ドーベンウルフは組み立て中・・・

突然ですが、来年の「千葉しぼり」さん展示会の参加キットは決まりましたでしょうか?
お題は「旧キット」ですが・・・。
旧キットを手にした事が無い若い方達の事も考えて頂いて、10年前の2005年までなら良い設定が緩くなりましたね。
って事はHG・MGはもちろん出ているのですが~、
MGで言うとゼータガンダム2.0
HGで言うとガブス・レイ辺りになると思います(違ってたらゴメンナサイ)

でも当時300円とか500円のプラモデルを買って楽しんでいた自分の中ではHGやMGは旧キットって言えないんですよね(^_^;)

丁度自分の世代(40歳くらい)はファミリーコンピューター(ファミコン)が出て、プラモデルや超合金から遊びが変わった時代。
もちろんプラモデルが好きだった自分は、時々は作りましたが主軸がゲームだった。
しかも、このくらいの世代ってダグラム・エルガイム・ダンバイン・イデオン等上げるとキリが有りませんが、
たぶん好みも有りますが、幼少過ぎてロボット自体は知っていてもストーリーを知らないんです。自分だけかな??

なので、ぶっちゃけ思い入れが無いんですよね(^_^;)
その辺も考えながら模型店を回っている今日この頃です。

冒頭から少し長くなりましたが・・・(^_^;)
HGドーベンウルフは組み立が終わらなかったので、HGUCガンキャノンREVIVE改造のガンキャノンⅡの製作記事になります。
っと言いましても既にコンテスト募集期間は先週で終了いましたので、作品は完成済みです。

一応もう一度説明になりますが、
いつもお世話になっている「ポストホビー厚木店」さんでガンキャノンREVIVEを使ったコンテストで、
70%はキットを残してください。との事
で前回記事にも上げてますが、自分が選んだのはこちら。
HGUCガンキャノンⅡ2
1/144MSVガンキャノンⅡでございます。
「簡単にミキシングしちゃえば楽勝でしょ!」って組んだのですが・・・ありゃ??

HGUCガンキャノンⅡ3
ありゃりゃ??
ってくらい違うんです。
頭頂高はもちろん、何なの?この肥満体系なガンキャノンⅡ
旧キットの恐ろしさをここで知った訳ですが(^_^;)

悩んでいてもしょうがないので手を動かしました。
HGUCガンキャノンⅡ4
とりあえずキットの流用を諦めて、プラ板で加工出来る所から再現していきます。

白い部分はプラ板工作になっています。
ちなみに、胸のダクト部のラインはガンキャノンが下側が引っ込んでいて、ガンキャノンⅡは下側が出っ張っています。
っとなると、ダクト部のフィンも変わってきますので、エッチングノコでフィンをバラバラにしてラインを合わせました。
そうそう、少しだけ旧キット使った部分の1つが足首のアーマー。
プラ板工作で拘りたかったのですが、強度的に心配だった場所。
もちろんそのまま「ポンッ」とは付かないので、ライターで中央を裏から炙って幅をつぼめて調整しています。

更に加工を進めたのがこちら
HGUCガンキャノンⅡ5
顔の口元に市販のディテールアップパーツの角バーニアを基準にSSP(アルテコ瞬間接着パテ)で形状出し。
見にくいですが、ゴーグルが透明になっているのに気が付くでしょうか?
ガンキャノンはグリーンですが、ガンキャノンⅡはオレンジ(>_<)
せっかく内側にメカモールドが入っているので、クリアーパーツで再現したい!!
って訳でUVレジンで置き換えようと思ったのですが、「おゆまるで型取って・・・」って時間がもったいない!
って事で1mmのアクリル板を大体の幅で帯状に切り出し、コンロで炙って感覚で丸めた物。
2ヶ作って良い方側を形状出ししてハメ込んでいます。

キャノンとセンサーは可動を活かす為に、キットのキャノンの基を残しプラ板工作で形状を出しています。

この辺りは設定にとらわれ過ぎずに、雰囲気でサイズを決めました。

そしてランドセル(途中画像)。
HGUCガンキャノンⅡ6
旧キットのランドセルをそのまま付ける事も出来たのですが、
まぁ~REVIVEの「シュッ」としたラインに少々重ったるい感じがしたので、REVIVEベースでプラ板工作で再現。
こちらも雰囲気重視でそれらしく。

