SD検証&模型サークル製作会

今まで伸ばしに伸ばしていたSD製作にあたり、まずは検証から行こうと思います。
が、その前に・・・。

今日はリンクして頂いているMASAKIさん(去年のオラザク選手権サンダーボルト部門 金賞)のご厚意で、
地元模型サークル(MASAKIさん所属)の「トライアングル」さんの製作会にゲストとしてお誘いして頂き、行って参りました。
こちらの模型サークル「トライアングル」さんは去年11月の展示会に初めてお邪魔させて頂いたのですが、
会長さんをはじめ、サークルの皆様とは「はじめまして・・・」なので緊張しましたが、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

今年1発目のサークル活動のようですが、どうもサークル内コンペの企画が有った模様。
そんな完成品の撮影&アップの許可を頂いたので、まずはそちらから~。
前にも書きましたが、「トライアングル」さんはスケールモデルを製作されている方が多いのです。
ですが、製作ジャンルは違っても自分には無い製作・表現法でいろいろ考えさせられ、刺激を受けて来ましたよ。

まずは小森さん戦闘機ですね。
2015-1-25トライアングル製作会1
自分は戦闘機の名前は、全くの無知でございまして(-_-;)
「これは~こうだよね!!」とかは言う事が出来ないのですが、
戦闘機のブラックカラーって初めて見たのですが、ツヤ有りの塗装なのでパネルラインやリベット跡も「案外見えるんだ」と感じました。
ガンプラとかでは、雑誌等に「立体映え」を考えブラックのみでの塗装を極力しないような事を見ますが、
スケールモデルでは実機が有るので、こういった選択もある事を知りました。

そして、こちらの戦車も同じモデラーさん製作。
2015-1-25トライアングル製作会2
こちらは、すっごく小さいモノなんですが~。
食玩になるのかな?(違ってたらすいません)をジオラマにした作品。
新品表現の戦闘機から汚れた戦車まで、スケールモデラーさんの技術の幅とレベルの高さには驚かされます(^_^;)


そしてマシーネン
桜井さんの作品。
2015-1-25トライアングル製作会3
マシーネンも・・・すいませ~ん。全くわかりません(^_^;)
こちらはバーニアが付いているので、宇宙使用になると思うのですが、
程良い汚しと使用感。
まず自分の「汚し」と思う所は、とりあえずこの辺り。

こちらも同じモデラーさんの作品。
2015-1-25トライアングル製作会4
同じくマシーネン物のホバー機。
少しアップ目で載せましたが、このイエローのライン。
こういった暗いキットにイエローのラインを入れる時に、暗い色を混ぜるとくすんでしまうので、
グリーンを混ぜると良いそうです。
作者さんも「塗料メーカーの説明を読んで知って、試した」との事ですが、教えて頂きました(^o^)

続いて、中村さんの作品。
2015-1-25トライアングル製作会5
お話を聞いていると、飛行機関係のお仕事をされているようで?
資料等見て実機に近づけて製作されているようです。

こちらも同じモデラーさん作品。
2015-1-25トライアングル製作会6
こちらも小さいスケール。
キットはプロペラがまんまのようですが、飛んでる感が出ないので、
透明プラ板を切り出してからエアーブラシでラインを入れた物に変更したとの事。
これだけで、回って見えるのが不思議ですね(p_-)

続いて近藤さん作品。
自衛隊のジープになるのかな?
2015-1-25トライアングル製作会7
自分も富士山近辺に遊びに行く事があるのですが、自衛隊の車とすれ違う事が良くあるんです。
で、自衛隊の車って汚れてないんですよ(p_-)
それは、毎朝に洗車している?らしく。その辺りも踏まえての製作って事でした。
皆さん、目の付ける所が違いますね(^_^;)

こちらは、どこかのコンテストで金賞をもらった作品
後藤さん製作品
2015-1-25トライアングル製作会8
古いキットで作品自体は大きいのですが、エンジンからがMWのサイドカー付きバイクす。
徹底的にディテールを追求した作品で、究極過ぎて言葉が有りません(^_^;)

