っと言う訳でSDエクシア・リペア2

遅くなりましたがSDエクシア・リペア2(以後R2)公開です。

意外と画像多めですがお付き合いくださいませ。
まずは正面。
SDエクシアRⅡ1
基本的にはSDエクシアR2とHGエクシアのミックスですが、SDの可愛さを残す為にSDパーツを多めに使用しています。
本当は、ラインが沢山入った「何とかデザイン」でしたっけ?にしようとしたのですが、
デカールが入手出来なくて、プレーンな仕上がりになりました。

後ろから
SDエクシアRⅡ2
極力マスキングでの塗り分けを避ける為に、別パーツ化を務めたのですが・・・
意外にもマスキング部が多くて苦労しました(^_^;)

では、細かい部分の改修説明です。
まずは頭部。
SDエクシアRⅡ3
SDのヘッドベースに、目の上のヒサシ部に1mmのプラ板を積層して目つきを鋭くしています。
頭部側面のレンズはクリアーパーツでしたが、額と後頭部のレンズは透明アクリル板から切り出し、
それぞれをクリアーグリーンで塗装し、前後のレンズは裏側にラピーテープ貼り付け。
頭部側面レンズはMGガンダムXのバインダーの中に入れる虹色の用紙をカットしてハメ込みました。
画像からだとわかりにくいですが、実物は不思議な輝きを放っています(^o^)

頬横の黄色いダクトとダクト奥は別パーツ化し精度アップしています。
アンテナ部裏側もプラ板でディテールアップしています。

SDエクシアRⅡ4
SDの胸パーツをベースにHGのウエスト部を使い延長。
ウエストセンターの青いパーツと、左右の赤いパーツはHGの物を切った貼ったしてバランスを調節しています。

胸ぶダクトフィンはキットの物を切り取ってプラ板積層で新規製作。
首部横の黄色いアンテナはHGの物を小加工でハメ込みました。

腰部は芯にHGの物を使用。
フロントとリヤアーマーはSDの物を組み合わせてます。

腕部。
SDエクシアRⅡ5
上腕はHGの物を短縮して、関節はHGザクⅠスナイパーの物を加工して使用している以外はSDパーツです。
肩部は内側にフレームパーツをプラ板で製作し情報量をアップ。
前腕はグリーンのレンズが無くデカールでの再現でしたので、リューターで開口してHアイズのレンズに変更。
頭部同様にクリアーグリーンで塗装しています。

肩後ろ。
SDエクシアRⅡ6
設定通り開閉ベーンをプラ板から再現。
たぶん、今まで作ってきた開閉ベーンの中でも最小の大きさだと思います(^_^;)

脚部。
SDエクシアRⅡ8
モモは付け根を含めHGの物を短縮して使用、後ハメ加工をしています。

ヒザはHGの物を切り刻んで小さくしていますが、ヒザの芯の部分(レンズ部)はSDの物をしようしています。
こちらも腕同様に、リューターで開口してHアイズのレンズをクリアーグリーンに塗装後ハメ込んでいます。

スネ部はHGの物を短縮してラインを繋げています。
足首アーマーから足先はSDの物をそのまま使いました。

後ろ側。
SDエクシアRⅡ7
モモ部付け根のサーベルはHGの物。
本来は肩に付いている物でしたが、R2の設定通りの位置に。
一応取り外しも出来ます(^_^;)

更に後ろ。
SDエクシアRⅡ9
こちらも設定通りにダクトと開閉ベーンをプラ板で新規製作。

武器。
SDエクシアRⅡ10
シールドはHGの物をディテールアップ。
ガンはディテールが多かったSDの物をチョイス。
基本的にはキットのまま合わせ目消しと基本工作。
銃口にメッキビーズをハメ込みディテールアップ。

SDエクシアRⅡ11
GNソードⅡはアクリル板より切り出しクリアーグリーンで塗装。
アウターのグレーパーツは0.3mmのプラ板より製作。
塗装後に組み立てました。


最後に展示ベース。
SDエクシアRⅡ12
木で作ったベースは嫁に取られてしまったので、自分のは100均で見つけた展示用ケースのベースだけを使用。
一応整面してブラック → クリアーでコート。
そして天面にはステンレスのミガキ板にブラスト加工をして終了の簡単ベース。

SDエクシアRⅡ3
一応ベース側(裏)と足底(中)にネオジウム磁石をセットして接続しています。

っとまぁ~サクサク画像を並べましたが、いかがだったでしょうか?
今回のように単品での撮影なら違和感を感じませんが、展示会当日は左右に大きい作品が並び、
更には皆さんの展示方法がとても素晴らしく、作品共にサッパリしていて面白味に欠ける印象を受けました。
n兄さんにも言われましたが、このダブルオー系はとても独得なスタイルのガンダムで、
凄くバランスを取るのが難しく感じました。