完成形がこちら
HGUCガンキャノンⅡ9
ガンキャノンⅡのランドセルが意外と凝っていまして、
バーニアのカバーが開閉するようなデザインになってまして、それを同じように再現しました。
(一番上の画像で確認してください)
四角いダクトは市販パーツに0.3mmのプラ板で仕切りを再現。
チューブはメッシュにしたかったのですが、手持ちで良いサイズが無くて、電気ケーブルにしました。
本当は黒では無くグレーが欲しかった(-_-;)

比較画像は有りませんが1回りから2周りは旧キットのランドセルより小さくなっています。

腰パーツ群
HGUCガンキャノンⅡ10
腰アーマー裏も0.5mmのプラ板をベースに、いつもと同じような感じで別パーツ化。
塗装後に接着します。

サイドアーマー
HGUCガンキャノンⅡ11
ミサイル?が腰に付いているのですが、旧キットの物は抜きの関係で?半分くっ付いたデザインになっているので、
モールド部のみ旧キットをしようして、それぞれを別パーツ化。

ミサイルは3mmプラ棒より製作しています。
こちらも塗装後接着。

今回の手。
HGUCガンキャノンⅡ7
今回時間が無いからビルダーズパーツに交換の簡単仕上げと考えていたのですが、
ガンキャノンって丸指が特徴でしょ!?
当然ガンキャノン2もバリエーション機なので同じ手をしていないとダメでは?って思いはじめ。
そのままだとダサイ握り手なので、いつものように平手との2個一にする事に。

グーの親指を切飛ばして整形後、残りの4本指の合わせ目の第2関節部分を鋭角に削り込み。
更に曲げている感じにしています。
そして平手の親指を移植。
見にくい画像ですが雰囲気が出てますでしょうか?

さらにビームライフル側の手も加工しないとカッコ悪いって事で。
HGUCガンキャノンⅡ8
こちらは人差し指と親指を切り飛ばし、平手のそれぞれを移植。
親指の角度が少し気に入らなかったのですが、まぁ~ここは雰囲気と「改造してるぞ!」ってのを分かってもらえればOK。

足部。
HGUCガンキャノンⅡ12
ここはヒザ部横と、フクラハギ横部のダクトをそれぞれ簡易的では有りますが、波々プラ板で再現しています。

って訳で・・・
HGUCガンキャノンⅡ13
ホント滑り込みセーフで出陣して来ました。

展示会後に突貫で戦っていたので、少し粗いのですが「少しでもコンテストが盛り上がるように」頑張りました。
実は既に結果が出ていると思いますので、その辺りも公開と共にアップ予定です。

って訳でcoming soon!
HGUCガンキャノンⅡ14








スポンサーサイト
[ 2015/11/22 10:53 ] HGUCガンキャノンⅡ | TB(0) | CM(20)

凄い!!
たけさん早いねぇ~♪
なんか、さらっと書いてるけど?
2体の時間軸が30年は空いてるから、、、
統合性とるのは、かなり難しい作業だったでしょう??笑
(ほとんど、水と油みたいなモノですよねぇ?)
既に完成されてるとのことで、完成画像公開楽しみにしてますね~!!!
「旧キット王選手権」は、なんでも大丈夫なんで、とりあえず気楽にいきましょう~!
基本は、キットの発売年数ではなく、ノスタルジーをみんなで楽しめればOKす!
わいわい楽しみながら盛り上がりましょう~!!
[ 2015/11/22 13:54 ] [ 編集 ]

製作お疲れ様です。
どんな面でもプラ板を正確に整形されてて凄いです!
ただいまプラ板加工の作業ばかりなのですがなかなか厳しくこうして見ていてとても羨ましいです。

しかし、こうして並べて見るとガンプラの進歩って凄いですね。
新旧うまくミキシングされてるたけぞうさんも凄いです。

僕もゲームやギターにはまって長い時間プラモデル自体やっていませんでしたが、
今やっていて本当に面白い世界だと思います。
完成画像楽しみにしていますね。

[ 2015/11/22 20:42 ] [ 編集 ]

すごいです、、、プラの白さが眩しいです~(´ω`;)
私もこういう工作が出来る技術を得たいです。もっと自分でやって、見て吸収していきたいです。

旧キットって今のプラモデルと並べてみると、本当に全然違うんですね。
私も来年の千葉しぼりさんに向けて、動いていかないと~(›´ω`‹ )