同じく後藤さん作品のフィギュア
2015-1-25トライアングル製作会9
自分は、こういった作品を作れる方って凄いと思うのですが、
プロモデラーさん(名前を忘れてしまいましたが、飛行機モデラーでは「超」が付くスゴイ方)からすると、
もっと色の変化を使った方が面白い・・・なんてお話されてました。
フィギュアって奥が深いです(-_-;)

そして、サークル唯一のカンプラモデラーのMASAKIさん作品
サンダーボルトの旧ザクです。
2015-1-25トライアングル製作会10
一見すると汚しのみか?っと思いますが、実は腕や脚を幅マシしてマッチョにしているそうです。
今後はこれをジオラマにしていくそうで、今後も楽しみです。

同じくMASAKIさん作品の作品。
こちらは「吉本プラモデル部」からのお誘いでゲルググを使用したコンペ作品だそうです。
2015-1-25トライアングル製作会11
遊びで作ったそうで、タイトルは「豚の丸焼き」なんですが・・・(^_^;)
ソーラレイで焼けてしまったゲルググを回収って事になっているようですが、
ゲルググの鼻が「豚」みたいでしょ!?
それをパテでもっと豚にしてあったのですが、テカリや焦げは正に「焼き豚」(^_^;)
スゴイ物を作る方って、発想も面白く。
「あ~~もっと頭が柔らかくなりたい!」っと思う今日この頃です(>_<)

今回、自分も完成品と製作中の作品を自己紹介を兼ねて持って行ったのですが、
何故かこちらのコンペに自動で参加させて頂きまして(^_^;)
ガンプラをあまりやらない方からも沢山の票を入れて頂きまして・・・
とても楽しく過ごさせて頂きました(^o^)
また時間が作れたら、刺激をもらいに参加させて頂こうと思っています。
本日はありがとうございました。
(お名前等間違えてましたら御一報ください)


っと長くなりましたが、SDですね。
全日本ディフォルメ選手権
とりあえずエクシアリペアⅡですが、既にHGドムを止めて着手しています。
しかし、かなりの難物?でして・・・
時間ばかりで実際進んでいないので、「検証」と題して製作の方向性を今日は少し・・・

とりあえず素組みね。
SDエクシア製作2
リペアⅡっと言っておきながら、パーツの付け替えでノーマルエクシアにもする事が出来るので、基本としてノーマルで。
n兄さんの言う通り、ランナーが3枚程度の300円チョイで購入できるSDを選んだので?
腕は上から下まで(手首以外)繋がっている = 動かないFGのような構成。
同じく足もモモの付け根から脚首まで一体型の何とも言いようのないパーツ構成(>_<)

この辺りをどうクリアーしていくか??に有るのですが、
今回、リンクしてくださているFinoさんやマイクさんに対抗・・・いや、
並べる為にガンダムコンバージのような2.5等身くらいの「カッコカワイイ」所を狙っていきます。
ですが、この腕と足を見ると、出口は遥か先な感じで半ベソかきながらパーツを刻んでいます(^_^;)

一応部品取りでHGも組みました。
SDエクシア製作1
あれ?HGエクシアってこんな肩デカかったっけ??って感じの微妙な感じですが、
まぁ部品取りなので・・・
って、これ使えるのか??ってくらい違う感。
焦ってもしょうがないので、少しずつ行きますわ!

ついでに嫁のレジェンドBB「殺駆頭」(ザクト)です。
SDザクト製作1
こちらは1300円程のキット。
胸の赤いパーツや足先のモールドからすると、ポケットの中の戦争に出ていたザク改(FZ型)かと思うのですが、
股間ブロックなんか見るとザクⅢのような・・・
まぁ~武者形態なので、実際のところどうでもイイんでるけどねww

っでね、流石値段が違うだけあってパーツ構成はもちろんの事、
ヒジ・手首の関節も有りますし、脚(モモから足首まで)一発抜きですよ!!

