相変わらずな進み具合

早くも沖縄は梅雨明けしたようで、神奈川も時期かな・・・なんて思いながらプラモを弄ってる今日この頃。
まぁ~梅雨が明ければ、暑いから~それはそれで大変なんですがね(^_^;)
それと同時にカレンダーを見れば、既に今年も半分が終わってしまうではありませんか!
早いな~。ヤバイな~。手動かそ!

と思うも、相変わらずな進み具合でございます。
改修作業って、やってる本人は楽しいのですが・・・見てる方からすると「おっせぇ~」な感じですかね!?
「足なんて飾りですよ!」じゃありませんが、改造なんてそんなモノですよ(遠い目)

いきなり脱線しましたが、MG版ガンダムDXですね。
だんだん下に進みまして、今日は脚部を少し・・・

DXは腕同様、足にもバインダー?放熱板?ユニットが付いています。
やはりこちらも展開するので、その機能をそのままにMGガンダムXに移植します。
ガンダムDX製作30
今回も1/100キットとサイズ的に同じな感じで助かりました。
基本的にはフクラハギ外側を外装・フレーム共にバッサリカットして1mmのプラ板で蓋をしました。

ガンダムDX製作31
DXは基本的に膝から下がXとは全く違うデザインになっているのですが、
この辺がとても難しく・・・

って言うのは~
当然MGガンダムXのキットをベースにしている意図として「ある程度同じラインが使える」事から、
どの程度違うラインにするか?どの程度Xと共通パーツにするか?の具合が難しいです。

この辺は、自分の考え方になるのですが、
単純に考えると、共通パーツがあった方が開発コストも少なく済みますし、
消耗品等の交換部品も共通パーツの方が在庫もしやすいはず!
なによりも2体並べた時に、兄弟機な感じがして面白いと思うのです。(そもそも兄弟機なのかは知りませんが・・・)
っと勝手な考えを当てはめながら毎日製作しています。

ガンダムDX製作32
ん~~前回と比べて、足に黒いパーツが付いただけで、ほとんど変わらない画像・・・(-_-;)

さっ 今日も少しずつ進めましょ!
では~




スポンサーサイト
[ 2014/06/28 11:54 ] MGガンダムDX | TB(0) | CM(10)

理解をしてもらう事は大変なんです。

先日は嫁のお願い!?で横浜 八景島シーパラダイスに遊びに行って来ました!

以前に、嫁は「たけぞうモデリング」のファンであり、良き理解者でもある!!なんて書いた事もありますが、
やはりこういった家族サービス無くしてプラモは出来ませんよね(^_^;)

とか言いながら自分もしっかり楽しんで来るのですが・・・
八景島シーパラダイス1

この八景島シーパラダイスは、もぉ~20年以上来てないかな?ってくらい久しぶりで、
テレビCMや雑誌等で新しい物が出来てる事はリサーチ済み。
八景島シーパラダイス4

しかし、あまりにも久々過ぎなので、どれを見ても「え~前はこんなだったっけ?」状態(^_^;)
ほぼ初見な感じでしたww
八景島シーパラダイス3

今ではいろいろな水族館で取り入れている、チューブ状の水槽。
これは半形状ですが、そこをイルカが5・6頭泳いでいます。
人が沢山いるので全体画像は出せませんでしたが、
撮影技術はありませんけど、こんな感じで逆光越しのイルカを見る事も出来ます。
八景島シーパラダイス2
最近では八景島シーパラダイスの中にある「海ファーム」って言う”魚を釣って(取って)食べる”みたいな~
食育を学べるエリアは他には無い、新しいスタイルの水族館ですね。

ウチの嫁は「釣り上げてたばかりの魚を食べるなんて出来ない!!」なんて言って出来ませんでしたが(^_^;)
勉強!?も兼ねて、小さいお子さんのいるファミリーには大人気でしたね。

そしてDXですが、また少し進めて~
ガンダムDX製作27
左が1/100キットのモノ。
そして右がMGフォース(ソード)インパルスのモノからの形状変更しました。
左下はプラ板で積層。
中央開口は、最後にスリットプラ板を入れるので、とりあえず・・・。

ガンダムDX製作28
こう比べると上面の角度が違いますね。
この辺りは、たぶん地面と平行でも間違いではないと思うのですよ。
って言うのは・・・。
結構いろいろな画像を見ると、下から見上げる画像と、上から見下ろす画像では
上面の角度が違うので、毎回の魔法の言葉「とりあえず」と言ってそのまま次に進めて行きます(^_^;)
たぶんサフェ吹いたらそれっぽくなると思います。

そして、サイドアーマーも取り付けてみました。
ガンダムDX製作29
ここも1/100キットの物を取り付けています。
そのままでは大きく見えるので、全周にわたり1mm削り込んで小さくしています。

そして本日依頼者様(人生の先輩)が途中確認の為に自宅に遊びに来まして、
お茶をしながらガンダムの話をいろいろしまして、DXの方もOK頂きました(^o^)
まだまだ途中ですが「ホッ」としました(-_-;)

って事で引き続き進めて行きま~す。





[ 2014/06/22 17:38 ] MGガンダムDX | TB(0) | CM(16)

箱根にGANTZ(ガンツ)玉!?

