MG版ガンダムDX公開

何だか展示会に向けて追い込みをしていたのもあり?
それとも、今年も残すところあと2ヶ月って事もあり??何だか今でもドタバタしている感じですが(^_^;)
やっとこの日を見返る事が出来ました(^o^)

いや~長かった~~(遠い目)
「あ~だ、こ~だ」言う前に、とりあえず行きましょうか!!

今回は比較画像を用意した為にとても多い画像になっていますが、解説を踏まえつつお付き合いください。
大変お待たせいたしました!MG版ガンダムDX、見てやってください!!

とりあえず頭から
ガンダムDX完成3
頭は「似ている」って事からMGソードインパルスガンダムより改修しています。
MGガンダムXの身体が小さかったので、アゴ部をかなり削り込み小顔に。
それと同時に口横のラインも、半分埋めて好みのラインに変更しています。

トサカ・顔横のダクト・ヒゲは基本的にプラ板で形状変更しています。
ヒゲ下ダクトは、市販ディテールアップパーツを形状変更して再現しました。
角は1/100キットを削り込みでシャープ化。(少し加工が荒い感じ、今後の課題です)
ガンダムDX完成4
後ろ部は基本的にはMGインパルスのままです。
この角度からだと見にくいですが、トサカ後部もDXに寄せる為に、プラ板で形状変更しています。
一応、前後のレンズ部分も覗き込むとクリアーパーツが見えます。

そして胴体
ガンダムDX完成5
1/100キットとの比較です。
MGガンダムXベースで胸部センターパーツと、腰ぶサイドアーマを1/100より移植。
腰部フロントアーマーはMGインパルスよりプラ板等で形状変更。
それ以外はプラ板、プラパイプにて形状変更しています。

ガンダムDX完成6
MGガンダムXと比較。
MGインパルスの頭を使用している関係で、首のボールジョイントを延長した以外は、
MGガンダムXのバランスのまま一切延長等はしていません。
細かい形状変更や、配色の関係からか?大きく見える感じがしますね(p_-)

後ろ部。
ガンダムDX完成7
1/100キットと比較。
サイドアーマーはMGガンダムXの身体にに合わせて、上下左右削り込みで小さくしています。
リヤアーマーはMGガンダムXより形状変更しています。

ガンダムDX完成8
MGガンダムXと比較。
ザックリと形状が似ているだけで、比べてみるとあっちこっち違うのが見れると思います。
今回はMGガンダムXと並べる為に、スジ彫りも控えめにしていますが、1/100キットのラインを少~し取り入れてみました。

肩。
ガンダムDX完成9
1/100キットを使用。
センタースジ彫り部分で分割、上下各1mm削り込み再接着して小型化しています。
外側ダクトは、キットをくり抜いて、パテにて再現。
別パーツ化で塗り分けを簡単に出来るようにしました。

ガンダムDX完成10
画像では見えませんが、肩パーツは前後にも、2mm程削り込みで小さくしています。
センサー部は1/100を使用。合わせ目消しと同時に細かいディテールを埋め、
プラ板・ピンバイス・デカールでアッサリ目に仕上げました。
肩内部はプラ板でフレームを製作。


ガンダムDX完成11
MGガンダムXをベースに、前腕はエポパテで形状変更し、1/100キットの黒いカバーの開閉ギミックを活かすために調整。
肩横は、MGインパルスのパーツをそのまま使用しています。


ガンダムDX完成12
腕同様、基本的にMGガンダムXからの形状変更。
ヒザ部はエポパテでDX特有の丸みのある形に変更。
ヒザ横ダクトは、プラ板より製作いました。

足首カバーもプラ板で形状を変えて、前面のに見えるフレーム?はマスキングでの塗り分けで再現。

スリッパもプラ板・エポパテで形状変更。
足先のダクトは、プラ板で箱組みして、中には波板入れて塗り分けを簡単にしています。
黒いカバーパーツは1/100キットのまま調整し、スジ彫りを消して体に合わせアッサリな感じにしています。

ガンダムDX完成13
フクラハギ内側に、内部フレームを再現。
イメージの形状に穴を開け、エポパテを「ムニュー」っと押し当て、硬化後に整形しています。

ガンダムDX完成14
MGガンダムXと比較。
当然サイズは変わりませんが、各部品の形状が変わる事で、全く違く見えると思います。

続いてランドセル。
ガンダムDX完成15
1/100キットのままを使用していますが、バインダー・キャノンの受けはポリキャップ全開だったので、
MGガンダムXの受け部を強引に移植。気軽にとぞうが出来ます。
バーニアはビルダーズパーツ(1/144用)に変更。