とは言いつつも今回初SD製作の割には、なかなか良く出来た方ではないかと思っています。
とりあえず当分はSDを作らないと思いますが、またいつか挑戦したいと思っています。
最後までご覧頂きありがとうございます。

次回は嫁作品の白銀流星馬とSDザクトです。
では!
スポンサーサイト
[ 2015/11/06 22:06 ] SDエクシアR2 | TB(0) | CM(24)

とうとう・・・

全日本ディフォルメ選手権
「千葉しぼり」さん展示会まで1週間を切りました!
とうとうですよ皆さん!!昨日までワクワクしてたのが、今日になってドキドキになって来まして、
たぶん当日まで本業の仕事が手に付かないでしょう・・・(^_^;)

参加される方はn兄さんのblogにて最終確認も含め記事が上がっていますのでチェックお願いしますね。
n兄さんのぺージはこちら


で、自分は大体の準備は完了しまして、絶賛製作中のHGドーベンウルフもサフェに移っています。
なので、今回はSDエクシアR2の展示ベースの話。
今回は前回と違って作品が小さいので、楽かと考えていましたが・・・なかなかね(^_^;)
とは言っても去年と同じような物では面白く無いので、自分の本業を少~~~しだけ使う事にしました。
それがこちら
2015オリジナル展示ベース1
下に見える丸い鏡!!では無く。これ、ステンレスの板なんです。もちろんミガキ材の板ね。
少し足がハミ出てるのは言わない事!!
何故このサイズになったかと言うと・・・

これを買いました。
2015オリジナル展示ベース4
ホームセンターで加工された木を買いまして、その上に色付きのニスを刷毛塗り→ペーパー掛けを繰り返しピカピカに。

この天面があのステンレスのサイズになっているのですが、
まぁ~そのまま置いても味気ないので、更に加工を追加。
2015オリジナル展示ベース2
本当はソレスタルビーングのマークを切り出したかったのですが、細かくて断念(-_-;)
なので、エクシア・リペア2って事でR2とかなり簡単な文字で逃げました(^_^;)

これをステンレス板に張り付けて、職場で改造したエアーガンでサンドブラスト処理。
出来たのがこちら。
2015オリジナル展示ベース3

で、木のベースと組み合わせるとこんな感じ。
2015オリジナル展示ベース5
木と金属の組み合わせもなかなカッコ良い事に気が付きました。今後も使えそう・・・

で、ここからなんですが、嫁にこれを見せたら「何自分だけカッコイイの作ってるのよ!!」って言われ、
結局このベースを譲るハメに(+_+)

って事で急遽このアイディアは活かしつつ別に自分用を再度製作する事に・・・
当日は変わっているベースもチェックしてみてください(^o^)

って事で、ホントに当日が楽しみですね。
1日限定の最高のお祭りですので、参加される方はもちろん、見学に来られる方も楽しみましょう!
そして、是非「たけぞう」を見かけましたら声を掛けてくださいね。
ではでは当日会場でお会いしましょう!!!!!!(^o^)


[ 2015/10/18 00:22 ] SDエクシアR2 | TB(0) | CM(19)

終わってしまうGW &・・・・

GWも残すところ1日になってしまいました。
休み前には「ガンプラ三昧だ!」なんて豪語していたのですが、いざ休みに入ってみると~
アレやったり・・・これやったり・・・
思っている以上にプラモ出来ず。まぁ~最近の合言葉みたくなってますがね(^_^;)

皆さんはどこかに遊びに行かれたでしょうか??
自分は来週末の16日・17日に静岡ホビーショーが控えてますし、今回のGWは無理に出かけませんでした。
わざわざ渋滞にハマりに行くのもね・・・(^_^;)

そんな中でも、半日だけですが近場まで嫁と久々のバイクツーリング。
いつもなら「箱根へ~」って言いたい所なんですが、最近ニュースでも取り上げられている?
箱根・大涌谷の火山性地震を敬遠して、その手前の足柄の「大雄山」って所に行って来ました。

足柄って言うと、最近では某携帯CMの3人の太郎(桃太郎・金太郎・浦島太郎)の中の1人「金太郎」の誕生の地とされて?
いますが、それとはまったく関係の無い場所です(-_-;)
ここから画像が多くなります。
大雄山1
とりあえず山の中なので、ひたすら登って行く所なのですが、
一応・・・
「大雄山最乗寺・道了尊」って名前で
開創以来600年の歴史をもつ場所です。
本堂は昭和29年に再建されたのですが、とても建物等は古く歴史を感じられるお寺です。

