プラ板工作はとても簡単!

既に2016年も「あっっ」という間に1ヶ月が終わり2月に・・・
花粉もボチボチ飛ぶ時期になって来ているので、
食生活はもちろん睡眠はガッツリとって花粉シーズンをのり切りたいと思うのですが~、
やっぱりプラモもしたいので、程々に頑張って行きます。

で、今回はと言いますと・・・
先週ゼータプラスの股間カバーパーツをプラ板工作した記事に「どうやってるの!?」って質問が有りましたので、
そのお答えをしようと思い画像多めで解説して行こうと思います。

では!「プラ板工作はとても簡単!」行ってみましょう!!
先週の話から~
MGゼータプラスの股間カバーパーツの製作になりますが、
左から「キット延長の物」そして「プラ板工作した物(形状に不満)」。そして今回再製作の「側面パーツ(1mm)」
MGゼータプラス18
まずはプラ板の複製です。
腕や脚のパーツと違ってセンターに付いているパーツは、左右対称に出来ないと見栄えに影響が出るので、
今回のような複製は有効です。

瞬間接着剤を2点(微量)付けてもう1枚のプラ板と接着します。
MGゼータプラス19
動かなければOKなので瞬着の付け過ぎには気を付けましょう!

で、貼り付け~
MGゼータプラス20
(わかりやすいように1枚目にマジックで縁取りしています。)
大き目のプラ板に付けましたが、ザックリ同じ形状に切り出すのも良いでしょう。
今回はこのまま1枚目をゲージにザクザクとニッパーで切った後、整形して行きました。

これが整形後。
MGゼータプラス21
デザインナイフを溝に入れると「パキッ」っと割れます。

はい!複製完成!
MGゼータプラス22
やすりで接着面等を綺麗にして組み立に入ります。

今回の股間カバーパーツ集合。
MGゼータプラス23
全部で5パーツになります。

まずはセンター正面の板にゲージになる補強を付けます!
MGゼータプラス24
こんかいのパーツは上側は2mm下げて、下側は3mm上げて接着。
接着剤は使い易さ、乾燥の早さから流し込みを使っていますが、普通の接着剤でも問題有りません。

上下部品を付けたら左右の板を接着して行きます。
MGゼータプラス25
反対側も同じように接着していきま~す。

ハイ完成!
MGゼータプラス26
乾燥後に合わせ目消し・整面で終了ですが、
自分は時間短縮、そして整形後(塗装後)に接着剤の溶剤による「ヒケ」を避ける為に、
正面のつなぎ目はアルテコの瞬間接着剤で固めてしまいます。


取り付け方法ですが、今回は相手に3mmの凸があるのでプラサポを内側に接着。
MGゼータプラス27
プラサポを凸側に取り付けて、プラサポのお尻側に接着剤を少量付けて位置出しするとミスする事は無いと思います。

で、出来たのがこちら。
MGゼータプラス28
サイズ的には前回と同じですが、正面パーツを前回より下側のみ1mm狭い物に変更。
これだけで前回より自然に見えるようになりました(^o^)


文章を書くのが下手な自分なので、画像で工程を進めましたがいかがだったでしょうか?
今回のようにあまり複雑では無いパーツでのプラ板工作は、決して敷居の高い工作では無いので是非挑戦してみてください。
では~






[ 2016/02/07 14:57 ] MGゼータプラス | TB(0) | CM(22)

こんな時ほど・・・

毎回記事を書くたびに「本業が・・・」ってモチベーションがダダ下がりなんですが、
こんな時こそ頑張って記事書いて水面下でもプラモ熱を維持しようとモガイテます(^_^;)

ゼータプラス全く進んでいないのですが、今週唯一製作したパーツのお話。
今まで多少の形状変更をしつつも、整面・エッジ出しに重点を置いて製作していたのですが、
毎日眺めていても「何か」シックリ来ないので、弄ってみました。