ガンダムDX完成16
バインダー内側は1/100を使用。
塗装の事も考え、縁の部分を全てカットして、羽側に縁となるプラ板を再接着。
この時、厚みも気になったので、先端に向かって薄くなるように削り込みで対応。
四角い抜き穴には、プラ板でフレームをで製作。
見た目的にはあまり変わりませんが、地味に時間のかかる作業でした。

ガンダムDX完成17
バインダー表側。
アッサリし過ぎないように全てのスジ彫りを埋めずに製作。

サテライトキャノン。
ガンダムDX完成18
1/100キットの出来が良かったので、今までと同様にいらないスジ彫りを埋めています。
凸凹感が足りないと感じ、少しですがプラ板でディテールを入れてみました。
画像では見えませんが銃口部はプラ板で箱組みし精度を上げています。

ガンダムDX完成19
後ろ側は、貧弱に感じたのでプラ板んで形状変更。
市販のディテールアップパーツでダクトを再現。

ビームライフル
ガンダムDX完成20
上半分は1/100キット、下半分はMGガンダムXの物を使用して製作。
本来は下部も白色なんですが、イマイチ格好良さを案じなかったので、ストライクフリーダムのように別色にしてみました。
ガンダムDX完成21
センサー部はプラ板で箱組み製作。
サテライトキャノンと同様に、今では入手困難?な携帯の覗き防止用のオーロラプラ板でレンズを再現しました。

シールド
ガンダムDX完成22
基本1/100キットのまま、あまい凸モールドを伸ばしランナーで再現。

ガンダムDX完成23
内側は、プラ板でフレームを製作。
MGインパルスの持ち手を拝借し、それらしくディテールアップ。
取り付けはネオジウム磁石を。腕側、シールド側にそれぞれ埋め込み脱着します。

あまり目立たないですが、ディテールを製作しています。
ガンダムDX完成27
まずはランドセル上面。
真っ平らで味気なかったのでプラ板でフレームディテを製作。

ガンダムDX完成28
その形状に合わせ、首元にもフレームディテをプラ板で製作。
同じく腰部前面に製作しましたが、覗き込まないとどちらも見えません(^_^;)

全体比較になります。
ガンダムDX完成25
1/100キットは古いだけあって?各パーツ自体は決して悪くないのですが、全体でみると・・・な感じ(^_^;)
好みにもよると思いますが、MGガンダムXの高バランスに助けられ、バージョンアップな感じになったと思います。

ガンダムDX完成24
変わってMGガンダムXと比較。
これだけスリムなキットを使用しても、かなりマッチョな感じでボリュームが増しました。
単体での製作なら、もう1mm~2mm程脚部を延長しても良いかも?ですが、
今回はあくまでもガンダムXと並べる為、設定を守っての寸法にしています。


フル装備で~
ガンダムDX完成2

ガンダムDX完成26


DXと言えば、やはりこのポーズですかね(^o^)
ガンダムDX完成29
今回はアニメのイメージをそのままに、バインダーはシルバーにクリアーイエローでコートして再現しました。

ガンダムDX完成1


いつもな角度から・・・
ガンダムDX完成30
いや~ホントに長かったですね~。
見に来てくださってる方も「いつになったら完成するんだよ!」って思いましたよね(^_^;)
自分的にも、完成して良かったと「ホッ」としている所なんですが・・・。

今回初めての依頼品っと言う事もあり、プレッシャーはありましたが、ここまでガッツリ加工すると、
あまり知らなかったガンダムDXもカッコイイ事を知りましたし、
愛着が湧いてしまい、手元から無くなるのも少し淋しい気がしますね(^_^;)

まだMGガンダムXが残っていますので、気は抜く事が出来ないはずなのに、
展示会終了後、何だかポカ~ンと穴が開いた感じに・・・(-_-;)
静岡のホビーショー後もそうだったんですがね(^_^;)

まぁ~ボチボチ上げて行きながら、年内に完成目指しますよ!来年のHG・SDに向けて!!

そして、もしバンダイさんよりMGガンダムDXが発売される時が来たら、
「自分の考え方や、製作の方向性が間違えでは無かった」っと思えたらイイな~。なんて思いつつ・・・
最後まで、長々とお付き合いありがとうございました。
本日を持ちまして、MG版ガンダムDX!終了でございま~す!!(^o^)

引き続きガンダムX進めます!

