランスの良さが良くわかりますね。

これは3.0が好きか?嫌いか?ではなく、実際アニメのような俊敏な動きをするガンダムを見ると、
考えとしては決して離れてはいないと思いませんか??これはこれで「アリ」ですよね。


で、今回やりたかった「最終決戦仕様」
MGガンダム完成15

アップ。
MGガンダム完成16
最新ガンダムと違って羽が無いので、バズーカ2丁持ちはカッコイイっすよ!

実際使う写真は違いますが、こうやって棚に飾ります。
MGガンダム完成17
肩のマークやコーションマークは、この静岡版を元に張り付けています。
コア・ファイターも同時展示です。


やはりこの画像は外せないでしょ!!
MGガンダム完成8
当然お台場に行くと、この角度で1/1を見ますよね。
もちろん実物を見た時は興奮したのなんのって(^o^)

今でもこの画像を見ると、当時の興奮を思い出せる1枚です。

最後まで見て頂きありがとうございました。
冒頭にもありますが、特にスゴイ事は今回していませんが、
簡単製作でも充実感・達成感が有りました。

完成してみて、改めて3.0はとても魅力のあるキットだと思いましたよ。
まだの方は是非!



スポンサーサイト
[ 2014/04/04 23:12 ] MGガンダム3.0 | TB(0) | CM(16)

3.0組み立て中

今日は近況報告としてMGガンダム3.0は順調に組立中です。
MGガンダム3組立
さぁ~ここまで来たら、残すところは撮影のみ~。

ではっ
[ 2014/04/02 21:06 ] MGガンダム3.0 | TB(0) | CM(11)

確実に春が来てます!

世間では今日から春分の日を兼ねた3連休。
しかし自分は急ぎの仕事が有る為に本日は休日出勤(T_T)

日向に出るとぽかぽかで「あぁ~春が来てるな」なんて感じつつ、
「うお~プラモしてぇ~!」なんても心で叫んでみたり・・・(^_^;)

そんな中3.0は本塗装を何とか終了しています。
まずはフレームですね。
ガンダム3塗装中1
今回は1/1立像に寄せる方向での製作ですが、
先週に出したガンダム・ソリッド(1/1解体本)を見るとフレーム色がガンメタ設定なんですよ!
一応説明書を見るとグレー設定なんですがね。


ここでかなり悩みまして・・・
結局2色のグレーとポイント的にガンメタを使う方向で決定。

そして外装2色と武器系ですね。
ガンダム3塗装中2
武器系は基本的にガンダムカラーのファントムグレーで。
外装1はMr.カラーのクールホワイト + ライトグレー
外装2は上記に + ブラウンで調整しています。


そして外装各色物。
ガンダム3塗装中3
基本的には今までとレシピは変わらずです。
青・・・コバルトブルー + ホワイト + 蛍光ピンク
赤・・・シャインレッド + ホワイト + 蛍光レッド
黄・・・黄桃色 + ホワイト + 蛍光オレンジ

青と赤の明るい色は基本色に更にホワイトを入れて変更しています。
そして青は以前製作のHi-νの時とは違い、より青寄りにしています。


最後に残りのパーツをクールホワイトでシューっと!
ガンダム3塗装中4

細かいパーツが多いので持ち手が各色ギリギリな感じで進めてました(^_^;)
あっっ 一番上の画像になりますが、この持ち手「たけぞうオリジナル品」でして・・・

1.6mmのステンレスの棒(3種の長さ)にこれまたステンレスのM4ナットを溶接して、
100均で最小の目玉クリップをボルト止めしたモノなんです。
長さを変える事でパーツ同士の接触を避ける作戦(^o^)

もちろんボルト止め(工具は不要)なので首も振る事ができます。
その内の数本はクリップ部を強度が落ちない程度に削って小さくして使用しています。

たいていの物はこれで持つ事が出来ます。
そして何より最大のメリットは全てが金属で出来てますので、
塗装によって積もった塗料は持ち手事シンナーに漬けておけば新品のようになりますし、
面倒なら100均でクリップを買って付け替えれば良いのです。
(確か20個くらい入って100円だった)

皆さんいろいろな方法で塗装用の持ち手製作されてるみたいですよね。
私の本業がある意味出てしまった感じですね・・・(^_^;)
この持ち手、お勧めしようがないのですが「こんな物使ってますよ!」なお話でした(^o^)

この後はスミ入れ、デカール、トップコートに順で進めて行きます。
引き続き頑張ります!!
[ 2014/03/21 20:15 ] MGガンダム3.0 | TB(0) | CM(14)

ガンダム3.0&花粉はかなり・・・

今日からMGガンダム3.0ですが、ザクⅠスナイパーを塗装してる時に並行して組立をしていました。
自分好みに改修しようと考えたりしてたのですが、

やはり1/1立像ガンダムが存在しますし~、
何より1/1と一緒に撮った写真と並べたいと思い、あまり改造しない方向での製作に決定。

それとは別に MGガンダムX & MG版ガンダムDXの製作依頼のお話を頂きまして・・・。
こちらバイク仲間でもあり、人生の先輩でもある方から。
基本的に依頼は受けていないのですが、他の方に製作する事がたぶんこの先も無いでしょうから、
挑戦も兼ねて引き受けさせて頂きました。

もちろんblogにも掲載OKを頂きました(^o^)

って事で、早速MGガンダム3.0に行きましょう。
ガンダム3製作1
実際組み立ててみると、思ってる以上に良い出来です。
既に全面にペーパーを当てて、整面も終了しています。
見にくいですがサーベル先端に0.5mmのステンレス棒を追加しています。

ここまで来るのにかなり時間かかってます(^_^;)
最新キットは久々って事もありますが、なかなか難易度の高いキットですね。
当然MGν ver.kaを組んだ事がある人は「大した事無い」と思うかもしれませんが・・・

ガンダム3製作3
とりあえず気になっていた所は、四角く見える頭とRX-78系特有の肩の低さ。
そして胸部ダクト外側の青い部分が厚みがある事。

しかしこの辺りは自分好みに製作する分には訳ない工作なんですが、
写真と並べた時にあまりにもイメージが違うのもね~(^_^;)
そんな中でも肩はポージングでどうにでもなりそうです。

ガンダム3製作2
こんな風に撮影すると、まんま1/1立像ガンダム。
やっぱり初代ガンダム好きですわ~(^o^)
この格好良さは来てますね~(^o^)花粉もかなり来てますが・・・(>_<)

ガンダム3製作4
完成形は「最終決戦仕様!!」
この時点で1/1と写真とは変わってしまいますがね(^_^;)

立像ガンダム
そして最後に・・・。
実は一昨年くらいにMGガンダムO.Y.Wで1/1を再現しようと資料を購入していました。
これは1/1の説明書と言ったら良いでしょうか!?
分解図等見えない所まで載ってます。

結局頑張らなくても再現出来るようになったので、なるべくこの資料を基に製作しようと思ってます。
そして、実は既に塗装に入ってます(花にティッシュ詰めながら)
パーツ数が多いので1日1色程度しか塗れませんが、
ストレート組みなので天候次第ですが早めにアップ出来そうです。

ではっ





[ 2014/03/15 15:03 ] MGガンダム3.0 | TB(0) | CM(14)