それは股間カバーパーツなんですが~、
基本的にはセンチネル本の設定画を参考にしていたので、キットの物を使っていたのですが。。。
MGゼータプラス10

こんな感じで。
MGゼータプラス11
設定を参考にとか言いつつも、好みでウエスト延長に合わせ延長加工してますがね(^_^;)

で、最新のディテールやパネルラインを取り込む為にマスターアーカイブスを眺めて。。。
MGゼータプラス12
バランスは全く違く、シャープなイメージが画からも感じられます。
同じゼータプラスの設定画なので、基本は一緒ですが~。
この中で一番違う部分は、そう気になる部分として言っている股間カバーのパーツ。

今までカッコイイ感じがして、前から気にはなっていたのですが・・・、
そしたらセンチネル本の中でもこのカクカクなイメージの設定画が普通に出ていた!
それがこちら。
MGゼータプラス13
これはゼータプラスが変形する際の詳細画の中の1つ。
あくまでも最低限でのラインではありますが、股間カバーがラウンドしていないではありませんか!?

って訳で作ってみました。
MGゼータプラス14
イメージを見る為にサックリですが、
サイズがキットの物と同じくらいに抑え、マスターアーカイブス誌とセンチネル誌の中間を取った形状に。

MGゼータプラス15
ん??少し上下の幅の差が無いからか?少し「重ったるい」印象ですが、雰囲気はかなり変わる事がわかった。
こんな1パーツを1週間かけて作っていた訳なんですが、
納得行かないので、下側をもう少し縮めたタイプを再度作り直すつもりですwww

MGゼータプラス16
横から見ると「まあまあ」なんですがね(^_^;)



そうそう、ポストホビー厚木店さんのプラモデルコンテストの詳細が発表されまして、
見てお分かり頂けると思いますが、ゼータプラスは予定通り諦めて、控えていたドーベンウルフの出撃準備をしないといけないの。
レギュレーションで展示ベース(作品固定)を義務付けられていまして、作らないと・・・

どんなのにしよう・・・・・・・


[ 2016/01/30 15:52 ] MGゼータプラス | TB(0) | CM(12)

やっと?2016年1発目!

予想以上に本業が忙しく、2016年やっと1発目の更新でございます(-_-;)
毎回足を運んでくださっている方、大変申し訳ありませんm(__)m

休日出勤もしているので全くと言って良い程ゼータプラス進んでいません(^_^;)
なので正月休みにした事をちょこっと・・・。

今まで使っていた塗装ブース「エアテックスのブラックホール」ってのを使っていました。
かれこれ10年位前になるかな?
流石に10年近く使っているとガタはあちこちと・・・
って訳で、新型と入れ替えるべく正月早々セールを狙って模型店へ。
特別欲しいメーカーってのが無かったので、お店に有る物から選ぼうと思っていたのですが、
当然今まで使っていた塗装ブースは既に廃版なので、同メーカー新型か他メーカーになる訳。

で、並んでいたのがクレオス・タミヤ・エアテックスも3種類。
お店の方にも相談したのですが、どのメーカーも一長一短で、結局今までと同じエアテックスに決定。
その名も「レッドサイクロン」
レッドサイクロン1
前回はブラックホールで、今回はレッドサイクロンって・・・(^_^;)

レッドサイクロン2
まだ塗装するモノが無いので箱から出していませんが、
今回のは折り畳み式。
これ、お店の方が使っている実物を見させて頂いたのですが、
折り畳むと、それなりに小さくのです。
でも、排気のホースが真後ろに出ているので結局前後幅は前の物とあまり変わらない感じ。
むしろ塗装時に展開した仕切り分大きいかもしれません。