そして、ちょっと気落ちしていたところがあったのでお気遣いを感じるコメント、救われました・・・ 有難うございました;;
お陰様でヤスリ持ててます(笑)
モチベーションが本当に落ちてしまっていて危ないところでした。。
また制作頑張ります~。
[ 2015/11/22 21:53 ] [ 編集 ]

n兄さん

コメントありがとうございます。
実は展示会前辺りから毎日少しづつ工作をしていました。
特にガンキャノンREVIVEはスタイルがとても良いので、全く別物でして・・・(^_^;)
パーツの合わせに時間をかけるより、新規の方が早いと考えほとんどがプラ板工作となりました。

次回の展示会のお題が「旧キット」って言われた時にぼっくりしたのですが、
今季のガンキャノンⅡはもちろんやりませんよ(^_^;)

確かに「旧キット」って聞くと古い物と考えますが、
物によってはかなり出来が良い物も有り、わざと古臭さを出すか?
それとも最新っぽく仕上げるか?
方向性でかなり違う物が出来そうです。

前回もそうでしたが、お題のおかげでSDに初挑戦出来たので、
今回もガンプラ以外を作ってみたい!って思っているんですよね。
自分でも未知の世界でありつつ楽しみでもあるんです(^o^)

[ 2015/11/22 23:09 ] [ 編集 ]

Pepeさん

コメントありがとうございます。

自分は仕事柄、板から品物を作り出す「頭」になってしまっているので、ほとんどプラ板での工作になってしまうんですよね。
ある意味職業病と言って良いかもしれません(^_^;)

確かに・・・自分でも旧キットを30年ぶりくらいに組み立てましたが、
「こんなだったっけ?」って思うくらい驚きでしたねwww

今回はほとんど旧キットのパーツは使わなかったので、逆に新しいガンキャノンⅡになったと思ています。

そして自分も趣味が多かったんです。自転車にバイク・ラジコン等。
でもプラモデルが一番長く続いている趣味ですね。
お友達も沢山出来てますし(^o^)
ホントに楽しく奥の深い世界ですね。

次回は結果と同時に公開させて頂きますね。

[ 2015/11/22 23:20 ] [ 編集 ]

urahana3さん

コメントありがとうございます。

自分はパテよりもプラ板の方が職業柄?得意なんです。
形状出しとかは、いろいろやり方があると思いますが、自分は結構「行き当たりばったり」で進めちゃうんです(^_^;)
いきなり凄い物を考えずに、キットに足らない物をチョイ足し的な所から挑戦すると慣れていくのが早いかもしれません。

urahana3さんは旧キットがあまりピンと来ていなかったようですが、
今回の比較に驚きましたでしょ?ww
ここまで古いキットを選ぶ事は無いと思いますが、何か面白いキットが見つかると良いですね(^o^)

え??自分が何か良い事言ってました??
自分の歴代作品を見て頂けるとわかると思いますが、自分には無い物をurahana3さんはお持ちですので、
やはりそれは、とても魅力的な部分ですよ!
そかも、こうやってライターの方からコメント頂ける自分もとてもパワーを頂いてます(^o^)

同じプラモデル好きな仲間として応援しているので、楽しみながら頑張ってください!
[ 2015/11/23 00:06 ] [ 編集 ]

むはぁ!
いつの間に~って感じですね
速すぎますw
しかも、相変わらず見事なプラ版工作の塊の
たけぞうモデリングバリバリで
新旧のキットのバランスの整合性をとっている見事さに唸らされます

もう完成されているとのことで
公開たのしみにしております!
間違いなく優勝ですね


[ 2015/11/23 01:36 ] [ 編集 ]

こんばんは。
自分も旧キットというと、HGやMGといったシリーズは当てはまらないですねw
無印の80年代もの(再販含む)になってしまいますね。
まあ、若い人にとっては生まれる前のキットとなると、なかなかかもしれないですけど、
そういう機会にこそ、触って欲しいなぁ…とか思ったりもしますが。
というか、若い人たちの感性であの当時のキットをどう変えるのか、見てみたいという
気持ちがあるんですよね、自分らの世代とは何か違うものを作ってくれそうなんでwww