比較です。
SD比較2
ザクトにピントが行ってますが、これだけの動きで、表現力が高くなります。
悔しいですが、こういった部分を1つ1つ乗り越えて行かないと思うと、10月まであっという間でしょうね(^_^;)
こんな感じで長々と検証しましたが。
頭の中に描いている形を目標に、HGドムと平行進行ってのが自分的にムズムズしますが、
ある程度SDの方が形になるまではHGドムを少しお休みします。
それだけ苦しんでいると思ってください(^_^;)

SD比較1
って事で、10月にみんなで笑えるように、頑張ります!!
スポンサーサイト
[ 2015/01/25 22:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(16)

国宝を見学

ここ最近、忙しい仕事とプラモを優先してばかりで嫁をお出掛けに連れてっていないので、
プラモしたい気持ちを「グッ!」っと押さえて久しぶりにお出掛けへ。

今回は静岡の日本平に有る2010年に国宝になった久能山東照宮って所へ。
ここは社殿意外にも、全ての建造物が重要文化財で、久能山自体も国の史跡とされていて、
しかも徳川 家康公が祀られている神社です。

400年前の創建当初の姿が、ほぼそのまま残っていて、少し前に大修理が行われたそうです。
2015久能山5
建物の彫刻や装飾がとても素晴らしのですが、
この神社は全国の東照宮で最初に創建された神社だそうで、
家康公の死後、わずか1年7ヶ月という速さで建立されたそうです。
更には名古屋城などを手掛けた名大工、中井大和守正清(なかいやまとのかみまさきよ)って方らしいのですが、
この方の最後の作品って事も国宝に指定された理由でもあるそうです。

2015久能山6
色味もそうですが、中国古事をモチーフにした彫刻は、家康こうの教えを表現しているそうです。
んん~歴史をもう1度勉強しなくては・・・(-_-;)

2015久能山7
いたる所に徳川の有名な家紋が施されているんです。


こちらは神廟(しんびょう)
いわゆるお墓ですね。
2015久能山8
家康公が埋葬されている場所で、この裏側には家康公の愛馬も埋められたとされる場所も有りました。

こういった彫刻はモデラーだから?か気になりますね(^_^;)
2015久能山9
ここ、久能山東照宮には博物館も隣接していて、徳川家歴代の武将が使用した刀や兜等が展示されているのですが、こちらは撮影禁止でした。
とても言葉では言い表せない物を感じる事が出来ましたが、撮影出来なかったのがとても残念(-_-)


で、ここに行った理由の1つ。って言うか、嫁が見つけたのですが・・・
実はこの久能山東照宮にはバンダイさんよりガンプラが奉納されている珍しい神社なんです。
それがこちら
2015久能山1
2010年の静岡ホビーフェアで公開された物らしいのです。


MG武者ガンダムMk-Ⅱベースですね。
2015久能山3

そして気になるのが、絶賛製作中?のSDです。
2015久能山4
これを見ただけでパワーを頂けたようなので、明日から製作が頑張れそうです(^o^)


他にも~
2015久能山2
タミヤのプラモも有りますが、まさかの最新のデカイ妖怪ウォッチのプラモが・・・(^_^;)
ここの宮司さんはまさかプラモ好き??
まぁ~それは良いとして~

こういった技術が静岡にある理由として、今回のような建造物等、優秀な技術者を集結させた事によって、
時代によって素材が木からプラスチックに変わって来ているが、そう言った歴史が今にあるそうです。
言い方を変えれば、家康公のおかげで自分達は、毎日楽しくプラモが出来てるっと言っても過言ではない!!
って言い過ぎですかね?(^_^;)

近場ではありましたが、1日楽しめました(^o^)
さっ!ガンプラやろ!!






[ 2015/01/17 22:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(7)

明けましておめでとうございます!!

大変遅くなりましたが・・・
明けましておめでとうございます。今年も「たけぞうモデリング」を宜しくお願いいたしますm(__)m

昨年に続き、今年も忙しさ全開でして~。
何だかんだで正月休みも、前半は自宅の掃除やらで終わってしまい、
そんな貴重な時間を割き、嫁と約束していた映画「ベイマックス」を観に行きました。
ベイマックス おまけ
映画鑑賞のおまけ「ステッカーと年賀状」を頂きました。
率直な感想はと言いますと・・・やはり「ディズニー映画最高!」ですかね(^o^)
ストーリーも単純で、笑えて泣けて~。
自分のように「ロボットが好き!」って人も、そう言った目線で見れる映画だと思いました。


でね、話は戻って。
年明けは実家に行って新年の挨拶をして・・・
実質プラモをしていた日は2~3日程という感じで(T_T)
おかげでHGドムスタイリッシュ計画は、毎度の事ながらスローペースでございます(^_^;)

そのドムに行く前に~。
今日に日付けが変わった瞬間から10月に行われる「千葉しぼり」さん「全日本ディフォルメ選手権」の仮エントリーが始まりましたね。
もちろん自分も嫁と2人で参加させて頂く予定ですので、仮のエントリーはとりあえず完了済みでございます。
全日本ディフォルメ選手権
まだ、エントリーしてない方はお早めに!!ってまだ受け付けてるのかな??