吸い込みのパーワーとしては前回の物よりもファンが大きいので当然吸い込み量も多いのですが、
その分ファンの音が大きいです。

そしてフィルターですが、前回はダンボールのハニカミタイプだったのが、
今回はスポンジ?のようなタイプ。
メーカーは目詰まりしたら交換の推奨していますが、店員さんによる情報だとMGクラスが1体塗ると吸わなくなるようです。
特にサフェーサーを吹く人は速攻で詰まるらしいです。
その辺りは今後使いながら対策を考える事にします。


で、MGゼータプラス。
MGゼータプラス4
まだまだ途中ですが正月休みに足を改修。
基本的にはアムロテスト機カラー用の塗り分けしやすいように設計されているので、変な位置に合わせ目が出ます。
なので接着合わせ目消しをして別のパネルラインで再度分割。

MGゼータプラス6
後はスラスター周辺をヤスリでウスウス攻撃。
その他も整面してシャッキリさせています。


MGゼータプラス5
モモ部とヒザ部は回転出来るように定番の加工。
これで立ち姿も自然に格好良くなります。

MGゼータプラス7
胸部上面にスジ彫りと、前の持ち主が削り落とした突起もプラ板で新規製作。

MGゼータプラス8
今まで全く気が付かなかったのですが、腕部脇下にフレームパーツが有るはずのパーツが無いので新規で製作。
少し大き目ですが、覗き込まないと見えない部分なので良しとします。

MGゼータプラス9
少し光が強い画像ですいません。
全体のバランスよりヒザパーツが貧弱に見えたので、左右に0.5mmのプラ板を貼り幅増ししました。
そして少し分かりにくいですが、バックパック横の羽の付く基部に3mmプラ板積層して上げています。


バランス的にはかなり理想に近づいている感じです。
弄れない時間がまだ続きそうですが、引き続き頑張ります。


そうそう、第3回千葉しぼり展示会「全日本旧キット王選手権」のバナーが出来たので、こちらでも張らせて頂きます。
全日本旧キット選手権
11月6日(土)で去年の同じ会場の「東商センター」ですね。

周りでは既に展示会に向けて製作記事がバンバン上がっているのですが、
自分もボチボチ着手しないとヤバイ気がしてきたので、2月になったら少しづつ進めて行こうと思っています。

とりあえず箱開けてみようかな!(^o^)

[ 2016/01/16 22:29 ] MGゼータプラス | TB(0) | CM(12)

今年もありがとうございました~

いやはや、今年も残り3日でございます。
もう今年を振り返る!そんな時期になってしまいました。
ホント1年が早くて困ったものです(^_^;)

で、家の大掃除も終了しましたので、早速2015年を振り返りましょう。

今年は「小さい物の精度アップ!」を目標に1/100は封印し、1/144とSDの年としました。

第一弾として、千葉しぼりさん展示会「全日本ディフォルメ選手権」のエントリー作品のSDエクシア・リペアⅡ。
SDエクシアRⅡ1
1度は挑戦してみたかったSDでしたが、展示会のお題として製作する事が出来ました。
バランス取りに関しては、リアルサイズとは全く違うので戸惑う部分も多かったのですが、
同じく展示会に参加されるモデラーさん達の進行状況を見たり、コメント頂いたりしてモチベーションを最後まで維持する事が出来ました。


そして「HGドム」ですね。
HGUCドム完成19
これは実際去年(2014年)の末から製作スタートしてましたが、SD製作の為に一時ストップして、完成が遅れた作品です。
何か、自分の中で「新しい事をして・・・」っと迷走していたっけ~(^_^;)
一応スタイリッシュなドムを目指しましたが、出来てみたら意外と普通に見えて、いつも通りな製作スタイルになりました。

そんな中でもGBWCのプロショップ予選にエントリーしまして、予選通過とは行きませんでしたが「特別賞」を頂く事が出来ました。

そして、そして。
ポストホビー厚木店さん主催「ガンキャノンREVIVE限定コンテスト」にエントリーした「ガンキャノンⅡ」
HGUCガンキャノンⅡ完成3
こちらは「最優秀賞」を頂きまして、少ない製作時間ではあったのですが、このような結果を頂く事が出来まして~
「今年目標にしてきた事は間違えでは無かった」って事を確認する事が出来ました。