REVIVEキャノンとキャノンⅡのニコイチ、早く完成画像も見たいですけど、
改修部分の詳細ももっと知りたいです! 自分もいつかやろうと思ってそのままなので…w
[ 2015/11/23 17:54 ] [ 編集 ]

ども。
マイクです。
旧キットと最新ってこんなに違うんだっけ???(O_O)
頭身もだけど、ありゃりゃ、、、関節の構造もだいぶ違うね。。。
それを融合させちゃうんだからSUGOI!!の一言しか出ない。
しかもMSV独特のバランスもちゃんと成立してるし。
最新の様でそうじゃない。
かと言って古い感じもしない。
さすがたけぞうさんだわ(^∇^)
見習わなければ_φ( ̄ー ̄ )
[ 2015/11/23 21:00 ] [ 編集 ]

oruさん

いつもコメントありがとうございます。

ホント裏でこそこそいてしまってすいません。
ドーベンウルフの塗装中に並行して進めていたんです(^_^;)
いつものように毎日会社の休み時間で少しづつ・・・だって締切に間に合わなかったんですもの~!!

今回は特にプラ板工作が基本加工で、ガンキャノンと違うパーツを作ろうとすると直線的なパーツばかりでしたね。
そして、このコンテストの「ガンキャノンREVIVE」を使う事が条件ですので、
逆に言うと「キットのスタイルをあまりに変更してしまうのは違うのでは?」っと思いほとんどが新規パーツになりました。

実はポストホビー厚木店さんのblogにて結果が出てしまっているのですが(-_-;)
公開と同時にお待ちくださいませ。

[ 2015/11/23 21:07 ] [ 編集 ]

10ku1さん

いつもコメントありがとうございます。

旧キットって、人によって考えるラインが微妙に違うのも面白いところかもしれませんね。
少し的から外れてしまうかもしれませんが、
同じくらいの年齢の仲間がSEED系ガンダムが好きなんです。
ただそれだけの違いだけでも、同じ物を作ると雰囲気がSEEDぽくなってとても面白いんです。

なので、若い方達が旧キットを製作されたら、それはとても面白い方向性で作ってくれるかもしれませんね。

で、今回のガンキャノンⅡですが~、二コイチにほとんどなってない感じですけど(^_^;)
次回の公開記事で、書ききれなかった部分もアップ予定ですので、もうしばらくお待ちください。


[ 2015/11/23 21:22 ] [ 編集 ]

マイクさん

いつもコメントありがとうございます。

そうなんですよ~組み立てて、並べてビックリしましたね(^_^;)
頭頂高も、結構昔のキットと今のキットって違う事が良くありません??
あれ、製作段階であまり考えていないんですかね??

関節構造って言うか、旧キット「ポリキャップ入ってなかった~~!!」www
腕上げるとテンションがかからないから「クルッ」って回っちゃうんですよ(^_^;)

今回はイメージとしては、MSVのデザインを最新キットに落とし込んでいる感じです。
旧キットをそのまま使ってしまうと、サイズが全然違い、ガンキャノンREVIVEの良さを崩してしまう事が見えたので、
プラ板工作でサイズを調節したわけです。

最新過ぎないように見えるのは、たぶん・・・MSV = 古い!ってのが頭に有るのかもしれませんね。
公開までしばしお待ちを!

[ 2015/11/23 21:50 ] [ 編集 ]

おはようございます。

昔のアニメは本当にガンダムしか知らなくて、エルガイムやダンバインなどは、ゲームのスパロボで勉強したくらいですね。
だから、キャラクター、キットは知ってるのですが、ストーリは私も把握してないですね。

というか、本当に現代のガンプラの真価がうかがえますね!こんなに違うとは(゜o゜)
でも、それをさらっとミキシングするところとか、たけぞうさんはやっぱりすごいですね!
旧キットもなのを選ばれるか楽しみです!!
[ 2015/11/24 08:55 ] [ 編集 ]

lost oneさん

いつもコメントありがとうございます。

そうなんですよね~。好みの違いも有ると思いますが、年代でその時代に流行っていた遊びでかなり違いますよね。

で・・・旧キットですが、流石に30年の時代の流れを感じれますね(^_^;)
まぁ~ミキシングって言うほどパーツ使ってませんので、どちらかと言うと~
ガンキャノンの身体に合わせてプラ板工作で仕上げた感じです。

