もう夏でイイのでは??

前回記事より1ヶ月程が経ってしまいましたが、
各地では集中豪雨で河川が氾濫し、甚大な被害を受けている地域も多いのですが、
自分の住む関東の中でも神奈川は「梅雨」明けしていないのに、ここ数日は雨もほとんど降らず、
真夏のような日差しがジリジリと降り注いでいます。

たぶん梅雨明け宣言も近い内にあるでしょう!?

で、前回からの記事より1/100ガンキャノンデシテクター製作になりますが、
頭が出来れば何とかなると思っていたけど、実は身体の方が大変で苦戦を強いられています。
なので、現状はもう少し進んでいますが、股間パーツの製作工程を少しだけ。

前回「お見せできる程・・・」って言っていた状態がこれ。
MGガンキャノンディテクター5
とりあえずバランス優先で強引に立たせている感じ。

一応詳細
頭部はMG Mk-Ⅱのヘルメット上面 & MGジムカスタムのゴーグルを使用。その他はプラ板で製作。

上半身はMGガンキャノンを使用。切った貼ったを繰り返していますが、ポイントはウエスト部を幅詰めしています。
胸部センターはMGガンキャノンのパーツを芯にプラ板で形状変更しています。

腰部はMG RX-78-2ガンダムKaを使用。
コアファイター&受けパーツはカトキガンダムと同じパーツなので、当然無加工で付きます。
それをプラ板等で形状変更。

モモ付け根はMG Mk-Ⅱの球体パーツを使用しています。

脚はMG RX-78-2ガンダムKaほフレームを使用。
これはただ単にあまりパーツが有っただけですが「もっと素晴らしいフレームが有ったのでは?」っと思いながら現状です。
外装に関しては、MGガンキャノンのパーツを使用。
それを延長加工し、プラ板等で形状を変更しています。

脚は、つま先と足首のカバーをMGリゼルから形状変更。その他はプラ板箱組みで製作。
まだ大雑把な形状出しで止まっています。

とりあえずザァ~と紹介しましたが、ここらで本題のフロントカバー製作です。
MGガンキャノンディテクター6
設定画を大体現物と同じサイズに拡大コピーして股間ブロックを作ったのですが、
これを基にサイズを割出まして・・・
MGガンキャノンディテクター7
会社の休み時間中にコッソリCADで描いてみた。
左上のC型の絵は円錐の部分。
MGガンキャノンディテクター8
サークルカッターで切り出し扇パーツを切り出します。
MGガンキャノンディテクター9
後は組み立てるだけ。
ちなみに筒の部分は0.5mmのプラ板を長さに切り出し2枚重ねで、かなり強引な形で製作しています(^_^;)
この作り方はまた他のパーツで紹介予定ですが、参考になるかは微妙・・・。

MGガンキャノンディテクター10
更にここから図のように切り欠いて~ こんな感じ。
MGガンキャノンディテクター11
加工しても形状を崩さずにいられるのはこの強引な工作ゆえ?
思っていたようになって良かった(^o^)

胴体に合わせると~ こんな感じ。
MGガンキャノンディテクター12
大体良い感じ。

更にさらにいろいろ試行錯誤して~ ここまで来た。
MGガンキャノンディテクター13
展開構造が有るフロントアーマーなので、せっかくだから動かしたいでしょ?
この辺はまた他の機会に書くとして。

腕も付いたよ!!
肩はMGガンキャノンのもので、上腕から前腕にかけてMGリゼルのフレームを使用。
上腕外装はMGリゼルのから形状変更。
前腕は外装はMGガンキャノンを延長加工して使用しています。
マニピュレーターはとりあえずMGリゼルの物を使っていますが、今後はもう少し小さい物にしようか悩み中。

脚がカトキガンダムを使用しているので、どのように加工して行こうか?アイディアが降りてこないんです(^_^;)
なので、とりあえず腕の加工を進めて行こうと只今試行錯誤を繰り返している状態。

本当に格好良くなって行くのかな?今から不安しかありませんね(爆)
とりあえずこの連休で工作進めます!!