本来ならここで「HGドーベンウルフ」と言いたかったのですが、次回のポストホビー厚木店さんコンテストに、
「年間大賞(只今ランキング2位)」を目指して温存している形を取らせてもらっています。

一応目標では只今製作中のMGゼータプラスでのエントリーなんですが、意外と厳しいかな・・・(-_-;)


で、今年の嫁作品も一応。。。
SDザクト完成8
「SDザクトと白銀流星馬」です。
こちらも千葉しぼりさん展示会エントリー作品になります。
流星馬の改造は自分がさせてもらいフル可動化しました。

2015年の完成品(未発表含め)は4体でした。
前半は仕事が鬼のように忙しくて全然プラモが出来ない事も有りましたが、
まぁ~いつもながらな数ではないでしょうかwww


で~今年は「静岡ホビーショー」も「千葉しぼりさん展示会」も2度目って事あり、気持ちにも余裕が出来て、
去年に比べて沢山のモデラーさんと出会い、お話する事が出来ました。
お陰様で去年以上にモデラー仲間も増えまして、楽しい1年を過ごす事が出来ました。

もちろん1年大きなケガや病気が無かった事が1番なんですが、同じ趣味をしている仲間が年齢関係無く全国通して出来る事は、
ホント素晴らしい事で、何よりも宝物ですよね。
来年は何人お友達が出来るか今から楽しみです(^o^)


で、一応MGゼータプラスの進行状況も少しだけ・・・。
MGゼータプラス2
毎日いろいろな資料を見てゼータプラスを勉強中。
基本はセンチネルの設定画を基本としながらも、新しいマスターアーカイブのディテールを盛り込むつもりではいますが、
このセンチネル本の設定画の中でもいろいろ違いが有りまして、見たモノによって完成形が変わる事も・・・(^_^;)
そんな中でも自分のカッコイイと思うゼータプラスを目指していますよ!

で、途中画像ね。
MGゼータプラス3
まだまだ修正部分が多いのですが、とりあえず切り刻まれた腕等は取り付ける事が出来ました。
で、ついでに前腕をセンチネル本の変形画像に近付ける為に小さく改修。

ウエストのフレームに3mmプラ板を足してで延長してバランス変更。
合わせてコックピットハッチ下部にプラ板で3mm延長。
更に股間前アーマーを3mm延長しました。

そして首横にセンチネル画像よりフレームをプラ板で製作。
肩の付け根部の装甲を1mmのプラ板を付け足し大型化しています。

まだまだやる事が多いのですが、とりあえず正月休みは脚装甲の加工に時間がとられそうです。

で、それと同時に来年の「千葉しぼりさん展示会」お題の「旧キット」も製作に入らないといけないんですよ~(^_^;)
キリの良い所まではMGゼータプラスで行こうと考えていますが、どうなるでしょうか??


と、言う訳で。。。

今年も「たけぞうモデリング」に何度も足を運んで頂き、コメント頂き本当にありがとうございましたm(__)m
来年も楽しい模型ライフを過ごせる事を願いまして、今年の最後の記事とさせて頂きます。

皆様!良い年を~~~~!!! (^o^)

[ 2015/12/29 12:53 ] MGゼータプラス | TB(0) | CM(21)

申し訳ありませんm(__)m

今年も残り少なくなり、本業がとんでもなく忙しい たけぞうです。

本来なら今回の更新で「HGUCドーベンウルフ完成公開!」って行くはずだったのですが、
少し公開を先に延ばしたいと思いまして、このタイトルになりました。

何故公開を先に延ばしたいかと言いますと・・・
前回公開のHGUCガンキャノンⅡ。
そして少し前に完成したHGUCドムですが、どちらもポストホビー厚木店さんのコンテストで賞を頂きました。
でね、そのポストホビー厚木店さんのコンテストイベントで「ランキングバトル」ってものをやってまして・・・

