暑いですね~

先週に引き続き、予定通り?SDエクシア&HGドムを塗装中でございますが、
いや~神奈川は連日の猛暑で参りますね。皆さんはいかがお過ごしでしょうか??

普段「加工」って言うと、エアコンの効いた部屋でしていますが、
塗装ってなると塗装ブース持っていてもエアコン効かせて締め切る訳にもいかず、
結局窓全開で汗をダラダラ流しながらエアーブラシを握ってる感じ。
そして当然こんな季節なので、コンプレッサーの水も溜まりやすいからフィルター等気にしながらの塗装でございます。

で、「塗装してます」の画像を出してもしょうがないので予告通りいきなり完成品の公開で勘弁してください。
今回の作品は去年のGBWCにプロショップ予選コンテストに出したものなんですが、
製作したのはこのblogを立ち上げた頃だったと思います。2年半くらい前になるのかな・・・?
工作画像等は全く撮っていないですし、何せ2年半前ってなると「どこをどうした」ってのがうる覚えでして・・・
覚えてる限りですが画像と一緒に参考にでもなれば・・・と思います。

では行きましょう!!
MG陸戦型ジム(スナイパータイプ)です。
MGジムスナイパー(陸戦)2
まずは全体画像から~。
キットを製作した事のある人ならわかって頂けると思いますが、
MG陸戦型ジム(陸戦型ガンダム・Ez-8も同様)は凄くズングリなイメージなんです。
当然初代ガンダムの系譜なので、自動的にそうなると思うのですが・・・
で、目指したのは以前製作したMGカトキガンダムベースのジムスナイパーカスタムと同じスタイルです。
(初めての方はカテゴリーからMGジムスナイパーカスタムをクリックしてください)

頭頂高・胴の長さ・腰の高さ・ヒザの高さをほぼ同じに製作しているので、基キットよりもかなりスタイリッシュになっていると思います。

後ろ側。
MGジムスナイパー(陸戦)3
ここで気が付く人はキットを持っている、もしくは作った事がある人!!
実はこのMG陸戦型ジムはオレンジ色のキットの物がベースになっています。
本当は今回のようなグリーン色のタイプのキットが欲しかったのですが、当時お店に丁度置いていなくて・・・
「まぁ~スナイパーライフル付いてるから良いか!」って事になったのですが、
ランドセルが付いていない事に帰ってから気が付きましてね(^_^;)
ランドセル → ケーブル → スナイパーへのジョイントは全てプラ板等でスクラッチ製作になっています。

とりあえず上から説明兼ねてアップです。
MGジムスナイパー(陸戦)4
頭は前後挟み込みの組み立てになっていますが、耳からトサカにかけてスジ彫りの位置に合わせてラインを変えています。
トサカ部は真ん中より後ろにかけて段差になるように0.5mm程度削り込んでします。

カメラ部(目)の上に1mmプラ板を貼り足し、根元に行く程0になるように削り込んで形状変更しています。
同じくカメラ部(目)の下に0.5mmのプラ板を付け足して形状変更、より目がキツクして強そうなイメージにしました。

アゴ部は削り込みで小顔化とアゴが引けるようにしています。
そして頬横のダクトはデザインナイフで開口しました。

胸部センターブロックした部分はエッチングノコデ切り離し、ついでに少し角度を変えて別パーツ化。
腹部は3mm程プラ板で延長。
サッパリしていたのでプラ板・スジ彫り・ピンバイス等でディテールアップ。

MGジムスナイパー(陸戦)8
腰フロントアーマーを5mm程延長してあります。
基本的に股間ブロックよりもアマーが短いのは納得行かなくて・・・(^_^;)

モモは6mm程延長してあります。
さらにヒザ部分はやはり関節が見える程短かったので、上面をヒザ関節をギリギリカバー出来る所までプラ板で延長。
更にヒザとモモが少しでも密着するように、ストッパーのダボを加工しています。
ここもフロントアーマー同様、関節が見える時点で「戦いに負けてる」気がして納得行かないんです。
こういった部分を日ごろから気にして製作なんてしています(^o^)

つま先にプラ板を足して延長しています。

大きい工作はこのくらいで、基本工作の面出しやスジ彫り直し。たまにピンバイスでホジホジしてる程度です。
あっ そうそう手首をハイディテールマニピュレーターに変更してます。

で、問題のランドセル。
MGジムスナイパー(陸戦)6
左面です。
上面の角パーツと、バーニアは陸戦型ジム(オレンジ)のランドセルパーツを使っていますが、
他は全てプラ板からの製作になります。
基本は陸戦型ジム(グリーン)の物と同じデザインになるように製作しました。

右側
MGジムスナイパー(陸戦)5
本来陸戦型ジム(グリーン)を購入するとエネルギータンク?が付属しているのですが、
何度も言うように今回はオレンジのタイプでの製作なので当然ながら付いていません。
なので、現場に行って接続する(移動シーンが有りました)形を取って、片側はキャップのような栓を付けました。
もう片側はスナイパーライフルに接続。
今回のケーブルはラジコン用のシリコンコードで接続してあります。

ライフル側
MGジムスナイパー(陸戦)7
ライフル自体はキットのままですが、今回ランドセルから来ているケーブルをライフルに接続しないといけないので、
その部分のみプラ板とプラ棒で新規製作しました。

腕は基本的にキットのままです。
MGジムスナイパー(陸戦)9
胸部ダクトもキットのままですが、フィンをもっとフィンらしくしたかったので基キットを削り込んで気持ち薄くしています。
それだけでも十分見栄えが良くなりますね。
後は見にくいですが方の内側もプラ板でフレームを製作してります。
そして画像には有りませんが、肩部と同じように腰部フロントアーマーやリアアーマー裏もフレームを製作してあります。
この辺りは自己満足な所です。

と、前作のMGジムスナイパーカスタムと並べる為に製作したMG陸戦型ジム(スナイパータイプ)ですが、
ランドセルは別として、改め見ると「カコイイMSだな~」なんて再認識しました。
ランドセルに関しては、今思うと「キット買えば良かったじゃん」って言いたくなってしまいますが(^_^;)
まぁ~これはこれで立体映えして良いのではないかな?なんて思っていました。


この記事を書いていて気が付いたのですが・・・
MGジムスナイパーカスタム作って~。MGザクⅠスナイパー(カークス機)。
そしてMG陸戦型ジム(スナイパータイプ)とで、いろいろ有る機体(MS)が有るのに、3機目のスナイパータイプ(・_・;)
あと、ジムスナイパーⅡを作ればコンプリート!?みたいな・・・www

たぶんそんなに遠くない未来にでも製作したいですね。
基本的にはこういったシンプルな機体が大好きな自分です(^o^)


って事で、今回はいきなり完成品のお話でした。
次回更新出来るかな????




スポンサーサイト
[ 2015/08/02 19:44 ] MG陸戦型ジム | TB(0) | CM(14)