Canon EOS Kiss X8i

先週の記事の画像から鋭い方は気付いたようですが?
一眼レフ買っちゃいました。

一眼レフ練習X8i
Canon EOS Kiss X8i ダブルズームキットでございます。

始めての一眼レフっと言う事で、充実した基本性能ながら控えめ価格なスタンダードクラスを購入。
いろいろなメーカーが有るので悩みましたが、
レンズの豊富だし、何より今まで使っていたコンデジもCanonだった事が一番かな。

一応購入前にこんな本でどの機種にするか?参考にしました。
一眼レフ本
カメラの知識の少ない自分ですが、この本は今更聞けない「カメラの基礎」がわかりやすく書いてありとても助かりました。

カメラの撮影技術や知識は使って行く内にドンドン吸収していくとして、とりあえずカメラを持って散歩してみた。
一眼レフ練習1
やっぱり一眼レフって言うと、バックがボケてるこんな写真が撮りたかったのよ(^o^)

一眼レフ練習2
ミツバチが花粉集めの最中を撮影したもの。
忙しなく動いているので上の花のようにアップでの撮影が困難でした。
タイミングが合えばあまり動かない昆虫で再挑戦してみたい・・・。

そしてシャベルカ―
一眼レフ練習3
構図ってホント難しくて、「絞り優先」での撮影ですが~
奥までクッキリ見えるのが良いのか?それともどこか1点にピントが合って周りがボケたものが良いのか?
もちろん「どう伝えたいか?」によって変わるのだと思うけど、そこがカメラの難しい部分であり、楽しい所でも有るんですよね。

もちろんガンプラも挑戦してみた。
一眼レフ練習4
とりあえず「オート」で撮影するとどんな風になるのか?

当然ながら条件は今までと同じにしての撮影ですが、
わざと斜め上から狙って、それぞれの距離が変わるようにしてみましたが、
一眼レフ特有のボケが強くて、なかなか雑誌のように全体がクッキリってのは程遠い感じ。
これはこれでカッコ良いけどね。

じゃ~アップは?
一眼レフ練習5
これももう少し絞りを調節すると
頭から胸のラインがもう少しクッキリすると思いますが、
このジムⅢは1/100サイズの物ですが、1/144でも付属のレンズでも全然イケるよ!
しかし、細かく入れたディテールや、意図的にピンポイントでクローズアップしたい時は、やはりマクロレンズが必要のようで?
なかなかピントが合わない感じ。
そういった部分では、今までのコンデジ(Canon Power Shot120)の方が強い。

一眼レフ練習6
絞りを少し弄ったら後ろのバインダーも少しクッキリ見えて来たが、まだまだな感じかな。

っとまぁ~まだまだカメラの技術も知識も無い自分ですが、一眼レフデビューしましたよ!なお話でした。
ちなみにわかっていた人もいましたが、前回の小田原城とアジサイ画像は一眼レフでの撮影の物でしたww

リンクして下さっている方々も一眼レフのお話や、ガンプラ撮影のヒントも沢山記事にしてくださっているので、
まずは参考にいろいろ練習していきたいと思いますが、当分はカメラ2台体制で行こうと思っています。

スポンサーサイト
[ 2016/06/12 11:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(12)

腰と脚が壊れました!

関東は梅雨に入りましたね。
本格的な雨の季節になったので塗装よりも加工に専念出来る季節とも言えるのですが・・・。
そんな矢先と言いますか~
前回の静岡ホビーショー記事の次の日に腰を痛めしまいました(+_+)

「グキッ」っとやった訳では無いので、疲れからか?又は坐骨神経痛な感じ。
既に2週間程経ちますが、少しづつは良くなっていますが「完全」にはまだまだ程遠い感じです。
相変わらずの本業が忙しいので休む訳にもいかず、毎日鞭打って頑張っている感じ(^_^;)

おかげで?椅子に座る事がキツイのでプラモしていません(T_T)
そんなモヤモヤした日々のストレスを少しでも解消しようと思い、近場にお出掛け~。
小田原城でございます。
小田原城1
5月の初めに天守がリニューアルされたので見てまいりました。
全国にあるお城の中でも7番目に大きいお城です。
箱根に旅行来た時は是非小田原城も観光ルートに入れて見てはいかがでしょうか!?

そんな城内の公園には沢山のアジサイが咲き誇っていましたよ~。
小田原城2
「ザ・梅雨!」とも言えるアジサイを撮影していて気が付いたのですがね。
40歳にもなると、今まで見向きもしなかった花とかに興味が出て来ましてww
今回の腰の件も含め「自分もオサーンになったな」っと思う今日この頃です。


で、プラモですが・・・
ホビーショー前の出していなかった記事を少しだけ。
イングラム22
これ、前腕のパーツ何ですが、
この1/60イングラムは腕の外側にモールドが入っていないので、それを再現。
0.5mmのプラ板で少しオーバースケール気味で長穴モールドを製作。
裏に同じ形状の0.5mmのプラ板を貼り足して本体に接着。 なんですが・・・
少しヒジ関節側がタイトだったので、一度スジ彫り部までエッチングノコで切り飛ばして、ヒジ側のみ1mm外側にズラして接着しています。
もちろんズレて段になった部分はアルテコ瞬着パテで調整。
出来たのがこんな感じ。
イングラム23

で、あっちこっち調節していたら「ボキッ」っとイヤな音が・・・
イングラム25
脚の付け根パーツが折れました(T_T)
真鍮の軸を打ったりしたのですが、強度的に不安が有ったので、プラサポとポリキャップで新規製作しましたが、
部品と共に心も折れましたねwww

上半身も少しですが進めていました。
イングラム24
頭のセンサー部を大きくしたかったので、天辺部分にアルテコ瞬着パテでボリュームアップしてレンズサイズを決めました。

襟の部分も内側に0.3mmのプラ板で土手を作って、その上にアルテコ瞬着パテで盛り、頭のラインに合わせて延長加工しました。

胸部テッペンのセンサー?明り取り??もピンバイスとデザインナイフで開口してクリアー化。
もちろんランナータグからの切り出しです。

肩部横の穴はキットだとデカールでの再現なんですが、ピンバイスで開口しました。

とまぁ~、ほとんど進んでいない状態で腰痛になってしまったので、現在までほぼ1ヶ月プラモしていませんww
今後も腰痛次第でプラモ記事はストップするかもしれませ~ん(-_-;)

全日本旧キット選手権

[ 2016/06/05 12:33 ] 1/60イングラム | TB(0) | CM(16)