1年に4回のコンテストが有って、今回が3回目。
自分は1回目を参加していないのですが、ドムの銀賞。ガンキャノンⅡの金賞で只今ランキング2位になっていますの(^o^)

でだ。
次回が2月に予定のようなんですが、
もちろんコンテストに出す義務はないのですが、せっかくランキング2位になっているので、
どうせなら1位を目指してみようかな??なんて思っているのです。

じゃ~1体作って2月に間に合わせば良いと簡単には思うのですが、
どうも本業の方で3月まで予定がギッシリ。
休日出勤も有り得るので、十分プラモの時間を作る事が厳しい予感が十二分に有り得るんです。

しかし、新規で完成出来る可能性も捨ててはいないので、実は只今絶賛製作中の物が有るんです。
それがこちら。
MGゼータプラス1
MGゼータプラス。

このキット。一応「在庫」扱いにしていたのですが、
実はプラモ仲間から改修途中(上半身のみ)の半分破壊された状態でウチ来たキットなんです。
それを修復しながら自分の描くゼータプラスを再改修している状態。
この改修内容は追々展開していくとして・・・

話をドーベンウルフに戻しまして。
その間に合わなかった時の控えておきたいのです。
で、何故に公開出来ないかと言いますと~
このポストホビー厚木店さんのレギュレーションで「コンテスト前の完成画像公開は基本的にNG!」なんです。

って訳で、長くなりましたが・・大変申し訳ありませんが、公開を先に延ばさせて頂いますm(__)m
ホントに申し訳ありません(>_<)


そしてそして、話は変わりまして。
先週ガンキャノンⅡを回収に行った時に、来年の「千葉しぼり」さん展示会参加作品をゲットしてましりました。
それがこちら。
1-60パトレイバー1
1/60イングラムと零式。
気持ち的にはMGイングラムにしたかったのですが、やはり自分が昔作ったキットを再挑戦したいと思い、このサイズになりました。

何故この2体になったかと言うと、昔見た劇場版パトレイバーで、あのシーンが忘れられなくて・・・
2体を絡めようと思って選んで来たのですが、
ネットで動画をチェックすると、お互いボロボロになって戦っているではありまでんか!
そんな凄いの作れないよ!って思い始めてまして、急遽ブロッケンに変更するか検討中です(^_^;)

一応。。。
1-60パトレイバー2
こちらの零式は1990年に発売されたキットなんですね!?
今から25年前か~(遠い目)

そしてこちらは
1-60パトレイバー3
1993年発売。
実はこのキット、前にイングラム1号機・2号機と出ていたのですが、
イングラム スペシャルって名前だけあって、組み換えで1号機・2号機・3号機はもちろん。
リアクティブアーマータイプの1号機・2号機・3号機の合計6タイプを選択出来る凄いキットなんです。

更にはレイバー指揮車(バギーみたいの)&「泉」と「篠原」フィギュア付のお得キットなんです。
どこまで作るかは今後決めるとして・・・

とりあえず箱を開けてみた!
1-60パトレイバー4
「あぁ~これこれ!」
ゴムの関節シーリングが懐かしい(^o^)
当時はまだ中学生であまり情報収集力が無かったので気にしていなかったのですが、
このラバーパーツがプラパーツを溶かすようで、組んでしまっている人の記事で「フレームパーツが壊れている」とか、
「パーツが溶けてベタベタしてる」とか読みました(・_・;)

再販された材質は当時と変わっているのかは知りませんが、当時挑戦していた事を再挑戦も兼ねて挑みたいと思っています。
とりあえずパトレイバーのキットは来年からスタート予定ですので、
まずはMGゼータプラス進めて行きま~す。

[ 2015/12/11 22:04 ] MGゼータプラス | TB(0) | CM(14)