整面&スジ彫り

少しずつプラモをしてモチベーションが上がって来ての3連休!
天気も暑いくらいの晴天です。

前回にも書きましたが、只今MGリゼルとMGザクⅠスナイパーを並行製作していますが、
どうもあちこち行って落ち着きが無いので、リゼル先行で進めようと思います。
とは言っても既にバランスの変更は終えているので、細かい所の改修になります。

今回はタイトルにもあるように整面&スジ彫りのお話!

リゼル事態デザインとしては変形機体でもあり、面構成としては見応えがありますが、
このMGリゼルはパーツ点数を減らす試みが成されていて、
外装の青い部分、モモとスネで5パーツしかないのです。
しかも段差部分にスジ彫りが全く有りません(^_^;)

なのでスジ彫りをして別パーツ感を出していきます。
MGリゼル足整面1
まずスネ外側ですが場所によって太さの違うスジ彫りをしています。
そして、ゆるい凸モールドは整面と一緒に削り落としました。

今回のリゼルは変形機体の為、デカールを多めに貼る予定なので
ここでは凸モールドは再生しません。

MGリゼル足整面4
スネ内側はバンダイエッジがガッツリあるので整面してシャープにします。
上の方に面がちゃんと出ていない所がありますね~。
こうなるとカッコ悪いので「気を付けましょう!」な例です(^_^;)

もちろんこちらもスジ彫りをしました。

そして今回のメインなんですが、脚部に集中しているスラスターですが
フレームで蓋をされてるみたいなので、今回は開閉ベーン!?みたいな感じに。
ただ1本センターにスジを入れるだけなんですけどね(^_^;)
MGリゼル足整面3

見えにくい下側も当然スジを入れて統一します。
やり方としては、ノギスを半分になる寸法に合わせて、片側をガイドにして傷を付けます。
後は普通のスジ彫りと同じようになぞるだけですね。
MGリゼル足整面2

そして肩です。
MGリゼル腕整面2
肩にも開閉ベーン的なデザインが入ってるのですが、天面の外装パーツと同じ整形になっているので
エッチングノコで切り離し、上のパーツに接着。
これで開閉ベーンと外装パーツで見た目も良くなりました。

そして腕全体。
MGリゼル腕整面1
整面とスジ彫りの基本工作して、二の腕の一番高い部分にスジ彫りを追加いしています。

これで本体の大部分は作業終了。後は装備品と細かい所ですね。
少しゴールが見えて来たような気がします。
では!
スポンサーサイト
[ 2013/10/12 16:30 ] MGリゼル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takezou2955.blog.fc2.com/tb.php/45-2a5163dc