今日は入院後、2ヶ月ぶりのバイクで嫁とツーリングに行って来ました。
って言っても、相変わらずの近い箱根へ。

自宅から往復で大体3時間程度と疲れ過ぎず、でも走った感のある丁度良い距離です。
今回は・・・箱根と言えば大涌谷!!
当然7年寿命が延びる?と言われる黒卵を買いに。

朝早くの道路が空いてる内に到着して、山の空気と、硫黄の空気を吸って・・・(^_^;)
ってあれ?こんなの以前からあったかな??っと
箱根版のGANTZ玉。(サイズ的にはあんな感じ)
箱根大涌谷オブジェ
黒卵、美味しく頂きましたし、7年長生き出来るなら、7年長くプラモ出来るって事で(^o^)

そんなプラモは、先週予告通りMG版ガンダムDXの腕ですね。
いつも通り途中ですが、ザックリ形状を出ました。
ガンダムDX製作21
今回の腕も、MGガンダムXをベースにエポキシパテで形状変更しています。
で。このガンダムDXは~ 前腕外側にデスティニーのような装甲が付いていて、しかも展開するので、
ギミック等を考えると新規製作よりも、なるべくそのまま取り付けたいと考え・・・
1/100の取り付けダボを最小限に切り出し。
ここはフレーム部品が露出してても不自然絵は無いと思いXフレームに接着移植しました。

装甲を取り付けるとこんな感じ。
ガンダムDX製作22

もちろん展開可能に。
ガンダムDX製作23
Xの腕装甲と、1/100の装甲が偶然にもほぼ同寸法だったので違和感が無く取り付けが出来ました。

あっ 展開時に出てくるメッキ部品は、皆さんご存知の通り!?
1度シンナー風呂に2分程入れて、表面のクリアーを剥して、
次に漂白剤風呂に10分程入れればメッキが剥がれます。
これで好きな色での塗装が出来ますね。

まだまだ上半身のみですが、1/100キットと比較。
ガンダムDX製作24

そしてMGガンダムXと比較。
ガンダムDX製作25
最近1/100キットとの比較ばかりだったので、久々にXと比較すると、
同じキットをベースにしてるのに、かなり違ったラインに仕上がって来ているのが分かりますね。
これで下半身を作り込めば、もう少しDXに見えるはず!?

最後に・・・
ガンダムDX製作26
同じような画像で申し訳ない。
たぶん完成後には、こんな画像を当然撮るだろう?練習ショットね(^_^;)

最後に、今回の腕の形状出しに使ったエポキシパテ(以後エポパテ)のお話です。
エポパテっと言っても、今ではいろいろなメーカー・タイプがありますが・・・
ここ数年前までは、タミヤの「高密度タイプ」(青紫の箱)を好みで使用していました。
そして最近ではクレオスの「高密度タイプ」(紫の箱)を使用しています。

仕様を変えたのは、単にお店の人の「進め」が切っ掛けなんですが。
このエポパテ。たぶんかなり好みの出る材料だと自分は思っていまして・・・

タミヤ製は手で練ってる感触が良く、ペタペタは当然しますが手に付きにくいかな?って感じ。
しかし硬化後はかなり固く、切削がかなり大変です。
逆を考えると、固い分「尖った形状や薄い部分」でもシャープに形状を出せます。

変わってクレオス製は練ってる時、手にペタペタとパテが指に付いてかなり気になる感じ。
いろいろ試しましたが、温度が高いと「より」ペタペタする感じがします。
なので、寒い時期や手の温度が低いとギリギリ気にならないレベル。(個人的な感覚です)
そして硬化後の切削性は、気持ち良い程にサクサク削る事が出来ます。
逆に考えると、削りやすいので「尖った形状や薄い部分」は欠けやすいです。

このように、メーカーによって違いがありますし、自分も使用場所等で使い分けてますが、
エポパテ同士は他メーカーでも混ぜての使用が可能なので、
「多少切削性は落ちても、もう少しシャープ部は欠けて欲しくない!」って時等。
それぞれの混ぜる比を変えて調節すれば特性を変える事が出来ますよ!