スポンサーサイト

人生初のSL

MGジムカスタムが完成して次のMGパワードジムにポンポン行きたい所なんですが~、
まぁ~同じような工作が続くとどうしてもモチベーションが上がらず、少々他の物に浮気中です(^_^;)
その浮気機体は最後の方に話すとして・・・

その前に
先日。っと言っても2週間程前になるのですが、いつもお世話になっていますポストホビー厚木店さんに作品置かせて頂いてます!
って言うのは、以前に材料を買い足しに行った時に担当さんから「コンテスト最近出してくれないですね~」なんて言われまして(^_^;)
(blog等で完成画像を出してしまうとコンテストに出す事が出来ない事もあり!?)
「たまには完成品見せてくださいよ~」なんて言って下さるものだから、3点持って行かせて頂きました。
旧キットイングラム
イングラム完成14

MGゼータプラス
MGゼータプラス完成18

MGジムカスタム
MGジムカスタム完成20
展示期間が2ヶ月との事ですので、8月の頭くらいまでは展示してあると思いますので、
お店に行かれた方は是非見てやって下さいませm(__)m

そして丁度持って行った日にポストホビー厚木店さんが主催する「プラモデル製作会」にも3時間程でしたが参加してまいりました。
何人かの方は自分の事を知ってくださっていて嬉しい限りです。
画像は有りませんが皆さん楽しく参加されていました。また時間が合えば参加させて頂きたいと思っています。

で、続いて模型の話しでは無いのですが、先週静岡の大井川鉄道で人生初のSLに乗ってまいりました(^o^)
大井川鉄道SL1
丁度前の日が愛車VOXYの車検でして、その時タイヤを新調したので皮むきついでにドライブに行った訳ですが、
当日券に空きが有ると言う事で即購入。
大井川鉄道SL2
今回見れたのはC108って車両で、昭和5年に製造されて北海道で30年程活躍して静岡に来たとの事。
テレビで「SLは生き物だ」なんて言っていたのを思い出しますが、ホントそんな感じ。
音から臭いから五感が刺激されました(^o^)

大井川鉄道SL3
メカメカしさは男だけでなく女性も釘付けでしたね。

大井川鉄道SL4
客車も昭和10~20年頃に製造された物でまたレトロ感ハンパ無い。

大井川鉄道SL5
最新の物に比べたら当然揺れるし、座席も少々バネ感が強いクッションですが、
昔の人が沢山これに乗っていた風景が、想像ですが見えたような気がしました。

大井川鉄道SL6
その他にもトーマス号のSLも有り、こちらは小さいお子様がいるファミリーに大人気で、たぶん予約しないと乗れないと思います。

大井川鉄道SL7
こちらは今回乗ったSLの最後尾に付いていた車両ですが、こういった古い車両も数台走っているようです。

片道約1時間程で、大人2500円と少々お高い金額ではありますが、とても貴重な体験が出来てとても大満足な1日になりました。
乗った事無い方は是非お勧めですね。



少し長くなりましたが、話は模型に戻りまして・・・
最初にパワードジム製作のモチベーションが上がらない理由はですね。
こんなの作ってました。
MGガンキャノンディテクター1
頭だけでわかるかな??1/100ガンキャンノンディテクターです。
ユニコーンバーションでは無く最初の設定画を参考に少し前後に長いです。
MGガンキャノンディテクター2
まだ大雑把に形状出しで止めていますが、ヘルメットはMG Mk-Ⅱの物にMGジムカスタムのゴーグルアイ。
その他プラ板で製作しています。

胴体もほぼ形状が出ていまして~
MGガンキャノンディテクター3
MGガンキャノンの物からの改造になります。
胸部上面は大きくラウンドしていたので、裏にパテで補強してからガンガン削り平らに。
コックピットブロックはキットを芯にプラ板で囲って形状変更。
その他いろいろ試行錯誤を繰り返して・・・
MGガンキャノンディテクター4
こんな感じです。
腰部下はカトキガンダムの物を使用。
モモの接続はMG Mk-Ⅱの球体フレームを使用しています。

今現在立つ所まで出来ていますが、まだまだお見せする段階では無いので、もう少し形状が出たら画像を上げたいと思っています。

7月・8月・9月と「仕事がギッシリ」との事なのでペースダウンが予想されますが、頑張って製作して行こうと思っていますので、
懲りずに遊びに来て頂ければと思います。

ちなみにパワードジムは合間にチョコチョコね。