「千葉しぼり」さん展示会用の旧キットは、今の所カンプラ以外で行こうと考えてますが、
いまいちピンと来てないので、逃げ道としてガンプラくらいに・・・

[ 2015/11/24 21:56 ] [ 編集 ]

たけぞうさん、こんばんは!
下から2番目の写真の白いプラ材と赤いキットとの「なじみ」から、
自然なパーツの追加が見て取れます。
やはり精度が高いですね^^

それにしても上の写真みると想像以上にこの2つのキットは似ていないんですね^^;
恐ろしいw

この絶望からのスタートで這い上がったこの作品は、果たしてどんな結果をたけぞうさんにもたらすのか?
待て次回!w
[ 2015/11/24 22:15 ] [ 編集 ]

かさばる兄さん

コメントありがとうございます。
最初の構想では、使えるパーツをバンバン使って「簡単仕上げ!」って思っていたのですが、
結局プラ板工作でバランスを取る、いつもの自分スタイルになりました。

何でしょうね。箱絵は意外とガンキャノンぽいのですが、
やはり組み立てるとね~。
これも時代ですね(^_^;)

どんな結果でしょうね。実は自分知ってますの。
まぁ~次回を待て!!って私の言葉ですから~!!ww

[ 2015/11/25 22:16 ] [ 編集 ]

ん~っ!!まさに来年のお題の前哨戦と言える様な記事ですね!!

いま「旧キットどうしよう~」って悩んでる人に、一つの道を指示してくれたんではないかと…。
たけぞうさんも言ってますが「旧キット」と一口に言っても、キットとその弄る方向性で真逆な完成品が出来そうですよね!

で、今回の作品もたけぞうさんのイイトコが前面に出てて、Finoは大好きッス!!
凄く丁寧にバランス良くまとまってて!
完成したらきっと凄く気持ちのいい作品になってるんじゃyないかと…。

ではでは、完成記事も楽しみにしてま~す(*´ω`)
[ 2015/11/27 13:19 ] [ 編集 ]

Finoさん

コメントありがとうございます。

ホントたまたまなんですが、来年のお題「旧キット」って聞く前に製作着手していたので、
結果そのような形になりましたね。

まぁ~今回はガンキャノンREVIVE使用が条件でもあり、そのキットを活かす方向での製作だったので、
ほとんど旧キットは使われていませんが、これからキットを選ぶ人が少しでも参考になれば幸いです。

突貫製作で少し粗い部分が有りますが、今まで通り自分スタイルで行かせてもらいました。
結果と共に公開お待ちください。

[ 2015/11/27 22:43 ] [ 編集 ]

excellent‼️

こんばんは、お疲れ様です。

どどど、どんだけカッコイィんすか⁈((((;゚Д゚)))))))⁈❤️

コレヤヴェっスよ(笑)



想像以上にカッコイィ❤️
随所にたけぞうさんの高い工作力が垣間見えますね〜|( ̄3 ̄)|❤️

足首の甲の上に被さっているアーマーの裏からライターで炙ったんですか⁈
火炙りの刑なんていう技法もあるのかぁ〜(°_°)⁈

プラ板工作が冴え渡ってますね〜♪( ´▽`)
バックパックも左右対称で凄く綺麗だ〜(°_°)

「Coming Soon」のトコもカッコイィ。


(千葉しぼり旧キット選手権のレギュレーションはだいぶやり易くなったのは良いんですが…でも自分も幾らレギュレーションが緩くなったとはいえHGとかMGシリーズは旧キットとは思えません…。何のキットにするかもまだ模索してます。)
[ 2015/11/29 23:04 ] [ 編集 ]

Makoto710さん

いつもコメントありがとうございます。

展示会の時に途中画像を少しだけお見せしましたが、その時よりもかなりガンキャノンⅡしてるでしょ?
突貫作業でしたが楽しく作る事が出来ました。

本当はドライヤーとかで温めれば行くとは思いますが、実際手も熱いですし・・・
ライターなら「ス~ッ」とスライドさせるだけで意外と曲がります。
パーツの溶けだけ気を付ければ問題は有りませんね。

バックパックも正確には微妙に左右ずれています(肉眼では分からない程度)
なので各パーツ見えない所「R」や「L」を書いて組み立てています。

Makoto710さんがどのようなキットを手にするか?とても楽しみですよ!!

[ 2015/11/30 22:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takezou2955.blog.fc2.com/tb.php/139-73ea8c97