スポンサーサイト
[ 2014/11/02 15:16 ] MGガンダムDX | TB(0) | CM(18)

待った無しのギリギリの戦い!

皆様こんにちは~。
先週に続き、連続の台風の接近で塗装不可能かと思われましたが~。
金曜日の夜から土曜・日曜と塗装し続け、何とかトップコート以外は終了しました(^_^;)

今回のガンダムDXは自分の苦手とするマスキングでの塗り分けが多くあるので、
時間を掛けたくない状態とは裏腹に、完成にとても影響が出るので、焦る気持ちを抑えて作業を進めました。
ガンダムDX塗装中1
羽(バインダー)と腕・脚部に付く内側のサテライトシステムパーツはMGガンダムXと並べるとしたら、
オーロラデカール等を使用するのが本当なのかもしれませんが、
今回はアニメのイメージ、そして依頼者さんのイメージをくみ取って、シルバーにクリアーイエローを塗り重ねました。

その依頼者さんのイメージは直接聞いたのではなく、1/100キットを渡された時、
メッキパーツの上からクリアーイエローの塗装を依頼者さんが塗ってあった事を鮮明覚えていまして~(^o^)
それを再現する形を取りました。

ガンダムDX塗装中2
とりあえずデカール貼りも終了したので、週末は最後のトップコートで終了予定です。


ガンダムDX塗装中3
ちなみにフレームはつや消しトップコート済み。
微妙にですが、2種類のグレーで塗り分けています。
画像からは見分ける事が出来ないくらい微妙ですね(^_^;)

何かトラブルが起こる事を考えると、13日がデットラインと言われていますが、
今回の2連チャンの台風もあり、自分は18日がラストチャンスになる訳です(>_<)
まぁ~ホントにダメなら、有給出してでも仕上げますよ(^_^;)
だってそうでしょ!?せっかくここまで来たんですから!!

今回の「千葉しぼり」さんの展示会に参加させて頂く事が決まってから、納期と言うか~締切りが有り。
まさか趣味でしている模型で、ここまでギリギリで追い詰められるとは想像していませんでした(-_-;)
自分の手が遅いからなんですがね(^_^;)
なので、プロやライターとして活躍されているモデラーさん達の大変さを、身に染みて感じている今日この頃・・・。

そんな緊張感も、ドキドキ ワクワクしながら楽しんでますよ(^o^)
さぁ~~ホントの本当にラストスパート!!




[ 2014/10/13 15:13 ] MGガンダムDX | TB(0) | CM(16)

加工終了

本日はサテライトキャノンです~。
「千葉しぼり」さんの展示会まで1ヶ月切っちゃいましたから、悩んでいる時間はありませんよ~(^_^;)
もう絶対持って行く感じの流れになってしまってますし、自分的にもDXで参加したいですからね。

で・・・このサテライトキャノンは、ほぼキットのままで行く事に決めたのですが、
当然ながら古いキットなので、真ん中にガッツリ合わせ目が出る感じ。
後ハメ加工に合わせ目消しの基本工作をしつつ、残すスジ彫り・消すスジ彫りを考えながらの表面処理です。
ガンダムDX製作84
のっぺりしているキャノンなので、先端上面にプラ板でディテールアップ。
もちろんセンサーがあるので、こんな物が無いのが普通なんでしょうが、あくまでも雰囲気と言う事で・・・(^_^;)

で、そのキャノンのセンサー?部はキットは長丸の突起で表現されているのですが、
今回は削り飛ばして、大きめに開口。クリアーのプラ板でレンズを再現予定。

そして~先端部(銃口?)
ガンダムDX製作85
キットは別パーツではあるのですが、丸っこいし~、小っちゃいし~(p_-)
で、プラ板の箱組みで作り直し。奥行も深めになりました。

後ろ側~
ガンダムDX製作86
何でしょうね~、基キットのMGガンダムXからDXに改修している為に、
フル改造になった訳ですが、身体を散々改造しているのに~、サテライトキャノンはそのまま?って感じが嫌で(-_-;)
少しだけ形状変更って程でも無いのですがね(^_^;)

それに合わせて最後尾のダクトを市販パーツに交換しました。
ピンバイスとプラ板でディテールアップをして、後はデカールで情報量を上げる作戦。

そしてこういったディテールアップもしています。
ガンダムDX製作87
あっっ  首元ね。
ここは隙間が出来てしまっ格好悪いので、フレームっぽい物を製作。
同じような形状のパーツを、ウエストの隙間とランドセルの天面に製作。
あまりゴテゴテにしてしまうと、この後に製作のガンダムXと差が大きくなってしまうので、最小限にしています。