で、今回の「SD選手権」は、こんな物で参加しようと思っています。
SD購入
自分はBB戦士 ガンダムエクシア リペア―Ⅱ
嫁はレジェンドBB 殺駆頭(ザクト)

もちろんエクシアはHGUCとのミックスで作る予定ですので、同時に購入しましたが、
まぁ~2人で決まるまで、店内を1時間以上ウロチョロして決めましたよ(^_^;)
とりあえず、週末に組み立てます。


で、休み中に弄ったHGドムです。
あまり変化が無い画像が続きますが、お付き合いください。
HGドム製作8
とりあえず、気になっていた肩装甲。
キットの天面が「ウネッ」としているので、機械的な印象にする為に削り込みで真っ直ぐにしました。

前回までの改修スタイルがこんな感じでした。
HGドム製作9
この時に感じていたのが、全長を伸ばし続けた為にミニスカートのように見えてしまっている腰アーマー周り。

それを解消する為に、腰フロントアーマーを5mm延長。
それに合わせサイドアーマーを延長しました。
HGドム製作10
画像からだとわかりにくいのですが、腰アーマーを伸ばしたら、短足に見えてきて・・・
更に改修・・・
HGドム製作11
股間フレーム下側にプラ板を3mm貼り足し、脚の取り付け軸を3mm程下げ。
それと同時に、左右に1mmずつ延長してスカートとのクリアランスを調整しました。
おまけで、股間部センターの突起はキットの物を大きくするためにプラ板から新規製作。
ついでにフロントアーマの形状も、少しですが変えてみました。

で、こうなってくると、腕が短く感じて来まして・・・(^_^;)
延長加工。
HGドム製作12
上腕を2ヶ所エッチングノコで切断して、それぞれ1mmのプラ板を貼り足し延長。
さらに前腕で、2mm延長。合計4mmの延長になっています。

この時、少しでもキャシャ?に見えるように、ヒジパーツの装甲を削り込み、腕が逆に反る様にしました。
ほらっ、よく関節の柔らかい女の子の腕とかこんな感じじゃないですか??
そんなイメージを狙ってみました。

そして後部です。
HGドム製作13
まず首部は肩の付け位置を上げてしまった為にスカスカになってしまったので、プラ板で装甲を製作。
形状はこんな感じですが、もう少しディテール等増やす予定です。
リヤスカートは、リックドム用として付属のパーツを繋げて延長化。
そして、後ろに膨らむ形で少しボリュームがあったので、接続部で3mm程切り飛ばし解消しました。

っとま~こんな感じで、全体の雰囲気はこれで終了です。
HGドム製作14
かなりスタイリッシュになったと思いますが、比較画像が無いので「どのくらい変わったか?」が分からないですね(^_^;)
会社の仲間からも「もう1体ドム買って、比較画像を出しなさい」っと言われていますが、購入するかは悩み中でございます。
ここまで来たら、バズーカーを持たせたりして雰囲気を見ながらの調整になるのですが、
バズーカーも定番?の大型化になる予定です。(って少しかかっています。)

新年と同時にSDスタート!なんて言っていたのですが、ドムも中途半端で・・・って自分的に許せないんですよね。
さ~困りましたね。

とりあえず、4月くらいまでは本職が猛烈に忙しいので、更新頻度が減るかもしれませんが、
飽きずに見に来て頂けたら嬉しいです。
そして、コメントを頂いている方達にコメントをお返し行けなくて大変申し訳ありません。

って事で、今年も模型ライフを楽しんで行きましょう!!!




[ 2015/01/10 14:23 ] HGUCドム | TB(0) | CM(16)