こういったマテリアルは作業者の使用感で好みが違うので、
「これがいいよ!」と人から進められても道具と一緒で自分に合うとは限りませんね。
いろいろ試して、それぞれ自分に合った物を選ぶと良いと思いま~す。

最後に長くなりましたが、
今回でかなりザックリですが上半身を終えて、下半身に移って行きます。
って事で、次回は腰部ですね。
では、引き続き頑張ります(^o^)




[ 2014/06/14 22:22 ] MGガンダムDX | TB(0) | CM(20)

梅雨に入りましたね。

最近更新がすっかり日曜日になってしまった、たけぞうです(^_^;)

とうとう塗装に大敵な梅雨に神奈川も入ってしまいましたね。
今回は全国的にほぼ同じくらいの梅雨入りみたいで、関東では少し早目みたいです。
こんな時だからこそ加工を頑張らないといけませんね。

そして昨日は「AKB選抜総選挙」で「まゆゆ」こと「渡辺 麻友」が1位になりましたね。
まぁ~興味が無い訳ではありませんが、38歳にもなるとだんだん誰が誰だか分からなくなってくるのです(^_^;)
ガンダムの事は知らなくても覚えていくのに・・・
結局どうでもイイって事なんですかねwww


話は模型に戻りまして~
ガンダムDXですね。
少しずつ進めていますよ~~少しずつ。
ガンダムDX製作19
今回は首横の・・・これはバルカンかな?をプラ板で製作。
最初は少しでも近道と、1/100キットものをエッチングノコで切り離してXに付けてみようとしましたが、
見ての通り根本的にサイズ・ラインが全く違うので即座に却下。
プラ板箱組みでの製作になっています。

タミヤの3mm角棒で基部を作り、0.3mmのプラ板で囲っています。
この時微妙に台形にしたかったので、基部を製作する時点で削りで形状を整えています。

そして横から
ガンダムDX製作20
少し隙間が有りますが、最終的に微調整って事でとりあえず・・・(^_^;)
あと胸部ダクトももう少し先になってから~

かなりDXになって来ましたかね。
あっっ胸ダクト下にもバルカンのようなモノが有りますね。
これも後だな(^_^;)


次回は気分転換に腕いきますよ!
久々のパテ工作!一気に雰囲気が変わる予感。
ってな感じで・・・引き続き進めて行きます。


[ 2014/06/08 10:23 ] MGガンダムDX | TB(0) | CM(12)

なかなか進みませんね~

何だか週末になってPCの調子が悪くて・・・
原因は何だか分からないが、いろいろなソフトの設定がメチャクチャになってしまい、
結局何日か前に復元して復活。

最近リンクして下さってる方達も「壊れた!」とか伺ってたので、自分も便乗みたくなってしまいました(^_^;)
大した事無かったけど、たっぷり画像を保存しているので壊れたら本当にヤバイですね(-_-;)

で~ガンダムDXですが、思ったより進んでいません。
え?何でか??って???

一か月程前ですが~、痔で入院しましたけど週末は先生にお尻の状態を見せに行ってプラモの時間が少なくなり・・・
楽しみにしてたホビーショーが終わってしまって、何だか心にポカンと穴が開いてしまった感じで・・・
仕事も忙しいよ~~!な状態。

イケませんねぇ~。喝を入れないと・・・(^_^;)


なので今回の内容は少し薄いかもしれません。
ガンダムDX製作17
今回は先週雰囲気を見る為に付けた肩パーツ。
やはり大きいと思うので小型化作戦。

MGガンダムXの肩受けパーツを使う為に、つなぎ目で3mm程カットして幅詰め。
センターに合わせ目が来ていないのは、ダボの関係で・・・。
ここは今後スジ彫りやディテールアップで、それらしくする予定です。

そして、前面・後ろ面のセンターにスジが入っている(頂点部)所をエッチングノコで上下に切断。
その切断部を両側各1mm。トータルで2mm削って再接着しています。

こう並べるとかなり小さく見えますが、
本体に取り付けて1/100キットと並べると・・・
ガンダムDX製作18
あれ?あまり変わってないように見える!!(^_^;)

しかし肩の中にあるサテライトキャノンを固定するレンズパーツが有る為にこれ以上は小さく出来ない。
肩を長くするのは視覚的に細く見えるようになるかもしれませんが、
自分の中ではこれ以上外に広げたくないので、とりあえずこのまま様子見で。
(イヤでも羽がボリュームがあるので・・・)
最終的に納得いかなければ中のパーツを新規製作か?って感じですが、なるべく避けたいところですね(^_^;)

今回はこんな感じで終了です。
あぁ~誰か~喝入れてくれ~!(^_^;)
なんてね。

頑張ります!!
[ 2014/06/01 17:26 ] MGガンダムDX | TB(0) | CM(12)