大雄山2
山に囲まれてるので、水や風の音しか聞こえない感じで「心が洗われる」そんな場所です。

大雄山7
この塔は1863年に建立された円形の木造二重の塔としてとて、南足柄市の重要文化財に指定されている物。

大雄山3
ここは「天狗の里」でも有名な場所なんです。

大雄山4
1394年に創建に貢献した「道了」という僧が、寺の完成と同時に天狗になり身を山中に隠したと伝えられることから、
道了尊と呼ばれ、仁王像のように天狗の像が山門の前に建てられているそうです。

大雄山6
この上が本堂なんですが、ひたすら登るんです(^_^;)

大雄山5
そして・・・ひたすら・・・・修行です・・・・・・・(-_-;)

もうね。本堂とかの画像なんて取り忘れてますし・・・(^_^;)
こういったカッコイイ像が気になるんです。
大雄山8

大雄山9
少し曇りな天気だったのですが、バイクでしたのでゴツイ靴に革ジャン抱えて登りましたが、当然汗だくですよ(^_^;)

話は変わり、これ買いました!
オリジンDVD1
「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN Ⅰ~青い瞳のキャスバル~」です。
もうね。ファースト好きな自分なのですが、メチャクチャ面白い(^o^)
見て無い方にはネタバレになってしまうので、書きませんが、早く次が見たい!!って感じです。


そして話はプラモになりまして・・・
今回がSD最後になるかな?
イベント規定によって完成画像が出せないので、
とりあえずサフェ最終確認って形で一度ストップになりますが、
とりあえず細かい所の画像から。
SDエクシア製作55
まず肩の内側です。
そもそも今回のエクシアでもリペアⅡなので、本来エクシアにみられるコードが無い状態になるのですが、
あまりにもスカスカなので、今回もMGのような雰囲気のフレームをプラ板で製作しました。
今回もなるべくマスキングでの塗り分けを避ける為に別パーツにしてした有ります。

SDエクシア製作56
そして後ろ側なんですが、リペアⅡになって形状が変わったノズル(ダクト)?は設定に寄せる感じで、
プラ板で開閉ベーンを作りました。
まぁ~これが小さい事(+_+)

続いた足です。
SDエクシア製作57
ヒザ裏スカスカなので、こちらもプラ板でフレームを製作。
相変わらずデザインに幅が無いな~(-_-;)

そして後ろ側
SDエクシア製作58
ここもリペアⅡでの新規部分です。
肩と同様にプラ板で開閉ベーンを製作。

そして手の甲
SDエクシア製作59
左手は「極め手」を使用しているので、気持ちだけでも00系に近付ける形でプラ板スジ彫りを追加しました。
右手はHGの物をベースに改造しているのですが、甲のパーツを削り込みで「極め手」に寄せたので、同じ工作をしています。

そして、前回出し忘れていた胸部ダクトパーツ。
SDエクシア製作60
基本はSDのスタイルをそのままな感じで、シャープにしたフィンの中央部を一段削り、情報量を増やしました。

SDエクシア製作61
全体像になりますが、あまり変わっていない画像ですね(^_^;)

後ろ~
SDエクシア製作62

今回「千葉しぼり」さんの展示会「ディフォルメ選手権」用の作品と言う事で、初めてSDに挑戦しましたが~。
一度はやってみたかったジャンルでもあったので、とりあえず形になったって事でホッとしてます(^_^;)

最初に箱を開け、組み立てた時には「別キットにしようか?」悩んだ事も有りましたが(爆)
諦めずにここまで来て良かった(^_^;)
一応今回の記事でSDエクシアリペアⅡは1回休みって事ですが、
まだ嫁の面倒と、展示ベースを考えないといけないので、残り5ヶ月程ですが?やる事は山積みです(-_-;)

全日本ディフォルメ選手権


1月から止まっていたHGドムの再開になって行くと思いますが、何せプラモしていませんでしたから、
とりあえず次回はホビーショーの記事になるとかと思います?
で、今回は自分は16日(土)に遊びに行かせてもらう予定です。
去年プラモ(完成品)を持って人混みの中をウロチョロしていたのですが、今年は手ぶらで行けそうなので、
皆さんの作品の撮影とご挨拶に専念出来るかと思います。
一応前回の記事で紹介した、ネームプレートも付けてウロチョロしようと思うので、
見かけた時は気楽にお声を掛けて頂けたら嬉しく思います。
名刺入れ
↑これね。

って事で長くなりましたが、今日はここまで~。
あぁ~早くドムやりたい~~(>_<)

[ 2015/05/06 10:55 ] SDエクシアR2 | TB(0) | CM(14)

役に立つアイテム!