少し前から頭の後ハメ加工もしていたのですが、
取ったり付けたり微調整をしていた最中に、自分のミスで顔横のダクトを折ってしまったり(T_T)
いろいろありましたが、どうにか加工物は終了したのではないかな???
細かい部品を再確認して、来週からサフェーサー吹いて傷チェック → 塗装に入って行きま~す。

まだまだ気が抜けない感じ(>_<)
引き続き頑張りま~~~~す!!



[ 2014/09/28 20:41 ] MGガンダムDX | TB(0) | CM(14)

サテライトキャノンの前に~

いや~一気に涼しくなってしまって、ガンプラの秋になりましたね~。
って本業が多忙の為、プラモが全然触れず~(T_T)
しかも体はクタクタで先週の3連休は泥のように寝てました(-_-;)

あまり無理するとホントに体調を崩しかねないので、blog更新もサボってしまいました(^_^;)すいませんm(__)m
で、今日は「やるぞ~」っと気合いを入れつつ前回と同様コツコツとの続き。
サテライトキャノンはもう少し先に・・・

では、今回は?と言いますと肩アーマーを完成させま~す。
既にサイズは調節し、仮で取り付けてあったのですが、
サテライトキャノン展開時にガッツリ見えてしまう肩アーマー裏(フレーム)を作り込んでいきます。
ガンダムDX製作74
取り付け基部はMG Xの物を1/100DXの肩に合うように削り込んでハメ込み。
位置が出た所にベースとなる1mmのプラ板をピッタリはまる様にカット。

そして0.3mmのプラ板でベース外周と同じ形状に、中をくり抜きフレームを作りました。
今回のデザインは5種類くらい考えたのですが、結局無難な形状に・・・
う~ん自分の引き出しの少なさを感じますね(^_^;)

そしてこれを重ねていけば~
ガンダムDX製作75
左から~0.3mmのフレーム枠。1mmベース板(スジ彫りを追加しています)
そして次に合わせた物。
そしてそして0.5mmのピンバイスでディテールを追加して完成。

そこから更に~エポパテを製作したフレームにくっつけてムニューと。
ガンダムDX製作76
硬化後、表外側のダクトをデザインナイフで形状出ししてみましたが、少し精度が出ていませんね(-_-;)
こういった所がビシッと出ると全体の完成度も上がるのですが、なかなか難しいです。
経験値不足です(-_-;)

続いて中のセンサー?部品。
ガンダムDX製作77
1/100キットの形状を残す方向で製作します。
左の穴の開いている部分にクリアーパーツが付くのですが、
枠の各面が内側にラウンドしていて、右のようにプラ板を入れ込む事で真っ直ぐにする事を発見。
イマイチしっくりこないディテールの入れ方ですが、ここはハメ込んでそのままフレーム色で塗装予定。

こちらも展開時に見える下部分です。
ガンダムDX製作79
基キットのディテールは削り飛ばして、シンプル目にディテールを入れました。

更に先ほどのセンサー?部にクリアーパーツを被せるのですが、
ガンダムDX製作78
古いキットのだからか?柔らかい材質で出来ていて、おかげでくもってしまっています。
なので、Hアイズのランナータグより切り出し、クリアーなレンズに交換。

付けるとこんな感じ。
ガンダムDX製作80
ん~やはりセンスが・・・(-_-;)

今回の肩フレームの製作にあたり、同じような感じでサイドアーマーにディテールを入れてみました。
ガンダムDX製作81
0.3mmのプラ板から切り出し接着。
塗り分けるか悩み中。

再度組み立ててサテライトキャノン展開時で確認。
ガンダムDX製作82
だんだんゴールに近付いて来ている感じがしてきた!(^o^)

閉じるとこんな感じです。
ガンダムDX製作83
う~ん。かなり見れる状態まで来てますね。
そして自分で言うのもなんですが、なかなかカッコ良くまとまって来ました。

サテライトキャノンと頭の後ハメ加工、そして記事にする程ではない細部のディテールアップ。
今月中に加工が終われば何とか展示会に間に合うか!?