今日は本職がまたまた忙しくなり、SDエクシアR2の進みが悪いので「おまけ」的なネタを少し・・・

このblogでもチョコチョコ出る、忙しい本職のお話ですが、
知っている方も多いと思いますけど、今回は画像入りでお届け!!

自分は溶接お仕事をしている、まぁ~カッコ良く言うと「職人さん」でございます。
そんな職場の中でも、現場はもちろんCAD(キャド)と言う、いわゆるオペレーターと言えばいいのかな?
簡単に言うと、レーザー加工機の切断データも製作している、現場唯一の2種目を受け持つ自分であります(^o^)

言ってる事はカッコ良いけど、まぁ~これが疲れるんですよ。
役職が付いている訳でも無いですし、自分より年上の方も多いですから(^_^;)
まあね。そこは20年と言う勤続年数を武器に日々頑張っているのですが・・・ww

で、溶接でも自分がやっているのはメーンにTIG(ティグ)溶接と言うジャンル。
それは、こんな感じ。
溶接1
たぶん何処かで?見た事が有ると思いますが??(p_-)

一番良く見るのが・・・車やバイクの社外品のマフラーなんてこんな溶接ですよね。
この溶接の波々の事を溶接ビートと言うのですが。
溶接ビートが均一で綺麗なのは当然なんですが、本来は溶け込み(品物が中までしっかり溶けているか?)が重要で、
虹色に焼けているから「素晴らしい!!」って訳でも無いんですよ!(^_^)

機械で言うとこんなの。
溶接2
この真ん中のT型のコードが付いている奴で材料を溶かして、左の溶接棒で盛るです。
あっ 右がお面ね。

今回の画像の物は4mmの板と6mmの板を付けているのでしっかり棒で「盛る」のですが、
この溶接機は棒が使わなくても材料を付ける事が出来ます。
そして当然板厚が薄くなればなるほど難しいのですが、自分は大体0.5mm以上ならいける人。
この辺りは、同業者の人くらいしか分からない事ですね(^_^;)
ちなみにステンレスがメーンの職場ですが、時にはアルミ・チタンなんかも溶接しちゃいます(^o^)


少々長くなってしまいましたが、こんなお仕事してますよ!なお話でした。
それついで、って訳では無いのですが~。
10月の「千葉しぼり」さん展示会の事で、タイトルにも有るように「役に立つアイテム」の紹介です。
これは前回参加させて頂いた時に気になったのですがね。

当日は沢山の方が来られますが、設置時間の約1時間は自分の事でいっぱいで、周りがあまり見えません(^_^;)
で、作品が並べ終わるとイベントスタートとなる訳ですが、
まぁ~基本的に自分の作品の前に皆さん居ないので、初めてお会いする方が何所にいるのか?
当然顔を見た事が無いと、分かるはずが無いですよね。

そこでこんな物を持っていると、声を掛けて頂ける率が上がると思いますし、会いたい人を見付けやすいはず!
はい、これ!!!
名刺入れ
先日100均でゲットしてきたのですが、そう!名札です!!
よくオフィス等で通行所とか入れて、首からぶら下げているやつです。
基本的に名刺入れでは無いのですが、自分の名刺をこんな風に入れて(少し小さく外周を切りました)みました。
前回の時に、胸にテープで名刺を貼っていた方がいたのですが、
「おぉ!それ良いじゃん!!」なんて言って沢山の方が、「テープちょうだい!」なんて言っていたので・・・。
まぁ~皆さん優しい方ばかりなので、「嫌!」とは言わないのですが、沢山の方が貰っていたので、自分には言えませんでした(-_-;)

用意しているとイイかも?なアイテム紹介でした。


で、SDエクシアですが。
前回途中で工作が止まってる所はとりあえずクリアーしたので、少しだけ・・・
まずは頬のダクト?部の別パーツ化から。
SDエクシア製作51
くり抜いた部分に波板を設置。真ん中のリブは1mmのプラ板で新規製作しています。

そして額のカメラ?レンズのクリアー化。
SDエクシア製作52
透明プラ板なので見にくいですが、1mmのプラ板から切り出しました。

そして後ろ。
SDエクシア製作53
前と同様に1mmのプラ板から切り出しています。
他の脚・腕・胸部同様に裏にラピーテープを貼りクリアーグリーンで塗装予定です。
いろいろ拘ろうと考えたのですが、キリが無いのでシンプルに仕上げます。

ついでに首の襟足部にプラ板を貼って延長。
本当は首の延長化に伴い、ボールジョイントが丸見えになってしまったのを隠す作戦での作業だったのですが、
かなり伸ばさないと隠れない事が判明(-_-;)
カッコイイと思うラインで止める事に方向変換しました。
当日は覗き込まないように!!!(p_-)

とま~、4月いっぱいで作業を終わらせたい自分がいますが、なかなか大変です(・_・;)
ゴールデンウィークももう少しなので、プラモ三昧の為に本職頑張りますわ!

全日本ディフォルメ選手権






[ 2015/04/26 14:33 ] SDエクシアR2 | TB(0) | CM(12)

本エントリー済ませましたよ!!

先週末は「千葉しぼり」さんの一般卓仮エントリーが終了しましたね。
そして、本エントリーに移っているとは思いますが、
今回は枠数に対してエントリー数が少なかったようで、1人最大4枠までゲットできるお話でした。

で~。自分も30cm×30cmの中に何体置く事が出来るか?しかも常識の範囲内に・・・。
持って行こうと考えているのが、
MG Hi-ν Ver.1.0
MGザクⅠスナイパー(カークス機)
MGバーザム
MGジムⅢ
MGジムスナイパーカスタム
HGドム



何体持って来るのよ??って感じでしょwww
もちろん減らす方向で考えていますが(^_^;)
どう考えても1枠だとゴチャゴチャしちゃうと思うので、2枠確保(エントリー)させて頂きました(爆)
枠の中なら自分の宣伝等もして良いとの事ですが、自分は作品を見て頂くくらいしか出来ませんから。
出来る限り頑張って持って行きたいと思っていますので、当日は宜しくお願いします。
全日本ディフォルメ選手権

はい、エクシアです。
引き続きブラッシュアップとディテールアップです。
今までズ~~~っと気になっていた部分。
SDエクシア製作38
前回の画像なんですが、胸のダクトなんです。
デザイン的には全く問題ないのです。いやむしろこのままでカッコイイと思うのですが、塗り分けの事を考えてましてね。

毎回言ってますが、自分はマスキングでの塗り分けが苦手でして(-_-;)
出来る事ならMGのようにパーツで色分けされているのがベストなんです。
まぁ「全て」ってのは、このSDにも限界があると思うので、出来る限りな感じで。
そこで新規で作る事に。
SDエクシア製作45
まずはフィンの部分をデザインナイフとノミで切り落とし、気持ち深めに彫り下げました。

そして0.3mmのプラ板でディテール部品を製作。
SDエクシア製作46
普段こんなに小さいパーツを作らないので、ヒィーヒィー言いながら作りました(^_^;)
雑ですがセンターに0.5mmのスリットを入れてあります。
そしてこれを彫った部分に接着。
SDエクシア製作47
あっ今回のダクトですが、エクシアの胸ダクトの塗り分けの正解がイマイチ分からなくて。
って言うのは、ダクト中全体を黄色くするのか?フィンのみを黄色くするのか??
いろいろ考えて、自分はフィンのみ黄色で塗装と考えました。
なので、張り付けたプラ板はフレーム色で塗り分ける予定です。

で、その上にフィンを作って行きます。
ちなみに0.5mmのスリットをガイドに更に深く0.5mmのタガネで深く彫りました。
SDエクシア製作48
0.5mmのプラ板を凸の形に切り出し、0.3mmのプラ板を上下に積層。
これで別パーツ化になるのですが、接着剤の乾燥待ちで今回はここ止まり。

ついでにヘッドも着手しています。
SDエクシア製作49
頬のダクト?ディテールも塗り分けを楽にする為に精度アップも兼ねて別パーツ化。
って言ってもまだ切り抜いただけ(^_^;)
更に額の(V字アンテナ上)カメラ??も切飛ばしてクリアーパーツ化にする予定です。

そして後ろ側。
SDエクシア製作50
V字アンテナの裏は0.3mmのプラ板でディテールアップ。
そして、額と同じく後ろにもレンズ??が有るので、くり抜いてクリアーパーツに置き換える作戦。
まぁ~この辺りは塗り分けでも良いと思うのですが、やっぱり脚・腕とクリアーパーツに置き換えているので、
拘って行きたい所でもあります(^o^)

っと、途中画像ばかりですが、次回にはこの辺りが形になっていると思います。
って言うか、週末の目標です(^_^;)
何とかこのままなら4月いっぱいで、何とか加工は終わるかな??
早くHGドム弄りたい(>_<)

って事で引き続き頑張ります。

[ 2015/04/17 23:02 ] SDエクシアR2 | TB(0) | CM(10)