一応依頼者様には展示会へ持ち込む事に了解を頂いているので、後は自分次第ですが・・・ギリギリか!
気持ちは間に合わせたいが、本業が・・・(>_<)




[ 2014/09/21 00:01 ] MGガンダムDX | TB(0) | CM(18)

コツコツとね。コツコツと・・・

はい、相変わらずな本業の忙しさですが、一歩一歩進めています。
が、なかなかゴールが近いようで、遠いな~(>_<)
プラモの時間だけでもドラゴンボールに出てくる「精神と時の部屋」に入りたい今日この頃。
しかしあの部屋に入ると、他の人より老けるのが早いのか??

そんな事を考えながらDXの続きです(^_^;)
前回のビームライフルから武器繋がりでシールドです。
シールドは当然1/100キットを使用しますが、
リベット状のディテールが入っているので、ヤスリで削り落とし終了と思ったのですが、
眺めていたら「後付け増加装甲っぽくて面白いかな?」と感じたので、活かす方向で・・・
ガンダムDX製作64
結構ユルユルなモールドなので、バッチリ整面後に伸ばしランナーを使いクッキリさせます。

ハイ、こんな感じ。
ガンダムDX製作65
基キットのリベット部横のスジ彫りは削り飛ばしましたが、クッキリさせる事が出来ました。

そして内側です。
このDXのシールドですが、取り付け方法が少々ユニークで、
覗き窓?部下に丸い突起を、腕カバーにハメ込む方式で取り付けるのです。
その方式だと、お互いの塗装が剥がれてしまい、あまり好ましく無いので、
今回はネオジウム磁石での取り付けに初挑戦。
ガンダムDX製作66
シールドのポジションも変えたかったのと、磁石(100均)のスペースを確保する為に、
基キットのモールド形状に似せたメクラプレートを0.5mmと1mmのプラ板で製作。

取り付けるとこんな感じ。
ガンダムDX製作67
そして「持ち手」をソードインパルスのキットより拝借して取り付け。
当然ですが動きます。が・・・
ガンダムDX製作68
距離やMGガンダムXの手が小さいので握らせる事が出来ません。あくまでも雰囲気重視って事で(^o^)
逆に今回の加工で、塗り分けする事で情報量も増える形になったので良い結果に満足な自分。

そして腕側に3mm径のネオジウム磁石を埋め込み。
ガンダムDX製作72
あっっ!基キットは、この腕カバーの凹部にシールドの凸を押し込む事で取り付け出来るんです。

初めてのネオジウム磁石ですが、なかなか面白い事に今頃気が付いた(遅!)
こんな事だけど、何だか幅が広がった気がする(^_^;)


そして、引き続き細かい所をチマチマと・・・。
ガンダムDX製作69
これはアンクルアーマー外側のパーツ。
基キットは排出口のような丸ノズル型ディテールがあったのですが、今回は開閉ベーン型に変更。
0.5mmのプラ板で製作しています。

そして、そして・・・
ガンダムDX製作70
脚部のパーツのダクト部分を1度くり抜き、0.5mmのプラ板でフィンを取り付け(設定無視)。
改めて見ると「3枚でも良かったかな?」と感じますが、覗き込まないと見えないのでOKとします。
ちなみに、底面のプラ板はこの後にブチ抜いています。

そして散々悩んでいた足。
ガンダムDX製作71
本来ならシリンダーが見える足首部なんですが、(以前は無理やり付けていた)
キットのクリアランスが全く無い状態で、今の自分の技術では再現が出来なくて(-_-;)
結局フレーム状のディテールをプラ板で製作。

そして、先のスラスターは、波板プラ板に0.5mmのプラ板を囲う感じで製作しました。

ガンダムDX製作73
以前の画像をPCで確認しながらパシャリ!ってほとんど変わっていない!!(爆)
あれ?おかしいな~??いろいろやってるんだけどね(^_^;)

こんな感じの作業が続いているので、モチベーション的には上がリにくいですが、
地道にクリアーしていくしかないんです(-_-)

今回初めてのネオジウム磁石を使ったお話をしでしたが、
基本あまり道具等を増やしたくない性格なので、新しい事を取り入れる事が遅い自分。
しかし新しい事をやると、やっぱり楽しい(^o^)
なかなか使う場面が無かったと言ってしまえば「言い訳」になってしまいますが、
プラモももっとハングリー精神でやらないと進歩は無いな。っと痛感しています(-_-;)

引き続き変化の少ない加工を頑張りますwww


[ 2014/09/07 18:15 ] MGガンダムDX | TB(0) | CM(16)